「ママ、あれどこ?」と言わせない、物がすぐに見つかる収納術

パパや子供たちに「ママ、あれどこ?」と聞かれることはありませんか。自分のものは自分で探してほしいものですが、家族が物の収納場所を把握できていないと、どうしてもママが頼られやすくなってしまいます。簡単にできる工夫で、家庭の物の収納をわかりやすくすれば、ママの探す負担は減り、家族も物を取り出しやすくなって快適な暮らしが実現できますよ。ぜひ、取り入れられる方法から実践してみませんか?

プレミアム記事

PIXTA

探し物をしなくなる、簡単すっきり収納術

では、さっそく家族からの「ママ、あれどこ?」という言葉を減らす収納方法を紹介します。家族みんながものを出しやすくするためにママがやるべきことは「自分以外の家族が探しやすい状態にする」か「そもそも探さなくてよい状態にする」の二つです。

ぜひ今の収納方法を見直して、家族もママもすぐものを見つけられる快適な状態を作りあげましょう。

1.探す範囲を小さくして、ざっくり収納する

どこに何を置くのか住所を決めて、その箱の中に収納するというルールを決め、あとから中身があふれないように点検する方法です。住所を決めたら、そのカテゴリに合ったものなら、箱の中はざっくりと投げ込む形でもかまいません。

これならざっくりとどこに何があるか分かり、探す範囲が箱ひとつのため簡単に探すことができますよ。あまり出さないものは上に、よく出すものは目線の範囲にするとより取りやすくなります。

さらに、物の住所を決めた後、1~2週間様子を見て、使い勝手がよさそうならば、箱にラベルを張って収納場所を確定します。家族は一目見てラベルから住所を見つけ出せるため、より使いやすくなるでしょう。

2.引き出しの中の小物は小分け収納に

引き出しに入れて収納する細かい小物は、小分け収納すると見つけやすくなります。つい雑多になりやすい引き出しの中ですが、商品のパッケージ、またはラベルが重なり合わないように設置されているため、パッと見てどこに何があるかわかります。

もちろん、使った後は決められた位置に戻すことが大切です。きれいな状態はキープすることで長い期間便利さを実感できますね。

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

今話題の記事

「収納」「家族」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧