この夏にぜひ使いたい!おすすめレディース帽子とクリップを紹介

うだるような天気が続くときでも、外出をしないとならない場合には帽子が欠かせませんよね。しかし、自転車に乗る機会が多いママのなかには、飛んでいくのを不安に思いかぶるのを敬遠してしまう人もいるかもしれません。そういうときにはひも付き帽子やクリップがおすすめ。最近ではおしゃれなデザインのひも付き帽子が販売されています。今回はおすすめの帽子と帽子クリップを紹介します。購入の参考にしてみてくださいね。

PIXTA

ひも付きで便利なレディース帽子を紹介

日差しがまぶしく、ときには痛く感じるような日が続いていますね。気づくと顔や首、頭皮部分などが日焼けしてヒリヒリしてしまっていた…ということはありませんか?そんな時期にぜひ持っておきたいのが、ひも付きの帽子です。顔周りや首すじを直射日光から守ってくれるのはもちろん、夏のおしゃれアイテムとしても楽しめます。

さらに、ひもをあご下にかけておけば飛んでいってしまう心配が少なくなるので、自転車に乗る機会が多いママにもおすすめですよ。

今回は、ひも付きでなおかつママにとって便利な機能がついた帽子をピックアップして紹介します。

1.かさばらずに持ち運べる『improve/DIGNITY たためるペーパーハット』

improve/DIGNITY たためるペーパーハット

子供と一緒に行動していると少しでもかさばる物は持ちたくない…と感じる機会が多いですよね。帽子もかさばるし、デザインによっては型崩れの恐れがあるからバッグに入れられないしあまりかぶりたくないと思うママも少なくないのでは?

『improve/DIGNITY たためるペーパーハット』は、柔らかい素材でできているのでくるくると小さく丸めておくことができます。また適度な柔らかさのおかげで、つば部分を全て伸ばしたり、先部分を少し折り曲げて使ったりと自由自在に見た目を変更できます。その日の服装に合わせて見た目を変化させてかぶるのもよさそうですね!

アクセントになるラインや小さなチャームがついているので、カジュアルになりすぎないところも見逃せません。

着る洋服の色を選ばない全5色のカラーがそろっていますよ。

2.汚れたら手洗い洗濯可能!『5W バケットハット』

5W バケットハット

子供とのお出かけは何かと衣服や靴を汚しがち。帽子も例外ではありませんよね。こちらのハットは綿麻素材、通気性に優れた裏地、吸汗速乾に優れたヘッドバンドなど快適にかぶれるだけでなく手洗いも可能なので、汚れも気にせず長時間快適にかぶることができる優れものです。

形もバケットハットのためつばが下がり気味になっているので、顔や首周りをしっかりと覆うことができ、真夏の強い日差しにも大いに威力を発揮します。どんな顔立ちにも合わせやすく小顔効果も期待できるシルエットなのでママにはうれしいですね!

取り外しが可能なあごひもつきで、使い勝手もよさそう。グレーやピンクなど全6色の展開です。

3.大きなリボンが目を引く『Siggiワイヤ入りUVカット帽子』

Siggi ワイヤ入りUVカット帽子

かぶっている帽子のつばがやわらかいと、少しの風でもあおられて頭から飛んでいきそうになり集中しにくいものです。筆者も今現在気に入って使っている帽子がつばがやわらかいタイプのため、自転車に乗ると飛んでいきそうになり、ヒヤリとした経験があります。

こちらの帽子はつば部分が硬いので風が吹いてもめくれ上がってしまう心配がありません。自転車に乗る機会が多いママには助かるポイントですね。

あごひもを取り外しが可能なフック付き仕様となっているので、使う場面や気分に合わせてひもをつけたり取ったりとカスタマイズができますよ。小さく丸めてコンパクトにすることもできるので、荷物が多いときにも助かります。

4.リバーシブルなので使い分けが可能『KIRIRU リバーシブルリボンハット』

KIRIRU リバーシブルリボンハット

使う帽子がいつも同じだと、服装を変えても代わり映えがせずいまいちスタイルが決まらない…そんなことはありませんか?多くの種類の帽子を持っておけば問題ないのかもしれませんが、いくつも帽子ばかり買えないし…という人にはこちらの帽子がおすすめです。

リバーシブル仕様となっているので、その日の服装やシチュエーションに合わせて好きな面を表にしてかぶることが可能です。付属のリボンも取り外しができるので好きな形に装着アレンジできますよ。

大きめのつばで顔・首周りをすっぽり覆うことのできるデザインが女性らしさを演出し、コンパクト収納機能と飛ばされないようにするあごひも付きなので機能面もバッチリです。

ピンクやグレーなど全5色展開です。

5.おしゃれを楽しみながら肌を守る『Siggi コットンクロシェハット』

Siggi コットンクロシェハット

無地の帽子だとちょっとシックな印象になりすぎてしまう…と悩む人におすすめなのがこちらのクロシェハット。

紫外線遮へい率最大99%、軽量性、通風性に優れながらコンパクトに折りたためるポケッタブル機能を備えています。デニムのような風合いと細いストライプが適度なカジュアルさを演出してくれます。

つば部分は上げ下げができるので、ニュアンスの変化も楽しむことができますよ。日差しの強さや太陽の位置によってつばの角度を変えれば、どの時間帯でもしっかり日焼け対策ができて重宝しそうですね!

おすすめの帽子クリップを紹介

ひもが帽子についているとあご周りがむずむずしてしまって苦手、という人には帽子クリップがおすすめです。

帽子クリップを使えば自分の洋服と帽子を直接はさむことができるので、ひもが邪魔に感じることも少なくなります。また帽子以外のものでも挟むことができるので使用用途も広がり、お得感を感じやすい点も魅力。商品によっては子供やパパのものに使うことができるデザインのものもありますよ。

おすすめの帽子クリップをいくつか紹介します。

1.つけるだけでエレガントな見た目に『TEARDELUNA リボン×一粒パールハットクリップ』

リボン×一粒パールハットクリップ

ストライプと無地のリボンに大ぶりの一粒パールを組み合わせた帽子クリップ。 スタイリッシュで上品なデザインなので、アクセサリー感覚で使うことができます。

リボンの色は全7種、チェーンの色はゴールドとシルバーの2色から選べるので、お気に入りの1点を探し出せます。

無地の帽子でちょっと味気ない…と思うときでもこのハットクリップを使えば一気にエレガンスな見た目に大変身です。シンプルコーディネートの際にきらりと存在感を示してくれそう。

色のバリエーションも多いので、色違いで購入したくなりますね。

2.つけると一気に帽子が華やぐ!『フラワーモチーフ 帽子クリップ』

フラワーモチーフ 帽子クリップ

顔元に華やかな印象を与えてくれる花モチーフの帽子キーパーです。

チェーン部分、クリップ部分ともにパールやラインストーンがあしらわれているので、シンプルデザインの帽子と合わせるときれいに目立ちます。

見た目は華奢(きゃしゃ)なデザインなのでなんとなくクリップ部分も挟む力が弱そうな印象を受けますが、他の帽子クリップよりも幅が広いので見た目以上にがっちりと帽子をホールドしてくれます。

華やぎをプラスしながら確実に帽子が飛んでいかないようにできるお役立ちアイテムです。

3.スワロフスキーでキラキラ!『スミレの花帽子ストッパー』

スミレの花帽子ストッパー

パープルとグリーンのかれんな小花と、細くきらめくデリカビーズのチェーンが目を引く1点。夏の日差しのもとでキラキラと輝いて上品さと涼しさを演出します。

すみれモチーフに適度な存在感があるので、無地のシャツの襟に片方のクリップをとめたらブローチをつけているように見えそうです。

キラキラしたものが好きな子供がいるママがつけたら「あ!かわいい」と反応してくれそうですね!

4.どんな服装や帽子にもマッチする『シンプルハットクリップ』

シンプルハットクリップ

簡単に脱着できるハットクリップです。自転車に乗るときはもちろん、旅行やアウトドア、登山、スポーツ観戦など、色々なシーンで活躍してくれるアイテムです。

「とにかくシンプルな帽子クリップが欲しい!」という人にはこちらがおすすめ。帽子や洋服のデザインを邪魔しないのでどんな格好にもマッチします。

また余計な装飾品がついていないので、子供のスタイとおもちゃをとめておきたい、というような場合などに利用できるのも助かりますね!

手持ちのマザーズバッグに1本入れておきたいと思わせるアイテムです。

ひも付き帽子や帽子クリップを上手に使って熱中症予防!

帽子 PIXTA

今年の夏は、猛暑続きで帽子の使用が子供だけでなくママも必須な状況です。外出する際には、しっかりと日差しをさえぎることのできる帽子を利用したいですね。

多少の強風でもでかける必要のあるママや、自転車移動が多いママにはひも付き帽子はかなり役立ちます。デザインもかなり洗練されたものが増えているので、気にいる1点を探し出して新調するのも得策かもしれません。もし今使っている帽子を使い続けたいときは、帽子クリップで対応というのも良いですね。

ひも付き帽子や帽子クリップを上手に使い、熱中症予防をしながら親子で夏休みを満喫しましょう!

今話題の記事

「帽子」「ひも付き」「帽子クリップ」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

ママファッション全般の人気記事