監修:清水なほみ 先生

吐きづわりならベッドサイドに食べ物を。気分が悪い時間を短くする方法

妊娠中の不快な症状として知られているつわり。その中でも、食事がとりにくくなるのが「吐きづわり」です。食べても吐き戻してしまうため、精神的にも肉体的にもつらい思いをするでしょう。症状が強い場合は妊娠悪阻(にんしんおそ)で入院となる可能性もあります。そんな吐きづわりを少しでも楽にするために、生活の中でできるヒントをご紹介します。

プレミアム記事

PIXTA

吐きづわりで何も食べられない…。

妊娠初期に起こりやすい吐きづわりは本当につらいもの。起きている間ずっと気持ち悪い、唯一吐き気を忘れられるのは寝ているときだけ…という人もいるでしょう。ママリにも以下のような声が寄せられています。

つわりになって約2週間。
食べられる物がどんどん減って、今は食パンと緑茶だけしか受け付けません(;_;)
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
妊娠初期のものです。
つわりが本格的に始まってきて、昨日の夜から食べたものを吐いてしまいます。
夜も気持ち悪く朝方起きて吐いてしまい、ゼリーだけなら大丈夫(食べづわりの時は必ずゼリー)と思って食べたらそれも吐いてしまいました。
胃が空っぽになるとすっきりします。
少しでも入っていると気持ち悪く、胃が痛かったです。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

食べられる品目が限られているだけではなく、食べ物を口にしたらすぐに吐き戻してしまう状況は苦しいですよね。好きだったものですら食べられず、体重が減少してしまうこともあるようです。

吐きづわりの根本的な解決は難しい

胃痛 PIXTA

吐きづわりの要因の一つとしては、妊娠にともなうホルモンバランスの変化が挙げられています。また、妊娠初期は胃の動きが弱くなり、食べたものが胃で消化される際に時間がかかるようになることも、胃痛やムカムカのきっかけになっているようです。そのほか、日常生活でのストレスや心的要因があるという説も。

ただし、つわりが発生するはっきりとした理由は明らかになっていないのが実情です。根本的な解決をするのはむずかしく、それぞれの症状に対処していくことが現実的でしょう。

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

記事の監修

ポートサイド女性総合クリニック〜ビバリータ〜 院長

清水なほみ 先生

今話題の記事

「妊娠初期」「マイナートラブル」「吐きづわり」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!