キッズデザイン賞受賞! POGNAE(ポグネー)の抱っこひも「NO5シリーズ」がすごい!

最近では、さまざまなメーカーから豊富な機能を備えた抱っこひもが販売されていますが、皆さんはPOGNAE(ポグネー)の「NO5シリーズ」をご存じですか?第12回キッズデザイン賞を受賞している商品で、安全性や赤ちゃんにかかる負担、パパママの負荷軽減を考えて作られているんです。今回は、そんなNO5シリーズを紹介。赤ちゃんはもちろん、パパやママにとっても使い勝手抜群な抱っこひも。実際にはどのような点が優れているのか、詳しくみていきましょう。

POGNAEのヒップシートキャリアが「第12回キッズデザイン賞」受賞!

最近では、さまざまなメーカーから豊富な機能やデザインの抱っこひもが発売されています。そのなかでも、日本の安全基準をクリアしたヒップシートキャリア専門ブランドのPOGNAEが、KIDS DESIGN AWARD 2018の「第12回キッズデザイン賞」を受賞しました。

この賞がどのようなものなのか、またポグネーがどんなブランドなのかとあわせて、新機能搭載で話題の『NO5シリーズ』を紹介します。

キッズデザイン賞とは

キッズデザイン賞(KIDS DESIGN AWARD)は、子供たちのためにつくられたものに対し表彰をする制度。

「子供たちの安全を守る」「子供たちの感性や創造性を育てる」「子供を産みやすく育てやすくする社会を生み出す」という目的に合った空間や物、活動やサービス、研究の中から優秀なものを選出し、多くの人に知ってもらえるよう、社会へと幅広く伝えていくために考えられました。

今回紹介する『NO5neo(ナンバーファイブネオ)』、『NO5+(ナンバーファイブプラス)』は、「ベビー用品カテゴリー」、「子どもたちを産み育てやすいデザイン部門」で受賞をしています。

POGANE(ポグネー)とは

POGNAEは、腰ベルトに赤ちゃんを座らせるヒップシート(台座)があるタイプの抱っこひも、ヒップシートキャリアを主に製造しているブランドです。人間工学デザインに基づいて設計されているポグネーのヒップシートは使いやすいサイズとなっており、赤ちゃんの足が自然な姿勢で広げられる形になっています。

また、ママたちのニーズやこだわりを熟知した、日本企画チームと韓国の企画制作チームがタッグを組んで商品を開発。機能的にも良さが認められており、日本の安全基準『SGマーク』を取得。アメリカ国際股関節協会(IHDI)から『ベビーの正しい成長発達を助けるキャリア』としてヒップシートブランド初の公式認定もされています。

POGNAEの商品を紹介

さまざまな機能が搭載された、POGANEの商品を紹介します。デザインとともに、今までの商品となにが違うのかなど、じっくり見比べてみてくださいね。

1.ヒップシートキャリア『NO5neo(ナンバーファイブネオ)』

POGNAE ヒップシートキャリア NO5 neo(ナンバーファイブネオ)

スタイリッシュなデザインが印象的なNO5 neoは、肩や腰の負担を軽減できる設計になっており、楽に使えます。そのデザイン性から、ママだけでなくパパにとっても使いやすくなっていますよ。

腰ベルト部分には深めのポケットが付いていて、携帯電話や鍵などを収納可能。なめらかなウェービングテープでサイズ調整も簡単にできます。

また、カバー部分や腰ベルト内側、肩ベルトにはメッシュ素材を採用。蒸れにくく快適に着用できますよ。

赤ちゃんの足が触れる部分はオーガニックコットンを使用し、デリケートな赤ちゃんの肌に優しく触れるように気遣われています。

2.ヒップシートキャリア『NO5PLUS(ナンバーファイブプラス)』

POGNAE ヒップシートキャリア NO5 PLUS

NO5 PLUSは、NO5 neoに足幅調整機能が搭載されたモデル。赤ちゃんの股関節に負担がかからないよう、よりいっそう機能を強化したもにになっています。

ヒップシートのサイズは変更せずに、赤ちゃんに合わせて脚幅のみを調節できるので、赤ちゃんはいつでも快適な姿勢でいられます。ママもパパにとっても使い心地が悪くなることはありません。長期間安心して使えるよう、綿密に計算された設計となっています。

よりいっそう進化した抱っこひもを使用して、快適に過ごそう

筆者が昔使っていた抱っこひもは、肩こりをしたり汗で蒸れやすかったり、なかなか快適に使うのは難しいものでした。

その点、POGNAEの商品は使い勝手抜群。ママやパパの肩や腰にかかる負担を和らげ、赤ちゃんの柔らかい肌にも優しい作りです。このような抱っこひもならば、赤ちゃんも居心地が良いのではないでしょうか。

長期的に使えるため、コスパも良いかもしれません。機能面でも使い心地の面でも良い物を使って、育児を楽しみましょう。

今話題の記事

「抱っこひも」「ポグネー」「キッズデザイン賞」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!