「つわりでつらくても休めない」2人目妊娠中を乗り切るコツ

同じ妊娠生活でも、1人目と2人目では少し状況が違うものです。たとえば「1人目のときは自分の体調管理に専念できたけど、2人目は上の子がいるからそうはいかない」というのはよく聞くお話。そう、1人目の妊娠・出産が新しい経験であったように、2人目の妊娠・出産もまた、ママにとって初めての経験なのです!ここでは2人目の妊娠から出産までに気を付けることや1人目のときとの違いをまとめました。

プレミアム記事

PIXTA

1人目と2人目はこんなに違う…ママたちの声

2人目の妊娠は「2度目なんだから慣れている、大丈夫」と本人も周囲の方も思いがちですが、実はこれがそうでもありません。むしろ「1人目のときと全然違う」「前の妊娠よりキツイ!」と感じるママが少なくないようです。ママリにも次のような声が寄せられています。

2人目妊娠中の育児。こんなに辛いとは。
弱音吐かせてください。
(中略)
妊娠しながらの育児、さらには魔の2歳児。
とにかくやんちゃな息子なので
なるべく毎日午前中に公園へ行っています。
それでも体力がありあまり、お昼寝しない日も多々。

お風呂入れるのも歯磨きするのもイヤイヤ。
ほんとうに疲れます。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
1人目妊娠中の自由さが時に恋しくなります。2人目妊娠初期のつわりの日々は地獄でした。
怒鳴って意味ないのは頭でわかっているけれど、余裕がなく、もう??ってなりますよね、、
毎日毎日疲れ果てて寝落ちです。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

これらの声でもわかるように、2人目の妊娠中は、上の子の面倒を見ながら生活しなければならないことが大きな違いです。特に上の子との年齢差が小さい場合は、上の子にまだまだ手がかかったり、イヤイヤ期の真っ最中だったりと「とても休んでいられない」状態に。

休みたいけれど休めない、無理は禁物とわかっていても無理せざるを得ない…。いったいどう乗り切ったらよいのか、なかなか難しいですね。

一人では無理。助けを借りよう

PIXTA

1人目を妊娠したときは、体調が悪いときもどうにかできる場面が多かったはずです。しかし、2人目の妊娠の場合は、上の子に対するママ業をお休みすることはできません。そのため、上の子のためには休めないけれどおなかの中の子のためには休養しなくてはならないというように、すべきことが矛盾してしまう場面も出てきます。

こんな状況を自分ひとりで乗り切るなんて「無理!」ですよね。ここは思い切って、遠慮せずに可能なかぎり助けを借りましょう。

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

今話題の記事

「経産婦」「2人目」「妊婦生活」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧