昨年、最もすぐれていた家電とは?「家電大賞2018」

近年は、実にいろいろな家電が発売されています。忙しいママにとって画期的な家電は、毎日の家事を少しでも楽にしてくれるお助けマンですよね。しかし、種類が豊富で何を購入すればよいのか分からなくなってしまうことも。トレンド情報誌『GetNavi』編集部と白物家電専門ニュースサイト「家電 Watch」編集部が企画した「家電大賞2018」では、2018年に人気だった家電が発表されました。ぜひチェックし、どのアイテムを選べば良いか参考にしましょう。

PIXTA

2018年活躍した家電たちを決めよう

生活する上で使わない日はない必需品の家電。サイズがコンパクトになったり、多くの機能が追加されたり、省エネ化したりと、日々さまざまな進化を遂げていますよね。

株式会社学研ホールディングスのグループ会社である株式会社学研プラスは、株式会社インプレスのニュースサイト「家電 Watch」と共同し、「家電大賞2018」を開催中。「日本&世界のものづくり応援企画」というテーマで、2018年を代表する白物家電を決めています。

2018年11月22日(木)より、読者からの投票をスタート。全13部門98製品の中から、優秀だと思った家電に投票をしてもらう形式です。

投票締め切りは2019年1月7日(月)23時59分となっており、2019年3月に最終結果発表予定。投票締め切りまで約2週間ですが、その間に順位はどのように変化するのかが楽しみです。

「家電大賞2018」の中間結果をご紹介!

家電 PIXTA

今回は、「家電大賞2018」の中間発表で人気となっている家電を紹介したいと思います。皆さんが使っているアイテムは、ランキングに入っているのでしょうか。

どんな家電が優秀と言われているのか、さっそくチェックしてみましょう。

総合グランプリ

まず、総合グランプリの途中結果をみていきましょう。小さな子供がいる家庭にぴったりな家電もランキングに入っていますよ。新たな商品の購入を予定している方はもちろん、買い替えをしようか迷っている方も参考にしてみましょう。

第1位.ダイソン「Dyson Pure Hot+Cool 空気清浄ファンヒーター」

ダイソン「Dyson Pure Hot+Cool 空気清浄ファンヒーター」

現在の総合グランプリ第1位はダイソン「Dyson Pure Hot+Cool 空気清浄ファンヒーター」です。

部屋の空気をきれいにしてくれる空気清浄機ですが、なんと部屋を暖めるファンヒーターもかねそなえた優れもの。

また夏は涼しい風を送ってくれるため、1年中活躍してくれます。

これだけの機能を1台にまとめた家電とは驚きですよね。デザインもスタイリッシュで、インテリアにもなじみます。

さらに、ダイソンのLinkアプリで空気の状態を管理することができるのもうれしいポイントです。

第2位.アイロボット「ルンバ e5」

アイロボット「ルンバ E5」

毎日掃除をするのは忙しいママにとっては手間のかかることですが、ロボット式掃除機があれば助かりますよね。

ロボット式掃除機の代表的存在であるアイロボット「ルンバE5」がランキングイン!通常の掃除機と違いコードレスなため、物に引っかかることなく部屋を掃除できます。

障害物への衝突も柔らかくなっており、傷がつきにくくなっているところも魅力ポイントです。

第3位.ダイソン「Dyson Cyclone V10」

ダイソン「Dyson Cyclone V10」

第3位にはまたまたダイソン商品がランクイン。ダイソン「Dyson Cyclone V10」はコードレスタイプなため、いろいろな場所を手軽に掃除ができます。

サイクロン式なのでごみ捨ても簡単。デザインもハイセンスになっています。

吸引力もしっかりしており、弱い出力でも十分ごみを吸い取りますよ。

冷蔵庫部門

第1位.パナソニック「パーシャル搭載冷蔵庫 WPXタイプ NR-F604WPX」

Panasonic「 パーシャル搭載冷蔵庫 WPXタイプNR-F604WPX」

現在、冷蔵庫部門第1位に輝いているのはPanasonic「 パーシャル搭載冷蔵庫 WPXタイプNR-F604WPX」です。

600Lと大容量で、微凍結パーシャルが搭載。チルドより低温な約-3℃の微凍結で鮮度が長持ちします。完全冷凍ではないので、そのまま「切る」「はがす」「つまむ」「すくう」ができるのは大きな魅力。

食材を小分けして冷凍する手間もないので、大変便利!さらにWシャキシャキ野菜室があり、野菜の整理整頓がきれいにできます。

そして調味料やボトルがスッキリ入るスペースもあるので、サッと取り出すことが可能。これは筆者も欲しくなりました。

洗濯機部門

第1位.パナソニック「ななめドラム洗濯乾燥機 NA-VX9900」

パナソニック「ななめドラム洗濯乾燥機 NA-VX9900」

洗濯機部門第1位はパナソニック「ななめドラム洗濯乾燥機 NA-VX9900」です。流行中の「ななめドラム式」で、温水泡洗浄のコースが充実しており、「約40 ℃おしゃれ着」コースを追加されました。

約15度・30度・40度・60度の豊富なコースが搭載。衣類により、温度を合わせて洗浄することができますよ。より念入りにすすぎたい衣類には「パワフル滝すすぎ」コースがおすすめ。

他にも「ステンレス新乾燥フィルター」と「新形状排水フィルター」など、機能が大充実。

大切な衣類をしっかり洗い、型崩れを少なく仕上げてくれるので、おすすめの洗濯機です。

空気清浄機部門

第1位.シャープ「プラズマクラスター加湿空気清浄機 KI-JP100」

シャープ「プラズマクラスター加湿空気清浄機 KI-JP100」

空気清浄機部門第1位はシャープ「プラズマクラスター加湿空気清浄機 KI-JP100」です。

イオン濃度を高めることにより、空気浄化力を高め、 新たな効果を実証済み。確かな実力で空気をきれいにしてくれます。

空気の乾燥が気になる季節は加湿してくれるので、冬も大活躍!面倒なフィルター掃除も集じん性能が持続 する「自動掃除パワーユニット」が搭載されているので、忙しいママにぴったりな空気清浄機です。

キッチン家電部門

第1位.パナソニック「IHデイリーホットプレート KZ-CX1」

パナソニック「IHデイリーホットプレート KZ-CX1」

キッチン家電部門第1位はパナソニック「IHデイリーホットプレートKZ-CX」です。

今までにないスタイリッシュなホットプレートで、どんなシーンでも活躍。なんとホットプレートとしてだけでなく、IH調理器としても使える優れもの。

忙しい朝にはテーブルに置き、そのまま調理をして時短も可能。左右のプレートの温度をそれぞれ調整できるため、異なる調理ができるのもうれしい魅力です。

前面ツマミで簡単操作ができ、調理していない状態が10分以上続くとスタンバイモードになります。

安全性にも配慮し、トッププレートはさっと拭くだけでお手入れが済むのも良いですよね。とても素敵な家電です。

今後のランキングにも注目!

家電 PIXTA

今回紹介したランキングは中間結果のため、投票終了後の最終ランキングは異なるかもしれません。ランキングも気になりますが、どの家電もママの手助けをしてくれることには違いありません。

筆者が気になったのは、キッチン家電部門第1位のホットプレートです。同じプレートなのに左右の温度が変えて使えるのは驚きですよね。

皆さんは気になる家電はありましたか?機能性が良いだけでなく、見た目もおしゃれな家電ばかりなのでインテリアの邪魔にならないところも抑えたいポイントです。

今後のランキングにも注目しましょう!栄冠はどの家電に渡るのか楽しみです。

おすすめ記事

「2018」「家電大賞」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧