監修:鈴木さや子 さん

夫の小遣いを減らしたい人必見!100万円貯金を加速させるアプローチ術

【めざせ年間100万円貯金・連載第6話】家計の節約を考えたとき、夫の小遣い額が適正か疑問に感じることはあるでしょう。しかし、小遣いカットを実現するのは容易ではありません。夫の反感を買って夫婦関係がぎくしゃくするのは避けたいものですよね。そんなとき、円満に小遣いを減額する方法はあるのでしょうか。今回はクマのため代さんが、FPの鈴木さや子さんの助言をもとに、夫の小遣いカットにチャレンジ。ため代さんと一緒に魔法のアプローチ術をマスターしましょう。

プレミアム記事

夫のムダ遣いに気づいていても、小遣いカットは難しい?

前回のマンガでは食費の削減に挑戦し、年間10万円もの節約ができる計算となったため代さん一家。年間合計貯金額は50万円目前となりました。

そんなある日、掃除をしていたため代さんは、夫のため太さんのムダ遣いの形跡を発見。月5万円の小遣いは多すぎるかも…と考えるため代さんですが、夫婦で言い争いになることが面倒で、減額には消極的なようす…。

しかし、ファイナンシャルプランナーの鈴木さや子さんは、夫の小遣いカットをためらっていては、家計の改善は停滞してしまうと指摘します。

食費は年間10万円減らせる!間違ったまとめ買いをやめるための2つの視点

関連記事:

食費は年間10万円減らせる!間違ったまとめ買いをやめるための2つの視点

【めざせ年間100万円貯金・連載第5話】家計を節約したいとき、手をつけやす…

プレミアム記事

夫の小遣いは家計の「聖域」ではない

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きは、アプリをダウンロードしてママリプレミアム(月額400円)に登録するとお読みいただけます。
アプリをダウンロードする
プレミアム記事が今なら7日間無料

記事の監修

株式会社ライフヴェーラ代表取締役

鈴木さや子 さん

おすすめ記事

「節約」「小遣い」「夫」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧