離婚が子供にもたらす負担は?金銭的制限によるダメージへのフォロー方法

離婚カウンセラーのいわもとくみこがお送りする本連載。「離婚が及ぼす子供への負担」「離婚を決断する前に自分ができる夫婦(パートナーシップ)再構築の対処法」「それでも離婚となった場合の心構え」を3本柱としてお伝えしていきます。今回は、もしも母子家庭となり生活上の金銭的制限が及んだ場合に子供へかかるダメージとその対処法の一部についてご紹介していきます。(ここでは親権者が母親の場合を想定しています)

PIXTA

母子家庭のママの就業・収入状況について

母子家庭のママの就業状況を見てみると、「正規の職員・従業員」が44.2 %、「パート・アルバイト等」が43.8 %となっており、パート・アルバイト形態が全体の半数近くを占め、他方で不就労も10%弱存在しています。

また「正規の職員・従業員」の平均年間就労収入は305 万円に対し、「パート・アルバイト等」では133 万円となっており、雇用形態によって収入の開きも大きい状況です(厚生労働省「平成28年度 全国ひとり親世帯等調査」より)。

シングルマザーの働く現実と貧困の関係

女性 働く 背中 PIXTA

母子家庭の貧困が問題となっているように、離婚して母子家庭となった場合、婚姻中と変わらぬ経済状態や生活レベルを維持することは、シングルマザーにとってなかなか難しいことです。

共働きで子供を育てながらフルタイムで働くだけでも大変な中、母子家庭で祖父母などの協力を得られる環境でもない場合、世帯主となって仕事も子育ても一手に担い、経済的自立を果たすことは並々ならぬ努力と労力が要されます。

とりわけ婚姻中に専業主婦であった場合、新たに働きだす際の正規雇用の門は狭く厳しいと感じられるケースも多いようです。シングルマザーへの理解がある職場も徐々に増えてきてはいますが、現状、非正規で働かざるをえないシングルマザーが多いのも事実。

働き方改革により労働者の環境改善への取り組みがなされてはいますが、非正規の場合は収入保証もなく、子供の病気やケガによっては働けなくなる事態にもなり、金銭的な不自由を余儀なくされる「負のループ」にはまってしまうとなかなか抜け出せず、貧困に窮する場合もあります。

金銭的制限から生じる子供へのダメージ

貯金箱 PIXTA

母子家庭では稼ぎ手が単純にママ一人となり世帯収入が下がることが多く、その場合、子供にとっては、「これまで当たり前にできていたことができなくなる」という事態が発生します。

例えば、それまで買ってもらえていたものが買えなくなる、居住スペースが狭くなる、食事のレベルが下がる、習い事が続けられなくなる、長期休暇時に家族で行っていた旅行へ行けなくなるなど。

子供の進学先についても私立受験をあきらめたり、受験自体をとりやめたりするなど、大なり小なり影響が出る場合もあるでしょう。

経済面の対処で親が子供にできること

通帳 PIXTA

もしも離婚となる場合、まずはママ自身が経済的自立に向けて動くことが第一ですが、パパと養育費の取り決めを離婚前にきちんと行うことも大切です。

「離婚したら完全に縁を切りたいから養育費はもらわない」とおっしゃるママもいますが、養育費を受け取ることは子供の権利です。そこに親同士の感情は関係ありません。そして離婚したとはいえ、子供の親同士であることに変わりはありませんので、困った時にはヘルプを出したり、相談ができたりする関係性をパパと少しずつでも築いていけると子供にとってもママにとっても安心です。

※身体的な家庭内暴力などすぐに避難しなくてはならない場合は緊急性を伴いますので、専門機関への相談等、適切な対応が必要です。

また個人的な見解にはなりますが、離婚の有無に関わらず結婚生活を送られる中で、ママ自身の経済的な備えをされておくことも大切かと思います。経済的な備えは心の安定とゆとりにもつながりますので、よりよい結婚生活を送られる上でもお勧めです。

出典元:

さいごに

ママ 仕事 子供 PIXTA

今回は、離婚に伴う金銭的制限によって子供が受けるダメージについて、対処法も含めてご紹介しました。

離婚はしないに越したことはありません。しかし、時には離婚の二文字が頭をよぎることもあるでしょう。そんな時、自分の負の感情は一度脇へ置き、子どもにかかる負担について、少し立ち止まって考えてみませんか。全か無かではなく、複数の選択肢がきっとあるはずです。

いわもと くみこ(離婚カウンセラー/勇気づけ子育てコーチ)

NPO法人日本家族問題相談連盟認定 夫婦問題・離婚カウンセラー資格取得。その後、子育てコーチングを学び、親の離婚が子に与える影響に焦点を置き、現在「一般社団法人りむすび 共同養育アシスタント」としても活動中。また、ヒューマン・ギルド認定 ELM勇気づけリーダーとしてママ向け体験学習講座も行っている。

記事提供:ハッピー・ノート.com

おすすめ記事

「離婚」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

子育て・家族の人気記事