習い事や知育、まだ始めないのは遅い…?教育に焦ったらやめる2つのこと

最近なんだかイライラする…疲れているのに休めない。そんな人に向けて、脱イライラのために「やめるべきこと」をお伝えする特集。第10回は「赤ちゃんの知育・教育で焦ったときにやめること」です。わが子はまだ幼いと頭ではわかっていても「知育遊びや勉強もやらせたほうがいいのかな…」と焦っていませんか?学びは本来楽しいものですが、無理に頑張ろうとするとイライラや疲れの元になります。こんなときは脱・イライラのためにやめるべきことがありますよ。

PIXTA

乳児期の知育や学び、本当に必要?

赤ちゃんが生まれたてのころは「元気が一番」とだけ思っていたママも、成長するにつれて「もっと賢く育てたい」「才能を伸ばしてあげたい」と思い始めるかもしれません。

最近は知育教材が充実し、幼児教育のCMが盛んに流れています。そうしたものを目にすれば「うちも何かしないと!」と焦ることもあるでしょう。さらには、ママ友の子が知育を始めた、幼児教室に通いだしたなど、他の子どもとわが子を比較すると、余計に不安になるかもしれません。

「うちの子は遅れている?」「私がもっと知育に取り組まないと…」そんな不安な思いが積み重なれば、イライラに発展することも。そんなときは、一呼吸置いてみましょう。次の2つのことをやめるだけで、気持ちが楽になりますよ。

「知育=特別なこと」という考え方をやめる

親子 習い事 PIXTA

最近は、おもちゃ屋さんで「知育コーナー」が大きく展開されるようになりました。さらにSNSでも「今日はこんな知育にチャレンジしました」などの投稿も見られます。これは、ひと昔前にはあまり見られなかった光景です。

しかし、知育・教育の前に、学びの土台として必要なのは情緒の安定です。赤ちゃんがニコニコして、満足している様子がもっとも大切。そのために、特別なことは必要ありません。普段通りの抱っこや授乳、ふれあい遊びといったシンプルなスキンシップで十分です。

もちろん、中には乳児期から熱心に教育に取り組む家庭もあります。好きで楽しんでやれるならそれも良いことです。しかし、他人がしているからといって「私もしなくちゃ」と、無理にまねる必要はありません。

難しいことはなく、特別に新しいことも必要ありません。今していることを続けていけば大丈夫ですよ。

習い事の宣伝文句を真に受けるのはやめる

読み聞かせ PIXTA

近年、赤ちゃん向けの習い事が増えました。0歳児対応で開講している教室も少なくありません。通信教育からオンラインレッスン、シッター付きの習い事など、数えたらきりがないほどです。宣伝広告やCMを見れば、いかにもわが子によい影響があるように思えるかもしれませんね。

しかし、赤ちゃんには特別な習い事をさせなくても、問題はありません。赤ちゃんにとってはママとのやりとり自体が大いなる学び。歌を歌ってあげれば言葉やメロディが身につき、手遊びも入れたら最高の知育です。読み聞かせもお絵かきも、砂場遊びも、すべてが教育なので特別な何かがないといけない、ということはあり得ないのです。

習い事の宣伝文句は真に受けず「今の生活のままでも十分なんだ」と考えるようにすると、気が楽になると思いますよ。

焦らず、楽しめる範囲のことだけで十分

赤ちゃん 積み木 PIXTA

子どもが喜ぶ姿を見るのはうれしいもの。習い事も喜んでやるなら積極的にさせたいところですが、小さい子どもの場合は、まだ好きなものがはっきりしない子が多いでしょう。

今は焦らず、何事も子どもの様子を見ながら関わってあげればOK。知育や教育はまだ先で大丈夫です。小さな「やめる」を積み重ねて、イライラから脱出していきましょう。

おすすめ記事

「知育」「教育」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧