1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. トレンドニュース・話題
  4. 出産費用がゼロになるって本当?自民党総裁選の議論とママたちの本音

出産費用がゼロになるって本当?自民党総裁選の議論とママたちの本音

来る2020年9月14日、安倍晋三首相の後継者を決める自民党総裁選が行われます。それに先立ち、岸田文雄政調会長は少子化対策として「出産費用を実質ゼロにすべき」と発言しました。この発言に対して、ママリやSNSではさまざまな議論がなされています。「出産費用ゼロ」は少子化対策として本当に有効なのでしょうか?ママリユーザーの声を元に考えてみました。

PIXTA

妊娠・出産費用は思いのほか自己負担がある

現在、妊娠・出産にかかるお金には一部公費負担がなされています。

妊婦健診費用については公費で14回の助成があり、出産費用については健康保険から出産育児一時金42万円(産科医療補償制度の対象外となる出産の場合は39万円)がもらえます。

ただ、これらの公的助成ですべて妊娠・出産費用をまかなえるわけではありません。

妊婦健診の受診票があっても「足が出る」

母子手帳 PIXTA

日本産婦人科医会の資料によると、妊婦健診に対する公費負担は自治体で異なり、全国平均は99,999円。最も多くて山口県の111,127円となり、最も少ないのは大阪府の39,813円です。

母子手帳にとじ込まれた受診票(補助券)を利用しても、その日の健診内容によっては「自腹」が発生します。また、妊娠の経過によって健診回数が計14回を超えたなら、15回め以降は自己負担となります。

病院によるかと思いますが、わたしはほぼ手出しなしでした!
検査があっても、1万あれば足りました😀
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
私のところは最初の方は補助券出せば5000もいかなかったですよ!最初の方は2000円くらいでしたが36週から心音聞くのでその時からは1万円かかりました
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
都内に住んでます。家の近くの病院ですが、補助券使っても大体8000-15000円くらい取られます。そんなに地域差があると知らずびっくりしました😅
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

ママたちが語るように、補助券を使ったとしても「足が出る」ことがありえるのです。

出産費用も「42万円」以内に収まるとは限らない

お産 PIXTA

また出産時の分娩費用も、産院や分娩方法などによって差があるものです。

総合病院、個室10日間入院で37万だったので
5万円お小遣いになりました( ˶˙ᵕ˙˶ )
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
42万で足りず15万払いました!!
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
里帰りではないですが、
1人目は自然に陣痛がきて促進剤、吸引分娩になりました。
個室代1日1万2千円も含め入院5日間でトータル60万くらいでした。
2人目も同じ病院で個室、計画分娩、促進剤で入院4日間で65万くらいでした。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

つまり、出産育児一時金の42万円でまかなえる場合もあれば、そうでない場合もあります。

自腹が発生する可能性を考えると、岸田氏の「出産費用をゼロに」はメリットがあるように思いますね。

出典元:

岸田氏の発言に対してママリユーザーの意見は?

出産 費用 PIXTA

それでは、少子化対策として「出産費用ゼロ」はどれだけ有効なのでしょうか?出産費用がゼロになったら、妊娠・出産・育児への不安は解消されるのでしょうか?

ママリユーザーの意見をいくつか抜粋してみました。

産む時のお金はゼロなので産みました!
→産んでからがたくさんお金かかってるので
育てられません!が起こりそうで、、🤔
なんだか、そこじゃないんだよな〜。感があります。(笑)
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
出産費用というよりも、産後の支援に力を入れていただきたいです🥺✨
男にはわからない課題ですよね😨
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
出産よりむしろ大きくなる過程での支援がいいです。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

妊娠・出産にお金がかかるのは事実であるし、負担が軽くなるのはありがたい。けれど、決して出産がゴールではない。産後ワンオペ育児にならないようなサポートがあったり、将来の学費負担が軽減されたりするなど、子どもを育てていくうえでかかる費用のほうの心配。そんな声が目立ちました。

国の少子化対策にこれからも注目しよう

育児 PIXTA

今回の総裁選では、「出産費用の負担減」だけでなく「不妊治療の保険適用」など、少子化対策にかかわる発言が目立つように思います。

今まさに妊娠・出産・育児に向き合う方々からすれば、期待する気持ちがある一方「本当に実現するのか」と疑問に思ってしまう面もあるでしょう。

今回の総裁選にとどまらず、継続的に少子化対策が前進していくか注目したいですね。

おすすめ記事

「出産費用」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧