1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. コラム
  4. ママ友宅と自宅を比べてため息…そんなとき唱えたい魔法の言葉|ふわふわハム美さん#10

ママ友宅と自宅を比べてため息…そんなとき唱えたい魔法の言葉|ふわふわハム美さん#10

子育てに悩む母の味方、ハムスターのハム美さん。今回は、ママ友の家のきれいさに圧倒され、散らかった自宅と比べて自己嫌悪するまみの家に現れます。「同じくらいの子を育てているのに…私ってダメ主婦」と嘆くまみにハム美さんが語る、ハムスター目線のアドバイスとは?「ふわふわハム美さん」どうぞお楽しみください。

登場人物

ⓒママリ

  • ハム美:ハムステルマンションの住民。6匹の子を育て上げた母ハム。趣味は砂風呂。好きな食べ物はせんべいとヒマワリの種
  • まみ:9か月児の新米母、夫は長期出張中
  • ママ友:支援センターで出会ったママ友、きれい好き

第10話:家が汚い私ってダメ主婦…?

ⓒママリ

ⓒママリ

ⓒママリ

人と比べずに「自分なり」で大丈夫

家事のやり方は人それぞれ。また、育児やその他のこととの優先順位の付け方も、人によって違うはずです。とはいえ、ピカピカに掃除されたママ友の家に出かけたあと、自宅の現状を見てガックリ…ということもありますよね。

「私の家事スキルが低すぎるのかな」と悲しくなることもあるかもしれませんが、人と比べる必要はありません。ハム美さんの言うように、家は家族にとって居心地がよいのが一番。毎日ピカピカでなくてもいいし、散らかっていても住みやすいなら「巣」としては100点満点なのです。人が来るときだけ片付けるという考え方もありますよね。

人の家を見るとつい比べてしまうものですが、あなたはあなたなりで大丈夫。無理をせず、心地よく思える暮らしが一番ですね。

「ふわふわハム美さん」バックナンバー

イラスト:すやすや子

おすすめ記事

「ママ友」「家事」「漫画」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧