1. トップ
  2. 子育て・家族
  3. 子供の食事・ファミリーで楽しめるレシピ
  4. ファミリーで楽しめるレシピ
  5. これは絶対子どもが喜ぶ味!「おうちでできる」簡単&絶品キャンプ飯

これは絶対子どもが喜ぶ味!「おうちでできる」簡単&絶品キャンプ飯

昨今の状況から、気軽におでかけするはなかなかむずかしい現在。キャンプに行きたいと思っていても、すぐに実行できないのが現実です。せっかくの休日、おうちに居ながらいつもと違うことがしたい…そんな方におすすめしたいのが、自宅で簡単に作れる「キャンプ飯」。今回は、子どもも喜ぶ簡単で絶品なレシピをご紹介します。また、自宅でもアウトドア気分を味わえるコツも合わせてご紹介!気分転換にもぜひ試してみてくださいね。

amana images

これは絶対子どもが好きなレシピ!簡単おいしいキャンプ飯

自宅に居ながらキャンプ気分が味わえる、簡単でおいしい、子どもウケも抜群な「キャンプ飯」をご紹介します。今回ご紹介するのは、ホットサンドメーカーを使用したメニュー。インスタグラムで365日「キャンプ飯」を投稿している、3児のパパであるベランダ飯(veranda_meshi)さんのレシピをご紹介します。

キャンプに行こうと計画していてホットサンドメーカーを準備していたという方、おうちでも大いに活躍してくれますよ。ぜひチェックしてみてくださいね。

止まらない!「肉巻き焼きおにぎり」

@veranda_meshi

材料

*ご飯(茶碗1.5杯)
*豚バラ薄切り(200g)
*水(50ml)
*醤油(50ml)
*酒(50ml)
*みりん(大さじ1)
*砂糖(大さじ2)
*にんにくチューブ(適量)
*白ゴマ(適量)
※1

作り方

@veranda_meshi

水、醤油、酒、みりん、砂糖、にんにくチューブを混ぜてタレを作っておく。
ご飯を俵状に握る(一度ギュッと丸めてから、すしを握るように俵状に整形すると上手く握れる)。
俵状にしたご飯を豚肉で巻く。ご飯が見えなくなるように縦横にきっちりと巻く。
ホットサンドメーカーに油をひき、肉巻きご飯を並べ、閉じたまま両面を弱火〜中火で焼く。
豚肉の表裏に焼き目がついたら、タレをスプーンなどで入れつつ、ホットサンドメーカーを開けたままタレをよく絡ませつつ煮焼きする。
最後に白ゴマをまぶしたら完成。 ※2

ホットサンドメーカーを使うことで、一気にアウトドア感が出てきてウキウキしますよね。

しかも、できあがるのはホットサンドではなく「肉巻き焼きおにぎり」。香ばしい焼き色に、タレの照り具合、子どもも大人も大好きなあまからい味付けがたまりませんね。

ホットサンドメーカーを開ける瞬間は歓喜の瞬間ですよ!家族みんなでできたてを食べましょう。

おもてなし料理にもできそう!「炙りチーズのエンゼルチキン」

@veranda_meshi

材料

エンゼルチキン(1本)
ピザ用チーズ(適量) ※3

ベランダ飯さんが材料にされている「エンゼルチキン」は、この名前で販売されている調理済チキンを指しています。

このため、お家でこちらのレシピを参考にしたい場合は、お肉に関しては大きめの骨付きチキンで代用可だそうです。その際、調理済のものを用意できればより簡単に作れますね。

出典元:

作り方

両面に油を塗ったホットサンドメーカーに骨付きチキンを並べる。
蓋を閉め、とろ火~弱火で表面をじっくりと焼く。
中まで熱が通ったら蓋を外し、上からピザ用チーズをたっぷりとかける。
バーナーでチーズをあぶったら完成。 ※4

ボリューム満点、迫力満点の「炙りチーズのエンゼルチキン」。骨付きのチキンは家族みんなテンションが上がりますよね。さらに、たっぷりチーズがより一層食欲をかき立てます。おもてなし料理にもぴったりな一品ですね。

ホットサンドメーカーを使って調理するため、調理済みのチキンを使用して作ると時短&簡単においしい一品ができあがります。ただ調理済のチキンを用意できない場合は、生のチキンでも時間を掛ければしっかり焼けるようです。

生のチキンを使う場合は、しっかり火を通して塩こしょうなどで味を調えると良いですよ。

おやつにもおつまみにも!「6Pチーズの包み焼き」

@veranda_meshi

材料

6Pチーズ(1パック)
餃子の皮(6枚)
キムチ(100g)
ポン酢(大さじ2)
みそ(大さじ1)
マヨネーズ(大さじ1) ※5

作り方

@veranda_meshi

キムチは細かく刻む。シェラカップなどにポン酢、みそ、マヨネーズを入れ、刻んだキムチを加えてよく混ぜ合わせる。
6Pチーズを餃子の皮で包む。水で接着しながら包むと、溶けたチーズが溶け出しにくくなる。
ホットサンドメーカーの両面に油を塗り、6Pチーズの餃子の皮包みを並べ、弱火にかける。
片面3~4分ずつ、ほんのり焼き目がつくまで焼く。
キムチソースを乗せつつ食べる。 ※6

こんがりとした焼き色に、はみ出たチーズが魅力的な「6Pチーズの包み焼き」。

キムチソースを付けて食べる、おつまみに最高な一品です。子どもたちはそのまま食べたりケチャップを付けたりしても十分おいしそうですよね。

チーズを餃子の皮で包む工程は、子どもにお手伝いしてもらいましょう。一緒に作るとよりおいしく感じますよね。

ベランダ飯(@veranda_meshi)さんのインスタグラム

ベランダ飯さんのブログ「きゃんろぐ」

スキレットで簡単!非日常が味わえるおすすめキャンプ飯3選

関連記事:

スキレットで簡単!非日常が味わえるおすすめキャンプ飯3選

見た目にもおしゃれで、実用的な鍋といえばスキレット。昨今の情勢により、…

ウッドデッキやベランダで食べると即席アウトドア気分!

ウッドデッキ PIXTA

現在は遠出することが難しく、人出の多い場所には足を運びづらい状況ですよね。

でもせっかくお天気が良い日には外の空気を感じながら食事がしたいもの。そんな時はウッドデッキやベランダで食事をすると即席アウトドア気分が味わえます。

ママリにも「アウトドア気分」を味わえるアイデアが集まっています。

我が家は賃貸なのでウッドデッキではないですが、ベランダにシートひいて食べたりします😆
普通におにぎり、ポテト、ナゲットとかです😂キャンプ用の椅子出してきて普通にお茶飲んだりお菓子食べたりもしてます🤣
気力があればお弁当作ったりしますが、気分転換になるしちょっとしたピクニックみたいで子供たちは嬉しそうです😊✨
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

普段からたまにウッドデッキでごはんを食べているとのこと。いつものごはんも、ウッドデッキなど外に出て食べることで気分はガラッと変わるもの。より味わい深く感じますよね。

また、ごはんをお弁当箱に詰めて、お茶は水筒に入れて、レジャーシートを敷くことで、もっと楽しくなりそうですね。

おうちに居ながらピクニックごっこ、おすすめですよ。

昔実家のウッドデッキでたまに食べてましたよ!
普通のご飯でお皿でぽんと出されるよりかは、ピクニックみたいな感じで使い捨てのパックに詰めたり、そうめんなどしたり、バーベキューしたりしてました!
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

マンション住まいでウッドデッキが無い場合、ベランダに出るだけでもアウトドア気分を味わえるようです。

いつものおやつも、ベランダにキャンプ用チェアを出してみんなで座れば、それだけで特別感が出ますよね。子どもたちがテレビに夢中になり過ぎているとき、イラッとする気持ちを抑えて、ベランダに誘ってみましょう。

私は3歳の娘を2歳半頃からたまにウッドデッキでご飯食べさせてます!
理由としては、外で食べるご飯って何となく美味しく感じるんですよね😂

いつものご飯だけどお弁当にしたり、水筒とレジャーシート用意して自分で好きな場所に敷いて食べてもらったりしてますよ!
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

昔、ウッドデッキでごはんを食べていたという思い出エピソードも寄せられました。

ウッドデッキで食事をするときは、お皿に盛るのではなく、使い捨てのパックに詰められていたとのこと。遠足気分が高まりますよね。

また、素麺やバーベキューも一大イベントに!楽しい思い出になりますね。

アウトドアや外遊び、災害時にも使える!ワンタッチテント&ポップアップテント7選

関連記事:

アウトドアや外遊び、災害時にも使える!ワンタッチテント&ポップアップテン…

だんだんと気温が高くなり、休日は子供たちと一緒にでかける機会が増えてき…

もっと楽しもう!おうちでできるアウトドア

ウッドデッキ PIXTA

家で過ごす時間が長い今、「できない」ことばかりに気持ちは傾いてしまいがち。しかし、おうち時間も工夫次第でもっと楽しめます。

注目すべきは、おうちでアウトドア!おうちに居ながらアウトドアというは文字だけで見ると矛盾だらけですが、自宅に居ながらあえてキャンプで使うようなアイテムを使って料理を楽しんだり、ウッドデッキやベランダでお弁当やおやつを食べてピクニックごっこを楽しんだりすることで、気分は大きく変わるものです。

視点を変えると、おうちでも「できる」ことはたくさんありますね。

おすすめ記事

「子ども」「キャンプ飯」 についてもっと詳しく知る

引用元一覧

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧