妊娠中の尿漏れは当たり前?考えらえれる原因や便利な対策グッズ

尿漏れ妊婦さんなら一度は身に覚えのあるトラブルかもしれません。くしゃみや咳をした拍子に下着が濡れてしまったという声も聞きます。尿漏れなんて恥ずかしいと思うかもしれませんが、専用の吸水パッドなどをうまく使えば、清潔で快適に過ごせるはずですよ。

PIXTA

妊娠をきっかけに尿漏れに悩まされる方も

妊娠すると様々な体の変化がありますよね。頭痛や腰痛に悩まされるようになったりかゆみなど皮膚のトラブルも…そんな中で尿漏れを経験している妊婦さんも少なくないのでは?

尿漏れなんて恥ずかしい、どうしようと悩んでしまうかも知れませんが、トイレが近くなったり咳やくしゃみをした弾みで漏れてしまうという方もいます。

私も尿漏れひどくって、最近やっとおりものシート買いました(笑)
おりものの量も増えてきたのでちょうどよかったです(✿´꒳`)♡

たまに漏れる量が多いときがあると、表に出てないか不安になります(笑)
ママリ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ
鼻炎でくしゃみがひどくて尿漏れもやばいです(。>д<)
臭いが心配になり
おりものシートから尿漏れシートに変えました(^^;)
ママリ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

先輩ママさんたちも悩まされてきた妊娠中の尿漏れ。では、どんな原因が考えられるのでしょうか?

尿漏れの原因は?

そんな妊婦さんの尿漏れですが、お腹の中の赤ちゃんの成長と共に子宮が大きくなり、膀胱が圧迫されるために起こりやすくなるといわれています。

くしゃみをしてお腹に力が入ったり、赤ちゃんの胎動で膀胱を刺激されたりすることで尿漏れをしてしまうことがあります。妊娠中の体が赤ちゃんを産むために変化するため、ある程度は仕方のないことでしょう。

出典元:

尿漏れ対策にこんな方法がある

ケーゲル体操 PIXTA

そうは言ってもなるべく尿漏れしたくない!そう思う妊婦さんは多いことでしょう。続いては尿漏れ対策の方法についてあげてみたいと思います。

骨盤底筋トレーニング(ケーゲル体操)

骨盤底筋を鍛えるためのトレーニング、ケーゲル体操をご存知ですか?その一般的なやり方は以下の通りです。

  1. 仰向けに寝て軽く足を開いて膝を立てる
  2. 全身の力を抜いてから、肛門と膣をきゅっと締める
  3. このときお腹などに力を入れないように注意する
  4. そのまま5秒キープ
  5. ゆっくりと力を抜き、緩める

上の手順を5~10回繰り返します。

こまめにトイレに行こう

トイレ PIXTA

何度もトイレに行くのが面倒、恥ずかしい。そう思うかも知れません。しかしおしっこを溜めてしまうとさまざまな病気になる可能性もあり、良くありません。

赤ちゃんに血液を送っているので母体は水分摂取が大切です。水分を取った分こまめにトイレに行くよう心がけましょう。しかし夜間もトイレに起きてしまう人は寝る数時間前から水分摂取を控えたほうが良いかもしれません。

出典元:

便利な尿漏れ対策グッズ

日常生活で気をつけていても漏れてしまう、そんな妊婦さんのために便利な尿漏れ対策グッズをご紹介していきます!

①ロリエ 吸水フリーデイ

ロリエ 吸水フリーデイ

吸水力だけではなく消臭にも重点を置いた吸水パッドです。生理用品と同じ売り場に並んでいることも多く、パンティライナータイプとナプキンタイプなど様々な用途別にラインナップがそろっています。

②チャームナップ 吸水さらフィ

チャームナップ 吸水さらフィー 少量用 羽つき 26枚

紙おむつのムーニーで有名なユニ・チャーム製品です。ムーニーにも使用されている「エアシルキー」を使われているものも新発売されました。ナプキンタイプでで羽根つきもあってズレも防止してくれます。

③軽失禁パッド ママケアパッド

ママケアパッド 5cc 30枚入

妊婦さんママさん専用の失禁パッドです。産前産後のデリケートな肌にも優しくサイズも薄くて小さいのでアウターに響きにくいでしょう。

尿漏れは対策グッズもうまく使って乗り切ろう

笑顔の妊婦 PIXTA

最近では妊婦さん用の尿漏れケアグッズがいろいろと販売されています。店頭で生理用品と同じ棚に置いてあれば手に取りやすいでしょう。

尿漏れなんて恥ずかしいと思ってしまうかもしれませんが、グッズをうまく使えば快適に過ごせるはずですよ。もちろん、こまめに取り替える、トイレを我慢しないといった習慣づけも忘れずに。

「妊婦」「尿漏れ」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧