妊娠報告、親へはいつすべき?ベストタイミングは?

夫の次に妊娠報告をするであろうたち。彼らにはどのタイミングで伝えるのがベストなのでしょうか?妊娠報告は早すぎても遅すぎてもトラブルの原因になります。せっかくの嬉しいニュースを苦い思い出にしないためにも、こちらを読んで研究しましょう!成功例・失敗例の両方の体験談も取り上げたので、参考にしてくださいね。

PIXTA

妊娠報告のベストタイミング

親への妊娠報告のタイミングは悩みどころの一つでもありますよね。ベネッセが運営するウィメンズパークのアンケート(出典元の欄を参照)では、自分の親への報告も夫の親への報告も妊娠2ヶ月のタイミングという方が最も多かったようです。

他にもマイナビが運営しているマイナビウーマンでのアンケート(出典元の欄を参照)では、妊娠が分かった時点で報告した方もいれば、安定期に入ってから報告したという方もいます。

妊娠はとても喜ばしいことなので妊娠初期の段階で報告する方も多い一方で、流産の可能性を考えて安定期に入ってから報告したという方もいるのですね。

自分の親や夫の親へ報告するタイミング

ばあちゃん PIXTA

ウィメンズパークの同調査によると、自分の親への報告は73.8%が妊娠2ヶ月のタイミングと多くの割合を占めています。実母の場合は、一先輩としてアドバイスやサポートが欲しいと考えて、妊娠判明直後に報告する方もいるようですね。

一方、相手が夫の親になると、妊娠2ヶ月で報告する割合は54.8%にまで減少し、妊娠3ヶ月や4ヶ月、安定期に入ってからという方が増えるようです。

妊娠初期は流産の心配が大きい時期なので、誰に報告するかは慎重になる時期ですよね。妊婦さんによっては流産歴がある、親が遠方に住んでいる、関係が疎遠といった状況も一人一人違うと思います。

妊娠は必ずこの時期に報告しなければならいということはありません。報告のタイミングは旦那さんとよく話し合ったうえで決めていきましょう。

出典元:

先輩ママたちの妊娠報告の体験談

妊娠報告の時期について、上手くいった事例と「もっと時期を考えるべきだった」という事例をそれぞれ見ていきましょう。

この時期に妊娠報告して大正解!の体験談

ばあちゃん PIXTA

妊娠確定の時点で報告

実父母には、安定期入ってからと思ってましたが、悪阻が酷く実家に帰りたくなったので、胎嚢確認前の6wで報告しました。

初めての妊娠で分からないことだらけ、不安だらけだったので毎日義母に電話して相談してました。私は早く報告して良かったなって思ってます。
ママリ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

両親や義理の両親にはできるだけ早く報告したく、産婦人科で妊娠が確定した時点で旦那さんとともに報告の電話をする方もいます。

「一番近い存在である親と喜びを分かち合えたことが何より嬉しかった」「初めての妊娠で、喜びと共に様々な不安もあるのでサポートしてもらえる強い味方ができ心強かった」という声もよく聞かれます。

あえて早めの妊娠報告。いろいろ考えて決めた時がベストタイミングなのかもしれません。

遠方だからこそ、安定期に入ってから報告

私の場合どちらの両親も安定期に入ってからの報告でもなんですぐ言わなかったのとかそんな感じはなかったでしたので良かったです。(中略)それに直接会って言いたかったので遠方にいるとなかなか会えないので実家にお盆に帰った時、義両親に会うのもちょうどいいタイミングっていうのもありました。 出典: okwave.jp

遠方なら妊娠の兆候で気づかれてしまうことがないので、報告を安定期まで待つこともできますね。

この時期に妊娠報告して失敗した!の体験談

ばあちゃん PIXTA

心拍確認前に報告

一番最初の妊娠で、心拍確認前に親に報告してその後流産して大後悔でした。ものすごく心配させちゃってそれがまた自分にとって負担になったので。 出典: detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

早すぎる妊娠報告は、相手はもちろん、自分にも負担になります。

妊娠初期のトラブルでやむをえず報告

「妊娠初期で切迫流産になったため、妊娠報告が『切迫流産で今から入院です!』になったこと。夫にしか話していなかったので、両親も含めとても驚かせてしまった」 出典: woman.mynavi.jp

こちらは、「もっと早くに妊娠報告しておけばよかった」というケースです。頻繁に顔を合わせる相手には早めの報告がいいのかもしれません。

妊娠報告のタイミングは臨機応変に

二世帯 PIXTA

親への妊娠報告は「心拍確認後から安定期に入る前に両家同時に」がポイントのようです。

妊娠・出産は常にさまざまなリスクと隣り合わせ。もしものことを考えると、親への報告は、妊娠がある程度安定するまで待ったほうがよいでしょう。早すぎる妊娠報告は、親に余計な心配をさせてしまいますし、仮に悲しい結果になったときに自分も更に傷つく結果になります。

一方、遅すぎる妊娠報告もトラブルの原因に。また、自分の親と夫の親への妊娠報告の時期が異なる場合は、夫や自分の親としっかり話し合っておくことが重要です。

「これが正解!」というものはなく、親との関係など、個々の状況に合わせて臨機応変に対応したいですね。

「妊娠報告」「親」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧