1. トップ
  2. 出産
  3. 赤ちゃんの命名・名付け
  4. 子供の名前・名付けの最新情報
  5. 「ひまり」と読む名前はなぜ人気?二文字名で使えるおすすめ漢字を紹介

「ひまり」と読む名前はなぜ人気?二文字名で使えるおすすめ漢字を紹介

女の子の名前で人気の「ひまり」。中には「ひまりちゃん」が知り合いの子どもにいる…という方もいるのではないでしょうか?しかし、「ひまり」と読む名前はなぜ人気になったのでしょうか。この記事では、「ひまり」はなぜ人気の名前になったのか、名付けて後悔したという例も交えながら解説した後に、「ひまり」という名前に使える漢字を一文字・二文字・三文字で紹介しますので、ぜひ名付けの参考にしてくださいね。

©ママリ

「ひまり」という名前の読み方はなぜ人気?

最近人気の高い「ひまり」という名前。2020年版の明治安田生命の調査では、女の子の名前の読み方ランキングで12位を獲得、2021年の同ランキングでは8位に上昇しています。

「ひまり」という名前がなぜ人気なのか、名前のランキング調査を行った明治安田生命の考察をみてましょう。

日の光を意味する「陽」と「太陽の方向を向く植物」を意味する「葵」からなる名前は、コロナ禍を境に不安定な時代が続こうとも、いつでも明るく前向きに育って欲しいという願いによってさらに人気を得たのかもしれません。 ※1

ここ最近のコロナウイルス感染拡大や自然災害の増加など、社会的な不安定さを乗り越えてほしいというパパママの思いを受け、明るく前向きなイメージのある「ひまり」という名前の人気が高まったのではないでしょうか。

出典元:

「ひまり」と読む名前に使える漢字

漢字 PIXTA

後悔したという声もあるようですが、「ひまり」という名前はやはりかわいらしいですよね。子どもに「ひまり」と名付けたいというパパママのために、ここからは「ひまり」と読む名前に使える漢字をいくつか紹介していきます。

「ひまり」と読む名前でも漢字はさまざま。ぜひ名付けの参考にしてください。

漢字一文字で「ひまり」という名前をつけるなら、「陽」という漢字がおすすめ。「ひまり」という読み方も含め、ひだまりのような優しくあたたかなイメージがあるので、女の子の名前としてとても素敵ではないでしょうか。

太陽の光をイメージさせる「陽」という漢字には積極的という意味もあるので、「太陽のように周囲の人をあたたかく照らす積極性のある人」などの願いも込められそうですね。

陽葵

向日葵 PIXTA

漢字二文字の「ひまり」という名前には、「陽葵」がよく使われるようです。

太陽の「陽」に太陽の方を向く植物を意味する「葵」という文字を組み合わせれば、光に向かい明るく前向きに生きていく女の子のイメージになります。植物の「葵」の葉はハート型なので、植物の印象もかわいらしく女の子にピッタリです。

陽毬

「ひまり」と読みやすい漢字二文字の名前として、「陽毬」とされることも多いようです。ママリに寄せられたコメントの中にも「陽毬(ひまり)」と名付けたという方がいらっしゃいました。

娘の名前が陽毬(ひまり)です♪
角がなくまあるい子になりますようにと旦那が名付けてくれました♪
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

読みやすいこともメリットですが、漢字から受ける印象や意味合いも素敵ですね。「毬」という漢字は古風なイメージもあるので、奥ゆかしい女性に育ってほしいと願うときにもおすすめの漢字です。

出典元:
  • 藤堂明保 他「漢字源 改訂第五版」1977(学研,2010)
  • 石飛博光 他「新版 常用漢字五体字集」368(NHK出版,2012)
「ひ」から始まる名前を紹介!男の子・女の子で使える漢字は?

関連記事:

「ひ」から始まる名前を紹介!男の子・女の子で使える漢字は?

「ひ」から始まる名前は男の子・女の子を問わずよく見かけられます。「日」…

「ひまり」という名前に関する先輩ママの声

赤ちゃん PIXTA

「ひまり」と読む名前を正しく読んでもらえないと後悔している方もいらっしゃるようですが、当て字のような名前をつけるとき、パパママが気になるのは「名前としておかしいのかな?」ということではないでしょうか。

ママリをご覧になっている先輩ママたちは「ひまり」という名前に対してどのような印象を抱いているのか、寄せられた投稿から先輩ママたちの声を見ていきましょう。

読めなくても、読めるよね?っていう空気に時代や世間がなってますから、読めます!
そもそも明日だってふりがなの切り方分からなくないですか?でもみんな読めてますよね。
日本語にはそういう言葉たくさんあるので、名前もそうなっていくだけの事かと
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

この方のコメントは説得力がありますよね。本来であれば「ひまり」と読まない漢字を使ったとしても、人気のある名前ですから、子どもが大きくなるころには多くの人が「ひまり」と読めるようになっているのかもしれません。

「ひまり」と名前をつけて後悔した…と思われている方も、これから名付けようとされている方も、読み方について深く気にされる必要はないでしょう。「ひまり」は現在でもママたちから支持されているかわいい名前です。

まだ生まれてませんが、陽葵(ひまり)が候補の1つに入ってます!
意味は、人を元気にするあたたかい子に育ってほしいなーと思って
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
とても素敵なお名前だと思いますよ!
真似したいくらい
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

先輩ママも「真似したいくらいかわいい名前」というくらいですから、「ひまり」と名付けたいと思われている方は、ぜひこの記事の内容を参考にしながら、自信を持って名付けてくださいね。

2020年に生まれた赤ちゃんの名付けエピソード〜夫婦で決めました〜

関連記事:

2020年に生まれた赤ちゃんの名付けエピソード〜夫婦で決めました〜

家族の数だけ名付けに関してのエピソードがあります。ママはお産を頑張るか…

「ひまり」と読む名前は今の時代にピッタリ

赤ちゃん PIXTA

「ひまり」と読む名前がなぜ人気なのか…と疑問に思われる方もいらっしゃるでしょうが、最近の不安定な情勢が名付けに影響を与えた結果のようです。

「陽」という漢字が使われがちなことからも、明るく前向きに生きていく、優しくも芯の強い女性像にピッタリなのが「ひまり」と読む名前なのではないでしょうか。

漢字も一文字・二文字・三文字と当てはめられる名前ですので、意味合いも大切にしながら「ひまり」という素敵な名前をつけてあげてくださいね。

響きから考える名付けアイデアをもっと知りたい方は、以下からごらんになれます。

響きから考える名付け特集

おすすめ記事

「名前」「ひまり」 についてもっと詳しく知る

引用元一覧

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧