チェアベルトを使えば赤ちゃんでも大人用椅子に座れる!どうやって手作りする?おすすめの人気ブログ3選

チェアベルトとは大人用のイスに赤ちゃんが座れちゃう、育児の便利グッズ!外食先や帰省先でベビーチェアがないと、ずっと抱っこしないといけなくて結構大変。そんな時でも、ひとりで座らせることが出来るベルトです。またママが腰にベルトを付ければ、手で支えなくても赤ちゃんを膝に座らせることができる優れものなのですよ。

PIXTA

赤ちゃんが大人のイスに座れる!チェアベルトってなに?

チェアベルトとは大人用の椅子に取り付けられるベビー用おすわり補助ベルトのこと。外出先のレストランや帰省先などでベビーチェアがない場合でも、チェアベルトを使えば赤ちゃんを1人で座らせることができて便利ですね。

使い方も簡単。軽くてコンパクトなので持ち運びにも便利。ママバッグやベビーカーに入れてもそれほどかさばりませんよ。

キャリフリー チェアベルト (ネイビー) エイテックス eightex

薄いので持ち運びも荷物にならず便利です。イスだけではなくママのひざに座っているときのお座り補助にも使えます。

赤ちゃんが椅子から転がり落ちてしまう不安が軽減され、ママも少しゆっくり食事ができますよね。安全ベルトがない子供椅子にも装着でき、より安心感を得ることができます。

チェアベルトの使い方「ママの腰にも付けられる!」

ママ ひざ amana images

使い方は簡単!商品によって多少違いは有りますが、サポートベルトを椅子の背もたれに調節し、両脇のサイドバックルを留めれば赤ちゃんがイスにフィットします。

また、チェアベルトはママの腰に付けて使用するすることもできます。キッズチェアがない場所では、ママは抱っこして片手がふさがり、もう片方の手で赤ちゃんのお世話をして、自分もご飯を食べるのは本当に大変ですよね。チェアベルトをママの腰につければ、両手が空くので、抱っこするよりも食事が楽になりますよ。

チェアベルトの使用。ここには気を付けて!

注意 PIXTA

チェアベルトは便利な育児アイテムですが、もちろん注意点もあります。チェアベルトを使うと赤ちゃんが座っていられるのでママは安心感があるかもしれませんが絶対に目は離さないようにしましょう。

体が前に倒れてしまう可能性、肩にベルトが無いタイプのものは立ちあがると抜け出せてしまいます。動き回りたい活発な時期は嫌がる可能性もあります。必ずママの目の届くところで利用しましょう。

チェアベルトを手作りすることもできますよ

手作り PIXTA

チェアベルトはなんと手作りもできるのです。手づくりの良いところは好みの布を使ったり、オリジナルの物が作れること。また、ママと子供のいい思い出にもなります。お値段も市販品より安くできる場合もあります。

チェアベルトを手づくりしているママのブログをご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。尚、手作りのチェアベルトの安全性については自己責任において、十分に気を付けて活用してください。

かわいい!ピンクのバンダナでチェアベルト

なんとこちら100均のバンダナを2枚使用したチェアベルト。とてもかわいいですよね。しかもめちゃくちゃ安い!

お金をあまりかけずに子育てを楽しむ!というママのブログ。不要になった洋服でおもちゃを作ったり、ハンドメイドも参考になります。

新米ママの節約HAPPY子育てライフ

100均のスーツケースベルトを利用しアレンジ・チェアベルト!

100円 PIXTA

100均のスーツケースベルトを使って作られてます!すごいアイデアですね!思い立ってすぐ作れちゃうなんて素敵です。ポケット付きで持ち運びもばっちり◎。

こちらのママは、絵本の手作りに挑戦されたりイラストもとても上手です!段ボールで滑り台も作られています。手作り好きのママには参考になること間違いなしですよ。

juxxxの日記

こんなオシャレなチェアベルト見たことない!

リボン PIXTA

リボン付きの可愛らしいチェアベルトも手作り!ハンドメイドに見えないですね。作り方も細かく記載されているのでわかりやすいです。

こちらのママもハンドメイドがプロのよう。保育園グッズも手作りされていて、しかも可愛いのです。温かい人柄が伝わってくる素敵なブログですよ。

happysweettime**

チェアベルトを利用して外食をもっと楽しく!

赤ちゃん PIXTA

赤ちゃんとの外食は月齢が上がるごとに大変になってきます。でも外食はママにとってリラックスしたい時間でもありますよね。

チェアベルトを利用すれば、少しだけママがホッとできる時間が増えて、外食がもっと楽しい時間になるかも。こういった育児の便利グッズをどんどん取り入れていきたいですね。

「チェアベルト」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧