背中スイッチを押さずに抱っこから布団へ寝かせる方法

授乳中に寝てしまった、あるいは抱っこでようやく寝かしつけた赤ちゃんを布団に下ろすとき、起きてしまって悔しい思いをした経験のある方は多いのではないでしょうか。実はこの「布団への着地方法」には思いもよらない豆知識があるのです。布団に下ろすとき「お尻を先に」下ろしているというママはぜひ方法を試してください。

PIXTA

赤ちゃんの手ごわい「背中スイッチ」

寝ている赤ちゃんをお布団に下ろす瞬間。まるで爆弾処理班のように、背中スイッチを作動させないようにしますよね。

そ~っと下ろしても、まるで本物のスイッチが背中についているかのように起きて泣く赤ちゃん。

赤ちゃんが起きている時間は赤ちゃんのお世話に追われ、せっかく眠ったと思ったら、抱っこでないと寝てくれなくて家事をする時間もない。

「どうしたらよいんだ!」と頭を抱えているママもいるのではないでしょうか。

背中スイッチに翻弄される母の声

悩む PIXTA

背中スイッチ発動!!3回着地失敗!!!
1:30🌃に起きて1時間でやっと寝てくれた〜〜〜😭
この時間の1時間は辛い😂
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

ママも疲れている中、夜の背中スイッチ作動は本当にしんどいものですよね。

背中スイッチが最近過敏です(>_<)
ベッド横にベビーベッドをくっつけています。授乳したら抱っこですぐ寝ますが、寝付いてベッドに下ろすと起きる➡また抱っこで寝て置いて起きる…の繰り返し。今までは寝かしつけに一時間位でしたが最近は2~3時間。今日に至っては3時間半経過中です。普段は昼夜とも3時間の授乳感覚ですが、こうも寝ないとイライラしてきて💦昼寝も抱っこじゃないと寝ないです。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

寝ている間しか家事の時間がないというママもいるはず。そんな中抱っこで両手がふさがれて、そのままお昼寝タイムが終わってしまうのは辛すぎます…

赤ちゃんをお尻から着地させていませんか?

赤ちゃん 昼寝 PIXTA

抱っこや授乳で寝付いた赤ちゃんを布団に下ろすとき、

  1. まずはお尻をそーっとお布団につける
  2. 頭を支えながらそーっと背中→頭の順番でお布団に下ろす
  3. 手を放す

このようなやり方をしていませんか?

私もそうしていましたし、私のママ友も皆こういった下ろし方をしていました。

実はこの方法、逆だった!

新生児 寝る PIXTA

2人目の産後、義母の友人が義実家にまだ新生児だった娘を見に来たとき教えてくれたのは、「赤ちゃんを起こさないためには頭を先におろすのよ」という話。

その方は子供を5人も育てた方なのですが、2人目のときにその下ろし方を編み出し、その後はその方法で背中スイッチを乗り切っていたとのこと。

「え~頭を先になんて下ろしたら起きるでしょ」

と半信半疑どころか8割方、この豆知識を疑ってかかっていた私ですが、ちょうどその話をしているときに抱っこしていた娘が寝付いたので、言われた通りの方法で下ろしてみることに。

頭を先に下ろす着地方法

赤ちゃん 昼寝 PIXTA

  1. 赤ちゃんの頭をそっと布団におろす
  2. 首、背中と少しづつ下ろしながら片手を放す(もう片方の手はおしりを支える)
  3. 放した手でお尻をトントンしながら下ろす

このやり方だと、なんと1回で着地成功!まさに目からうろこが落ちる思いでした。

お尻を支えるのがポイント

お尻 PIXTA

もちろん100%の成功率ではありませんが、それまでの成功率の倍は成功するようになりました。

教えてくれた方によると、「赤ちゃんはお尻を支えてもらうことで安心するから、お尻から先に下ろすと不安なのよ」とのこと。

トントンしながらゆっくり下ろすことで起きずに済むそうです。起きやすい赤ちゃんの場合は、しばらくお尻の下に手を置いたままにしておくのも効果的だそうです。

寝かしつけの神アイテムに選ばれた"おやすみたまご"!その正体とは?

関連記事:

寝かしつけの神アイテムに選ばれた"おやすみたまご"!その正体とは?

「おやすみたまご」みなさんはご存知ですか?実は、寝かしつけの神アイテム…

寝かしつけは重大ミッション

赤ちゃん 昼寝 PIXTA

寝かしつけはママにとって重大ミッションといっても過言ではないですよね。なるべくなら失敗せずに着地させて、貴重な自分の時間や家事の時間を確保したいものです。

もし赤ちゃんの背中スイッチに悩まされているなら、「頭を先に下ろす着地方法」、ぜひ試してみてくださいね。

今話題の記事

「背中スイッチ」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧