苦労しているママ多数! わが子に合った方法はどれ? 抱っこ以外の「寝かしつけ方」9選

ほとんどのママが、妊娠中から本やネットで育児情報を得ていたと思いますが、想像していたよりも実際の育児は大変だと思った方もいるのではないでしょうか。その中でも寝かしつけは、毎日行う必要があり、布団に寝かせるだけで大丈夫な子もいれば、添い寝やトントンで寝る子、抱っこしないと寝られない子など、個人差がとても大きいようです。今回は、他のママたちがどのように寝かしつけているのかを紹介していきたいと思います。

amana images

毎日抱っこで寝かしつけるのは大変!どうにかしたい

子供の寝かしつけは、ある程度大きくなるまでは毎日かかさず行う必要があります。スムーズに寝てくれないとママも大変ですよね。

特に抱っこでしか寝てくれないと、ママの腰や肩、背中、手首など負担がかかり、毎日続けるのはとても大変。他の方法で寝かしつけることはできないか、考えることもよくあるのではないでしょうか。

「ママリ」でもこのような投稿がありました。

生後6ヶ月になったばかりの子を育てています😃
みなさん、子供が抱っこしなくても添い寝やトントンなどで寝てくれるようになったのはいつ頃ですか??
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

抱っこじゃないと寝なくなってしまった子供をもつママの投稿です。どうしたら添い寝やトントンで寝るようになるのか、その方法を知りたいですよね。

それまではおなかを満たせば一緒に寝てくれたお子さんも、成長をすることで泣いたらママが抱っこしてくれることに気付いたのかもしれません。泣いているのを見ているのもつらいので、抱っこしてしまうママの気持ちもわかります。

筆者の子供も、基本的には抱っこでしか寝かしつけられません。今はまだ抱っこができる体重ですが、もっと大きくなったときのことを考えると、こちらのママと同じように添い寝やトントンで寝かしつけられるようになりたいと思いますし、いつまで抱っこの寝かしつけを頑張ればいいのか、知りたいです。

他のママが実践した方法を紹介

初めての子育てを頑張っているママも、第2子以降のママも、わが子に合った寝かしつけを探すのに苦労していることもあると思います。

今回は、抱っこ以外の方法で寝かしつけをしているママたちのコツやアドバイス、抱っこ以外の方法に移行したコツなどをご紹介したいと思います。

1.これで寝てくれたらうれしいママも多い?「添い寝しながらトントン」

添い寝 PIXTA

ネントレというネントレをせずに2ヶ月半ぐらいからトントンで寝ています。
ある日抱っこで全然寝ず、布団においたら嬉しそうで^^;
それならそーとそのままトントンです^^;
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
あとこれは保育園で働いてた時の経験からですがトントンする時の手ですが、激しくしちゃダメです!手のひらを体につけて、人差し指、中指あたりの2本だけを動かしトントンしてみてください!
他3本の手がずっと体に触れていることで子も安心して寝てますよ
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
寝ぼけてる時だけですがとんとんで寝ます😊
腕枕しておしりポンポンってしてると寝てくれます💓
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
横向けて背中をトントン‼上向きなら肩か胸のとこを軽くトントン‼
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
息子がトントンで寝るようになったのは1歳手前でした。4ヶ月とかだとまだまだ抱っこでした💦
お尻のボスボス叩きをネットで調べて見てください^_^
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

隣で添い寝しながら子供をトントンする寝かしつけは、ママの体へ負担も少なく、これで寝かしつけできたら良いなと思うママもいるのではないでしょうか。

トントンする場所は背中や肩、胸、お尻などさまざま。トントンの仕方も指で軽くだったり、手全体を使ったり、さまざまなパターンがあるようです。ママにとっても無理のない姿勢で、ちょうど良い場所やリズムを見つけたいですね。

2.ママが寝た、と思わせる「寝たふり」

寝顔 PIXTA

最近は絵本読んでおやすみっていうとしばらくぼーっとして、私の顔とかいじりますけどそのまま寝ます!
前はズリバイやら寝返りやで動き回ってました。薄目で見て危なくない限りは放置。布団からはみ出たりしたら黙って元の位置に戻してそのまま何事も無かったかのように寝たふり。ってしてました^ ^
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
寝たふりして抱きついて(動かないように)そのままガチで寝落ちすることもあります!😂
起きたら子供も寝てます♡
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
4ヶ月くらいから寝たフリしてます 笑
初めの頃は泣いたら歌うたってとかしてましたが、5ヶ月くらいには泣かなくなったのでひたすら寝たフリです
たまーに私が寝落ちしますが
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

お布団に寝かせてすぐ寝たふりをするというママもいれば、絵本の読み聞かせやトントンなどをしたあとに最終手段として寝たふりをしているママも多いようですね。

さまざまな寝かしつけをしてみて、ウトウトしていてもう少しで寝そう、というところで寝たふりをしてママの寝息を聞かせると、安心して眠りにつけるのかもしれません。

寝たふりをしたママがそのまま一緒に寝てしまった、という場合も多いようです。日々の育児で疲れがたまっていますし、少し目をつぶったら寝てしまいますよね。

一緒に寝てしまったときは、体力回復できた!と思うことにして、寝かしつけたらしようと思っていた家事は朝起きてからやることにすると、気持ちも楽ですよ。

3.ママにも癒やし効果あり「手をにぎにぎ」

手をにぎる PIXTA

生後3ヶ月半まで抱っこで寝かしつけをしていましたが、そこから手を握って声を掛ける寝かしつけに変更をしました。
初日は15分くらいギャン泣きでしたが寝てくれて、それ以降はスッと寝る日もあればグズグズ言いつつ15分以内には寝るようになりました。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

子供の手を握ることで、安心感が高まって眠りに落ちるようですね。こちらも慣れるまでは泣いてしまったようですが、徐々に寝られるようになったようです。手を握ることでママにも癒やし効果がありそうですね。

4.おなかとおなかをくっつける「ラッコ抱き」

寝顔 PIXTA

生まれてからずーっとラッコ抱きです🤣そのあとうつ伏せ寝か腕枕で横向きにして寝かせてます♪
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
上の子もトントンでは寝かしつけに時間がかかる上にラッコ抱きが好きでしたので、よく使っていました
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

ママの胸やおなかにお子さんの顔を乗せるようなうつ伏せの体勢を、ラッコ抱きと呼ばれています。お子さんにママの心臓の音が聞こえること、ママの呼吸ゆらゆら揺れること、ママと子供のおなかがくっつくことで安心感が高まり、寝やすいのかもしれませんね。

筆者もよくラッコ抱きをして寝かしつけをすることがあります。おなかの上で背中やお尻をトントンすると、スーっと寝てしまいます。ただ、うつ伏せのまま寝かせてしまうのは少し心配なので、眠りが深くなったところでベッドに降ろしあおむけにしたり、横向きで著者の脇腹に密着させたり、体勢を変えるようにしています。

5.ママの声が子守歌「絵本読み聞かせ」

読み聞かせ PIXTA

2ヶ月入った日から絵本読んでます📕もうすぐ5ヶ月ですが、絵本を読むと寝るんだな〜ってのは分かってきたみたいです☺️
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
上の子のとき、一番のお気に入りの本を日中に何度も読むので、覚えてしまい。電気をけして、語りきかせながらトントンして寝かせてました。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
私は電気つけて絵本読んでます。読み終わったら寝んねするよーと言って電気消します。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

寝室で寝る前に絵本の読み聞かせを毎日繰り返すことで、子供も寝るタイミングが分かるようですね。

読み聞かせは、ママの声を聞くことで子供も落ち着き、好きな絵本を読んでもらうことでさらにリラックスする効果があるのかもしれませんね。

6.口さびしそうな時に「おしゃぶり」

おしゃぶり PIXTA

私は寝かしつけと日中でも泣いたらおしゃぶりさせてました
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
うちもおしゃぶりに頼りまくりです♡
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
うちも寝る時用と、たまにお昼もおしゃぶりを使っていました!
寝る時は、自分で探してつけるようにまでなってしまいましたが1歳になってすぐやめましたよ
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

眠いときに口さびしくなるお子さんにとって、おしゃぶりは睡眠時の必須アイテムのようです。

昔は、おしゃぶりを使うと歯並びに影響が出るという話もありましたが、最近は影響が出にくいおしゃぶりもお店に並んでいます。

7.お子さんも心の準備ができる「寝る前の儀式」

寝る PIXTA

うちの入眠儀式は、おくるみに包むことです。
眠そうだなー。って思ったら、おくるみでグルグル巻きにしてミイラ状態にして抱いてると瞬殺です😄
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
うちは眠くなると目を擦り始めたりやたら指を握ってくるのでそれを合図におしゃぶりさせて腕枕をして横向きにして毛布を被せてトントンすると3分ほどで寝ます!
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

寝る前の儀式を決めて毎日同じようにすることで、子供もこれから寝るんだな、という心の準備ができるようですね。おくるみでくるむことで、おなかの中にいたときのような安心感を思い出すのかもしれません。

おしゃぶり、腕枕、毛布などの決まったアイテムを使い、さらに姿勢を変えてトントンすることで、寝ることができるようです。寝る前の儀式が完成するまでに、ママはたくさん試行錯誤をされたのでしょう。

どちらのママも、眠くなった仕草を見逃さず寝る前の儀式をすることで、ちょうど良いタイミングで寝かしつけることができたようですね。

8.気になるけど、よく知らないママも多い「ネントレ」

時間 PIXTA

月齢が若いので参考になるか分かりませんが…1人で勝手に寝てくれるというよりは、眠くなるタイミングでベッドに連れて行くので1人で眠り、夜中のレム睡眠時に目が覚めても泣くことなく1人で再入眠できる、って感じです。そのためには昼間に1日に必要な母乳を飲んでもらう必要があって、毎日同じ時間に授乳し、ねんねするってことが大切みたいです。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
泣かせるネントレも泣かせないネントレもやりました!生後3ヶ月のときからしました。泣かせるネントレの方が効果は早いと思います。早い時期の方が赤ちゃんはすんなり柔軟に対応してくれました。ただ夜泣きが始まり毎日泣き声を聞いてるのはつらかったので、5ヶ月のときに泣かせないネントレに移行しました。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

ネットや育児雑誌などで、よく聞くようになったネントレという言葉。ねんねトレーニングの略称のようです。いろいろなやり方があるようですが、どの方法にも共通しているのが「1日のリズムを整えて、毎日決まった時間に授乳や朝寝、お昼寝をする」ということのようです。

昼間のうちに必要な母乳やミルクを飲むことで、夜間覚醒をしないようなる方法もあるようです。他には、寝室に1人にさせることで入眠する癖をつくようにする方法も。

小さい子供にトレーニングを強いるようでかわいそうに思われることもありますが、最終的には1日の生活リズムを整えることで、寝れなくて泣くことが少くなり、子供にとっても気持ちよく寝られるようになる方法のようです。

筆者もネントレはしていませんが、お風呂の時間とその後授乳をして寝かしつける、というリズムは崩さないようにしていました。

9.思いつかなかった!意外な方法「顔や耳、足を刺激」

足 PIXTA

保育士でした😊
・眉毛をなぞる
・鼻筋なぞる
・足の指をマッサージ
・耳に指をいれる
これのどれかでは寝てくれると思います😁保育士時代この4つのどれかでお昼寝嫌いの子も寝かせてました😁
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

顔や手足を触ってしまうと、逆に目が覚めてしまうんじゃないか、触らない方がよいんじゃないかと思ってしまうママもいるかもしれません。

意外と優しくなでることで、心地良く眠りにつけるのかもしれませんね。わが子以外の寝かしつけもたくさん経験している、保育士さんならではのやり方です。

新しい寝かしつけ方法は見つかりましたか?

赤ちゃん 寝る PIXTA

同じ子供でも、トントンで寝かしつけができていたのにラッコ抱きじゃないと寝れなくなった、など成長に伴って寝かしつけの方法は変わってくるようです。

一つの寝かしつけ方法にこだわらず、次はこれを1〜2週間試してみよう、これもだめならあっちにしてみよう、といろいろ試すことで、ママのストレスや落ち込むことも少なくできるのではないでしょうか。

また寝かしつけ方以外にも、部屋の温度や湿度、服装、寝具の硬さや肌触りなども寝る環境としてとても重要です。筆者の子供が何をしても寝られず、ウトウトしても起きてしまうことがあり、よく見ると湿疹ができていて、かゆくて眠れなかったという経験がありました。

つい寝かしつける方法に注目しがちですが、寝る環境を見直してみるのも寝かしつけが成功する近道かもしれません。

おすすめ記事

「寝かしつけ」「添い寝」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧