1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. トレンドニュース・話題
  4. たこパならこれ!【業務スーパー】家庭用たこぶつが大容量&コスパ◎

たこパならこれ!【業務スーパー】家庭用たこぶつが大容量&コスパ◎

豊富な種類の冷凍食品を販売している業務スーパー。業務スーパーに行ったら冷凍食品は必ずチェックするという方もいるでしょう。今回紹介するのは、業務スーパーのお買い得情報を発信している、アメーバ公式ブロガー、業務田スー子さんが見つけた「冷凍家庭用たこぶつ」。たこ焼きを作るのにピッタリなサイズのこの一品。ぜひチェックしてみてください。

©Ameba

冷凍家庭用たこぶつは498円で購入できて便利

業務スーパーで購入できる冷凍家庭用たこぶつ。アメーバ公式ブロガーの業務田スー子さんが購入した際は、300g入って498円(税抜)だったそう。

©Ameba

実際にこの「たこぶつ」でたこ焼きを作ってみたスー子さんによると、この量でこの価格は「便利で安い」とのことです。パッケージにもある通り、たこ焼きだけでなく、たこ飯や炒め物にも使えます。

たこ焼き粉200gで46個もつくれる

©Ameba

実際にたこ焼きを作ってみた業務田スー子さん。たこ焼き粉200gと「家庭用たこぶつ」を使用して46個も作れたそうです。

さらにこれだけたくさん焼いても、3分の1も「家庭用たこぶつ」が余るため、残りはたこ飯や炒め物に使えますよ。

業務田スー子さん流!たこ焼きの作り方

©Ameba

業務田スー子さん風のたこ焼きの作り方をチェックしてみましょう。

たこを素早く入れる

©Ameba

©Ameba

揚げ玉を先に入れ、香ばしく焼けたら生地とたこを素早く入れます。

焦げないうちに、サッとたこを入れるのがポイントだそうですよ。

焦らずひっくり返す

©Ameba

©Ameba

©Ameba

長ネギ、紅ショウガ、生地をふちギリギリまで流し込みます。焼けてきたら四角く縁取りしてひっくり返しましょう。

回転させている間に丸くなっていくので、形を気にせずどんどん返していきます。

できたてをアツアツでいただく

©Ameba

©Ameba

焼きあがったらソースやかつお節、青のりをかけていただきましょう。アツアツをゆっくり食べられるのもおうちたこ焼きの良さですね。

見ているだけでよだれが出てきそうなほど、おいしそうな仕上がり。ぜひまねしてみてくださいね。

業務スーパーの優秀食材はブログでチェック

業務田スー子さんのブログでは「家庭用たこぶつ」の他にも役立つおいしい食材をたくさん紹介しています。業務スーパーが気になる方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

※商品名や価格はブロガーが購入した時点の情報です

【業務スーパー】まるでカツサンド専門店、一口サイズの豚カツが使える

関連記事:

【業務スーパー】まるでカツサンド専門店、一口サイズの豚カツが使える

冷凍食品の取りそろえが豊富な業務スーパー。カット済み冷凍食材や調理済み…

【コストコ】スタバ1杯133円!お得すぎるドルチェグストカプセル見つけた

関連記事:

【コストコ】スタバ1杯133円!お得すぎるドルチェグストカプセル見つけた

アメリカ生まれの会員制スーパー、コストコ。大容量商品の取りそろえが豊富…

【KALDI】カルディに行ったら必ず買ってしまう、どうアレンジしてもおいしい「あさりちゃん」がおすすめ

関連記事:

【KALDI】カルディに行ったら必ず買ってしまう、どうアレンジしてもおいしい「…

カルディオリジナル商品の味付けあさり、「あさりちゃん」。ものと商品名は…

出典元:
  • 業務田スー子オフィシャルブログ「びっくり業店!業スーブログ」Powered by Ameba (ameblo.jp)「業ス】たこ焼きのタコが家庭用で登場!激安たこ焼きを作る!」(https://ameblo.jp/suuko-gyomuda/entry-12678632235.html,2022年6月17日最終閲覧)

おすすめ記事

「業務スーパー」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

  • 業務田スー子オフィシャルブログ「びっくり業店!業スーブログ」Powered by Ameba (ameblo.jp)「業ス】たこ焼きのタコが家庭用で登場!激安たこ焼きを作る!」(https://ameblo.jp/suuko-gyomuda/entry-12678632235.html,2022年6月17日最終閲覧)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧