1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. トレンドニュース・話題
  4. 家計簿に丸シールを取り入れたら長続き!節約主婦のアイデア公開

家計簿に丸シールを取り入れたら長続き!節約主婦のアイデア公開

私・あめこは市販の家計簿やエクセルの家計簿など、さまざまな形で家計簿を7年間記録してきました。いろいろな家計簿を試した結果、今は自作の家計簿に落ち着いています。自作といっても手間はかけず、主に使うのは紙とペンとシールだけ。この記事では、インスタグラムで節約や家計簿の情報発信をしているあめこ(ame.320))が、長続きするシンプル家計簿についてご紹介します。

紙とえんぴつ ame.320

家計簿はシンプルイズベスト

家計簿はお金も手間もかけず、シンプルにできるのがベスト。

まず、家計簿をつける道具は紙とペンさえあればOKです。思えば目が不自由だった祖母も、ノートに鉛筆で家計の記録をとっていたのを覚えています。

家計簿に記録する内容もシンプルに4項目でOK。

  • 毎月の収入と支出(項目ごとに)
  • 貯金額
  • 毎日どのくらい何でお金を使ったか
  • 週の集計と残りの予算

あめこの家計簿 ame.320

こちらは、実際に使っているわたしの家計簿です。毎月、見開き2ページで家計を管理しています。

左側が、1か月分総合計の収入と支出、貯金額。ここで通帳から引き落とされる金額も把握して、残高不足を防ぎます。

家計簿の記入例 ame.320

右側は、私がパソコンで印刷したカレンダーや表を貼ったもの。手書きで描いて記録してももちろん良いですよ。

右側は主にカレンダー式で、その日に使った項目を記入します。簡単に食費 2,560円、日用品 200円、合計 2,760円と記録すればOK。

1か月間記録していくと、いついくら使ったのか把握することができます。

家計簿を長続きさせる2つのポイント

家計簿は頑張りすぎず、1週間分や2週間分まとめてつけても大丈夫。そして、毎日家計簿をつけたくなるポイントがあるとよいでしょう。

ここからは私が思う、家計簿を長続きさせるコツをお伝えします。

お金を使わなかった日にごほうびシール

ご褒美シール ame.320

わが家では、お金を使わなかった日も、家計簿に記録しています。自分の好きなごほうびシールをペタリと貼ってみてください。それを繰り返していくと、月に何日お金を使わなかったかが一目瞭然です。

わたしは月に10日〜16日お金を使わない日があるので、シールを貼って楽しんでいます。ごほうびシールを増やすことで、なんとなく浪費してしまう無駄遣いが減りました。

シールでなくても、好きなイラストを描いたり、はなまるをつけるだけでもOK。自分がモチベーションアップできる方法を見つけてみましょう。

家計簿は細かくしすぎず簡単に

私が1年、2年とカレンダー式の家計簿記録を続けられるのは「簡単だから」です。

昔は、ニンジン100円、キュウリは200円…など商品の明細を全て手書きで記録をしていきましたが、面倒だったために3か月で挫折しました。

子どもが2人いるわが家では、家計簿にかける時間は1日数分、または1週間に数分だけです。だから簡単に「食費 1,260円」と、使った合計金額だけを記載することにしています。

自分が面倒くさくならないことも、長続きさせるためにはとても大切です。

楽しい&簡単ならば、家計簿は続く

私の場合は、お金を使わなかった日にごほうびシールを貼ること、家計簿は細かくしすぎず簡単に記録することで家計簿が長続きしています。

人によって「やめたくなるポイント」は違うはず。自分はどうすれば長続きするか考えながら、負担にならない家計簿を実践してみてくださいね。

家計簿の「支出項目」はどう分ける?初心者がつまずくポイントを解説

関連記事:

家計簿の「支出項目」はどう分ける?初心者がつまずくポイントを解説

家計簿を始めようと思ったときに、支出項目をどう決めて良いか悩んだ経験は…

現金払いが減った人必見、家計を赤字にしたくないなら「利用時」に記録すべし

関連記事:

現金払いが減った人必見、家計を赤字にしたくないなら「利用時」に記録すべし

キャッシュレス決済が進む現代、お買い物でクレジットカードを使う機会もあ…

あめこ@手取り20万円台で頑張って暮らす(@ame.320)のインスタグラム

おすすめ記事

「家計簿」「簡単」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧