1. トップ
  2. 子育て・家族
  3. 子供の食事・ファミリーで楽しめるレシピ
  4. ファミリーで楽しめるレシピ
  5. 米粉だからサックサク!おうちクリスピーチキンレシピ

米粉だからサックサク!おうちクリスピーチキンレシピ

米粉は小麦粉で揚げるよりサクサク感が強く出るため、揚げ物に使うのはぴったり!卵を割る手間もはぶき、小麦粉も卵も不使用でも衣までおいしいクリスピーチキンをおうちで作りましょう。ザクザク衣を作るためのテクニックがあるので最後まで必読です。米粉パン教室主宰し「みんなで食べられる」をモットーにレッスンやレシピ作りをしているてんまはるな(@harunatenma)が紹介します。

Ⓒharunatenma

米粉は揚げ物にぴったり

小麦粉の代用として注目される米粉ですが、「代用」ではなく「あえて使いたい」魅力が米粉にはたくさんあります。その理由の一つに吸油率が低いため、米粉の揚げ物の方がサクサク食感にできることがあります。

揚げ物が苦手な方でもべちゃっとなりづらく、カラッと揚げることができ時間がたってもサクサク感が維持できるので唐揚げ系レシピにはもってこいですよ。

出典元:

卵も不要。米粉のクリスピーチキンのレシピ

Ⓒharunatenma

卵の代わりに豆乳やベーキングパウダーを使うことでフワザク感を出します。米粉の良いところを生かした、衣までおいしいクリスピーチキンのレシピです。

よりザクザク見た目にするために、衣を二つに分けてつける中で一工夫があるのでぜひ最後まで見てくださいね。

材料(鶏むね肉1枚分)

  • 鶏むね肉・・・1枚(皮を取り除く)
  • 塩・・・ひとつまみ
  • 酒・・・大さじ1
  • (A)豆乳・・・大さじ3
  • (A)片栗粉・・・大さじ1
  • (A)しょうゆ・・・小さじ1/2
  • (B)米粉(共立食品)・・・大さじ6
  • (B)片栗粉・・・大さじ2
  • (B)ベーキングパウダー・・・小さじ1
  • (B)ブイヨンスティック・・・1本(4g)
  • (B)塩・・・小さじ1/4
  • (B)豆乳・・・大さじ1
  • (B)黒こしょう・・・お好み

※豆乳は牛乳に代用可能

使用米粉

共立食品「米の粉」280g×2袋 新潟米使用 グルテンフリー

料理と製菓におすすめの米粉です。米粉は違うメーカーを使うときはレシピと異なる仕上がりになることもありますのでご注意ください。

使用ブイヨンスティック

マギー無添加ブイヨン4g×7本入×10個

顆粒ではなく粉末タイプのため、塊がなく衣の粉類と混ぜるにはぴったりです。個包装のところも使いやすいおすすめポイントです。

作り方

①鶏むね肉は繊維に逆らってカットし、フォークで穴をあけて下味をつける

鶏むね肉は繊維に逆らって、棒状や薄い棒状など好きな形にカットします。フォークで穴をあけてからポリ袋に入れ、酒、塩を入れて袋ごしに手でしっかりともみ込みます。塩と酒の代わりに多めの塩こうじを使うのもおすすめです。

フォークで穴をあけることは、下味をしみ込みやすくする、揚げたときの縮み防止、歯切れのよい柔らかい食感に仕上げるなどの意味があります。

②(A)と(B)の衣を作る

Ⓒharunatenma

バットかボウルに別々に(A)と(B)は豆乳以外を入れて、それぞれしっかり混ぜておきます。

(B)に入れるブイヨンやコンソメはそのまま衣の味になるので、顆粒ではなく粉末状のものがおすすめです。

③(B)に大さじ1の豆乳を入れてわざと少しダマを作る

Ⓒharunatenma

粉類をしっかり混ぜた(B)に豆乳をまわし入れ、手で混ぜたり指と粉をこすり合わせたりしてわざとダマを作ります。

これは揚げたときにゴツゴツとなりより衣を「ザクザク」食感にしてくれます。豆乳は少量なので衣の中にダマが見えるような見えないような、全体的には粉状のままの衣に見えますがそれで大丈夫です。

④①を(A)→(B)の順で2往復ほどしっかり衣をつける

①の鶏むね肉を(A)→(B)の順で衣をつけ、2往復させてください。1回ずつだと薄衣すぎるので、2往復させることで衣までおいしいクリスピーチキン感が出ます。

⑤180℃の油で表面がカラリとなるまで揚げる

Ⓒharunatenma

揚げ物はさわると衣が剥がれてしまうので、油に入れたらひっくり返すとき以外触らないようにしましょう。

鶏むね肉は加熱しすぎるとかたくなるので、時間は片面2分ずつの計4分くらいで揚がるようにしましょう。

米粉だから重くない!しっかり衣なのに軽い

Ⓒharunatenma

ザクザクと衣がしっかりついているのに、軽くサクッと食べたあとに重さを感じないのは、吸油率の低い米粉ならでは。

米粉料理が大好きな方はもちろんのこと、米粉を買ってみたけどキッチンに眠っているよという方にもぜひ一度作ってもらいたい一品です。

てんまはるな(@harunatenma)のインスタグラム

おすすめ記事

「米粉」「レシピ」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧