1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. 時事・ニュース
  4. 寒波到来!水道管の凍結防止の方法は?万が一凍結したらどうすればいい?

寒波到来!水道管の凍結防止の方法は?万が一凍結したらどうすればいい?

寒波の到来で各地で防寒対策が呼びかけられています。ママリでも「水道管の凍結防止ってどうすればいいの?」という質問が見られました。寒い地方に暮らしている方にとっては毎年のこと、という場合もあると思いますが、普段水道管が凍結するケースの少ない地域だと、水道管の凍結防止の方法を知らないこともありますよね。今回は寒波に備え、水道管の凍結防止についてご紹介します。

凍結

寒波到来!水道管の凍結対策ってどうすればいい?

水道管の凍結を気をつけるようにと
市のTwitterで流れてました😱

大阪ですが、そんなこと気にしたこともなくて
どうしたらいいのかわからないんです😭

天気予報ではこんな感じなので水曜日がやばいのかな?
って思ってるんですが
-5度なんて滅多に出ないので怖いです😭
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

水道管の凍結防止方法は?

73283061

各水道局から出ている情報では、水道管の凍結が予想されそうな時は「水抜き」をすると良いと書かれています。

北海道幌延町「水道の凍結を防ぐために」は以下のように注意喚起しています。

“【水を抜くとき】
(1)蛇口を閉める。
(2)水抜栓(元栓)を『止』の方向に操作する。
(3)蛇口をいっぱいに開ける。
(4)空気入れ蛇口がある場は、そちらもいっぱいに開ける。
(5)しばらくしてから蛇口と空気入れ蛇口を閉める。

【水を出すとき】
(1)蛇口と空気入れ蛇口が閉まっていることを確認する。
(2)水抜栓(元栓)を『出』の方向に操作する。
(3)蛇口をゆっくり開ける。”

出典元:

「水抜き」は手順を追って正しく行いましょう。万が一トラブルが起きた場合は専門業者に相談してください。

今すぐ何か対策をしないと!という場合は、水道から少しだけ水を出しっぱなしにしておくという方法もあるようです。積水工業株式会社の「水道管の凍結防止と対処法について」では次のように記載しています。

”凍結防止帯を利用したり、水を一晩中出しっぱなしにしたりして水温が下がらないようにしておくと、水道管の凍結を予防できます。”

出典元:

ただこの方法は、水資源の問題もありますから、緊急時だけにとどめておいた方が良いでしょう。

そもそも水道が凍結するってどういうこと?

水道管が凍結するのは、「水道管の中に残っている水が凍ってしまう」ことで起こります。水道は蛇口を止めていても、水道管の中には水が残っている状態なので、この水を水道管から抜いておかなければ、強烈な寒波の際などに残った水が凍結してしまうんですね。

水は凍ると膨張するので、水道管の中の水が凍結してしまうと水道管を破裂させてしまう恐れがあります。このため、水道管に残る水を抜いて、空気を入れておく…つまり「水抜き」をしておくことで水道管の凍結を防がなければいけないのですね。

出典元:

水抜き栓の場所がわからない時は建築業者や管理会社に問い合わせを

水抜きをしよう!と思っても普段水抜き作業をすることがなければ「わが家の水抜き栓はどこ?」となる場合もあるのでしょう。間違った個所を不必要に触ってしまうとトラブルの原因にもなりかねないので、水抜き栓が分からない場合は、戸建てなら建築時の図面を確認したり、家を建てた建築業者などに問い合わせましょう。

またアパートやマンション、貸家で水抜き栓の場所が不明の場合は、管理人や管理会社へ問い合わせてください。

出典元:

水道管の凍結に注意したいのはどんな時?

吹雪

天気予報などで「今年一番の寒さに気をつけてください」などという言葉を耳にすると「わが家の水道管は大丈夫かな」と気になりますね。

では水道管の凍結が起こる場合というのは、どんな時なのでしょうか。札幌市水道局では、水道管の凍結に注意が必要なのは次のような場合であると書かれています。

”※こんな時は特に注意が必要です。

外気温がマイナス4℃以下になるとき。
おやすみ前や、旅行などで家を留守にするなど、長時間水道を使用しないとき。
「真冬日」(1日中外気温が氷点下の日)が続いたとき。”

出典元:
出典元:

もしも水道管が凍結したら?

水道

水道管が凍結した場合、軽い凍結の場合と強く凍結した場合で修理の方法が異なるようです。軽い凍結の場合は、自分たちでも対応できるケースがありますが、無理な対応をすると水道管が破裂してしまうので、心配な場合は専門業者に相談しましょう。

北海道幌延町「水道の凍結を防ぐために」にも次のような記載があります。

”(1)軽い凍結の場合
 部屋を暖めましょう。管の側に暖房器具を置くのも有効です。露出している管や蛇口にタオルや雑巾を巻き付け、その上からゆっくりお湯をかけてください。
 ※ガスバーナーなどの炎を管に直接あてて暖めないでください。急激な熱変化で管が破裂する場合があります。

(2)それでも解氷ができない場合
 指定給水装置工事事業者に依頼して解氷してもらいましょう。”

出典元:

厳しい寒さに備えて対策を

吹雪

現代は夏の猛暑やゲリラ豪雨が話題になりがちですが、実は冬もドカ雪や厳しい寒波など気を抜けません。

できる限りの対策を取って、被害を最小限にとどめたいですね。

今回は水道管の凍結について、対策などをご紹介しましたが、広いエリアで水道管のトラブルが起きると悪徳業者などによる被害も出てきます。専門業者に相談する際には、市区町村の指定をしっかりと受けている業者に相談するなど、業者についても気をつけてください。

出典元:

おすすめ記事

「水道管」「凍結」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧