立ち会い出産は後悔するってホント?体験談

出産は楽しみにしていた我が子と初めて対面ができるとき。旦那さんが立ち会うことで喜びも大きくなると言われていますが、みんなそうなの?実は立ち会い出産を後悔…そんな方も少なくありません。おめでたいはずの赤ちゃんの誕生なのに、後悔してしまったのはなぜでしょう?出産は感動的ではないの?後悔の理由は?体験談をご紹介します。

PIXTA

立ち会い出産を後悔?なぜ?

立ち会い出産をしてよかったという話をよく耳にします。「旦那さんにも立ち会ってもらって赤ちゃんとのご対面はきっと感動的なんだろうな」と出産前からワクワクしている方も多いのではないでしょうか?

でも立ち会ってよかったという話だけでなく、逆に「立ち会い出産しなければよかった」という意見もあるんです。一緒に頑張ったのに?赤ちゃんはかわいくないの?といった疑問も出てきます。

どうして後悔してしまうことになったのでしょうか?体験談をご紹介します。

妻の思い「立ち会いはいらない」

怒る PIXTA

不安な出産に立ち会ってもらえるととても心強いはずなのに、後悔してしまったのはなぜでしょう?

出産する姿は見せたくない

私は立会い嫌だったのですが、最終的に立会いになりました。結論。やはり出来れば立ち会ってほしくなかったです…

顔もひどいし格好もひどいし、なにより子供以外の物も排泄されたので…笑 助産師さんが素早く処理してくれるので旦那は気付かなかったみたいですが、踏ん張る時にそっちは出したくない!という気持ちがあって、なかなか踏ん張りきれなかったです。最終的には出さざるを得なかったですが(´;ω;`)

旦那は立ち会って感動してましたが、もし次回があったら外で待機してもらいます…
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

旦那さんが感動しているなら良いような気がするのですが、この方は「出産しても母ではなく女性として見られたい」との思いから、立ち会い出産を多少なりとも後悔しているようです。

集中できない!

立会い出産を望んだ私は、途中で主人が傍らにいることがウットオシクなり、分娩室から出てもらいました。いよいよの時に先生がせっかくだから、と主人をまた呼んでくださり、主人は感動のあまり涙を流して子供の誕生を喜んでいました。

主人は子育てにも非常に協力的で、いいパパですが、私は立ち会い出産するんじゃなかったと後悔しました。イライラが募るばかりで気持ちが集中できなかったんです。 出典: smcb.jp

励ましの言葉もいらないという方もいました。一緒に頑張っているつもりでも奥さんにとっては迷惑なこともあるようです。

頼りにならない!

私も立ち会い出産でした。しかし、旦那が役に立ったことはあまりなく、基本助産師さんが付きっきりで背中上手にさすっててくれました。

旦那がいても文句言う相手になるくらいだったので、次回は一人でもしくは実母に付き添ってもらって生みたいです。 経験者の方が冷静に見ててくれるので…
出典: mikle.jp

苦しむ奥さんを目の前にしてオロオロしてしまう旦那さん。それを見た奥さんはイライラ。これではお互い良くありませんね。

夫の思い「立ち会わなければよかった」

後悔 PIXTA

立ち会いを希望していなくても成り行きで立ち会ってしまったということもあるようです。覚悟ができていなかった分、後悔することもあるのでしょうか。

セックスレスになった

出産のときの妻の姿を見て『これはすごい、こんなこと自分にはできない』と尊敬したのと同時に『この人は俺の妻ではなく母親なのだ』という意識がどうしても強くなってしまって、夫婦生活に支障が出るようになっちゃいました。 出典: www.rankingshare.jp

もう痛い思いはさせたくないからという意見もありました。セックスレスは不仲や離婚の原因にもなりかねないので、無理に立ち会ってもらわなくてもよい、という考え方もあるでしょう。

引いてしまった

胎盤がグロくて引いた、あんなものみたくない。俺は何をするわけでもないのに。立ち会いしないほうがよかった。 出典: okwave.jp

出産シーンがダイレクトに見えてしまうこともあります。血や羊水のにおいもあり気分が悪くなることもあるようです。

立ち会い出産はしないとダメ?

出産  PIXTA

立ち会い出産が必ずしもいいわけではありません。立ち会うことにもメリット、デメリットがあります。苦しんでる奥さんや血を見るのが嫌な旦那さんもいます。立ち会い出産をしなかったら子どもへの愛情が薄れるわけでもありません。

大切なのは赤ちゃんを夫婦一緒に受け入れて、協力して育児をしていくことなので、立ち会い出産についてよく話し合ってお互いが納得できる出産方法を考えるのがいいですね。

今話題の記事

「立ち会い」「出産」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧