赤ちゃんに枕はいつから必要?使うとよい時期やおすすめの人気ベビー枕5選

生まれてからしばらくは寝ている時間が多い赤ちゃん。赤ちゃんに枕って必要なのかな?と疑問に思うママも多いようです。赤ちゃんが枕を使う意味は、同じ体勢で寝ている赤ちゃんの頭の形がいびつになることを防ぐためとされています。枕を必要とする時期、適切な枕の高さなどについて詳しく見ていき、おすすめの枕を5つご紹介します。赤ちゃんが生まれて枕を購入しようか悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

PIXTA

ベビー枕は赤ちゃんに必要?

赤ちゃんには向き癖がある場合があり、どちらか片方ばかり向いて寝る習慣がついていると、気が付くと頭の形が変形してしまっている場合があります。

向き癖や頭の形は、子供が大きくなって活発に動くようになるにつれて改善していきますが、気になる場合には枕を使って向き癖の改善をはかります。

また、赤ちゃんの首から胴までを広く支え傾斜をつける「吐き戻し防止枕」も市販されており、赤ちゃんが母乳やミルクを吐き戻すのを防止するとされています。

出典元:

おすすめベビー枕5選

まくら PIXTA

ベビー枕は絶対に必要というわけではありませんが、赤ちゃんの寝方で頭の形が決まるかもしれないと思うと、親としてはとても気を遣いますよね。

ベビー枕はたくさんの種類があるので選ぶのも迷ってしまいそうですが、形や素材に違いがありますので、赤ちゃんに合う枕を見つけてあげるとよいでしょう。大切な赤ちゃんにぴったりの枕が見つかるといいですね。

1.エスメラルダドーナツ枕

ドーナツ型の枕で、赤ちゃんの頭の絶壁防止に役立ちます。

綿100%、日本製なので素材や日本製にこだわるママにぴったり!たくさんの柄があるので、選べるところも嬉しいですね。

2.ジェルトロン ベビー枕

新感覚、高品質のベビー枕「ジェルトロンピロー」シリーズの中でも、特にベビー用として作られた枕。ジェルトロンという新素材を使うことで、体の凹凸に合わせ、柔軟に形が変化します。

また、真ん中がくぼんだ形なので、頭のフィット感も抜群ですよ。生地もオーガニック生地とタオル生地を選ぶことができるのが嬉しいですね。

3.日本エンゼル製 高さ調節枕

ビーズが移動することで、赤ちゃんの成長に合わせて高さを調整できるというアイデア枕です。日本製で、ベビー用品の老舗『日本エンゼル』の商品です。

枕に含まれるビーズの量で枕の高さを3段階に調節できるので、新生児~2歳頃まで使うことができます。成長に合わせて形を変えてあげましょう。

4.ディズニーベビー枕 ベビープー(0ヶ月~)

[ディズニー]ベビー枕 ベビープー【0ヶ月〜】

とにかく無駄のないシンプルな形のベビー枕。特別な機能はないものの、赤ちゃんが成長しても長く使える商品です。

くぼみが赤ちゃんの頭を優しく支えてくれます。見た目にもかわいく、値段を見てもかなりのお得感があります。まずはベビー枕がどのような感じなのか試しに使ってみたいママには嬉しいですね。

5.東京西川 医師がすすめるベビー枕

さつきが丘医院 院長 医学博士 奥山隆保氏がすすめる枕です。

向き癖を軽減し赤ちゃんの柔らかい頭をしっかりと支えてくれます。メーカーは布団などで有名な西川産業。色味も目に優しいパステル調で、丸洗いが可能なのでいつでも清潔に保つことができるのも嬉しいポイントです。

人気カラーは品切れ必至なので早めの購入をおすすめします。

赤ちゃんの状態にあった枕を選んで!

赤ちゃん PIXTA

赤ちゃんにおすすめのベビー枕を紹介しましたがいかがでしたか?向き癖や頭の形は、強く心配し過ぎなくても、赤ちゃんが活発に動くようになるとだんだん改善されていくと言われていますが、ママが心配になった時には枕を使ってみるのもよいでしょう。

月齢の小さい赤ちゃんに使う場合には、使っている赤ちゃんがしっかり呼吸ができる状態になっているか確かめ、長時間目を離さないように意識して下さいね。

今話題の記事

「ベビー枕」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧