出産後の産褥期の過ごし方!心身ともに休んで回復しよう!

産褥期(さんじょくき)は妊娠・出産により大きく変化した体を回復させるためにとても大切な期間です。「褥」の字が「布団」という意味で、古くから産後1ヶ月間は布団を敷きっぱなしにしてしっかり休むことが大事だという意味が込められています。そんな産褥期過ごし方をまとめました。

PIXTA

産後約6~8週間「産褥期」の過ごし方

産褥期(さんじょくき)は産後6~8週間のことを指し、妊娠・出産により大きく変化した体を回復させるためにとても大切な期間です。

赤ちゃんのお世話も大変な時期、この期間は周囲を頼って休めるときに休みましょう。

産後2週間

母親 新生児 布団  PIXTA

とにかく安静第一。 家事は協力してもらえる人へお願いして体を休め、必要な育児だけに留めて療養しましょう。

育児は授乳・おむつ替えなどの赤ちゃんのお世話をし、それ以外では布団を敷いたままで寝たり起きたりの生活を心掛けましょう。湯船に入ることは控え、シャワーだけにします。

産後3週間

「床上げ」といわれる時期で、少しずつ家事を始めてもいい時期です。ただし、体がまだ回復しきっていない方はまだ布団は敷いたままにして、体の様子をみながら疲れたら布団に入り休憩をとるようにしましょう。

動きすぎて悪露が増えたり体調不良になったりしてしまう前にセーブしてくださいね。のんびりとしたペースで過ごし、長い立ち仕事はまだ控えてください。

産後4週間

女性 布団 日本人 PIXTA

徐々に元の生活へ戻れる時期です。産後の1ヶ月健診で異常がなければ元の生活へ戻していけるでしょう。診察では産後のママの状態や悪露の症状を診てくれます。

このとき、生活について疑問に思うことがあればかかりつけ医に相談しましょう。いざお医者さんの前だと何を聞けばいいかわからなくなってしまうという方は健診の前に聞きたいことをリストアップしておくと良いでしょう。

問題がなければ「床上げ」ができますし、湯船にも浸かることができます。そのときは、清潔な一番風呂に入りましょう。

ただし、完全な回復とまではいきませんので夜中に授乳やお世話がある方は、睡眠不足を補うためになるべく赤ちゃんと一緒に昼寝をしましょう。短時間の外出は出来るようになりますが、遠出はまだ控えてください。

産後5週間

体調に合わせてできることを始め、普段の生活に戻していきましょう。

しかし悪露が続いていたり体調が良くなかったりした場合は決して無理をしないでくださいね。

産後6週間

新生児 母親 日本人 PIXTA

体が元に戻る頃です。順調であれば外出やストレッチなどの軽い運動ができるようになり、医師の診断さえあれば職場に復帰することもできます。

ただし、本来は8週間以降でないと働くことができないため、まだ一般的には動きすぎるのは良くない時期です。決して無理をしないことを大前提に行動しましょう。

また、遠方の外出も産後8週間経ってからにしてください。里帰りなどでどうしても長時間の移動をしなくてはならないときは家族に付き添ってもらい、無理のないようにしましょう。

出典元:

「産褥期」を大切に

母親 新生児 ベッド 日本人 PIXTA

出産は病気ではないため休むことに抵抗のある方、周囲に理解してもらえずになかなか休めない方もいるかもしれません。しかし、産褥期の母体は目に見えないですが著しく回復しようとしています。

妊娠中の長い期間かけて変わった体が元に戻るのは容易ではありません。ですが、そんなときでも休みなく赤ちゃんのお世話をしなくてはならずつい頑張りすぎてしまうこともあることでしょう。生まれたての新生児はとてもかわいらしく、なんでもしてあげたいものですよね。

でも、そんなときは「本当に自分しかできないことなのか?これはやらなくても生活に支障はでないかな?」ということを思い出してくださいね。家族でもできる家事なら旦那さんや上の子たち、お母さんなどに任せて休むことに専念しましょう。

もし家事ができる人がいない、生活に支障が出てしまうという場合は地域のサービスや家事代行を頼んだり、食事の宅配サービスを利用したりするのもいいでしょう。

家族が一人増えたことはママの周囲のみんなにとって喜ばしいことです。家族みんなで助け合い支え合い、産褥期を乗り切っていきましょう。

「産褥期」「過ごし方」 についてもっと詳しく知る

関連する記事

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!