産後の床上げって何?産後の過ごし方!

みなさんは「産後床上げ」という言葉を聞いたことがありますか?昔の人達は産後1ヶ月ほどは布団を敷きしっかり休むママが沢山いました。しかし、現在は家電の普及などで家事の方法も変化し、「産後床上げ」の考え方が少し変わってきています。楽しみながら育児をする為にも産後の体の変化や、過ごし方を知っておきましょう。

PIXTA

産後の床上げとは?

赤ちゃんが生まれ、ママもパパも喜びでいっぱいですよね。赤ちゃんのことでも頭がいっぱいですよね!しかし、出産を頑張ったママは体を休めることも重要です。

「床上げ」という言葉を聞いた方もいるのではないでしょうか?産後の床上げとは、しっかり療養した後に動いていいとされることを指します。この、療養に費やす期間は約6~8週間とされていますが、お産の状況によって異なるのでどれくらいかけて日常生活に戻していけばいいのかは退院時までに確認してみてください。

初めて出産を経験したママは、産後をどう過ごしていけばいいか戸惑うことも沢山ありますよね。産後のママの体は、急激に変化するため痛みや不快な症状がみられることもあり、とてもデリケートです。

焦らずゆっくり今までの生活リズムを取り戻していきましょう。

産後の床上げの後の生活

家事 PIXTA

昔は家電の普及も少なかったため、手洗いでの洗濯や重い水くみなど家事が重労働で、体力の回復が万全でないママにはとてもハードで難しいことでした。

しかし、今の時代は水道が普及しており、乾燥機付き洗濯機などの便利なアイテムもあります。気にし過ぎることはありませんが、無理は禁物です。徐々に元の生活に戻しましょう。

また、産後の床上げをしても、体は完全には回復しきれていない時期なので、産褥期の間は少しずつ日常生活に慣らしていってください。

出典元:

産後、ママの体はどう回復していくの?

赤ちゃんとママ PIXTA

産後のママの体にはどのような変化があるのでしょうか?1ヶ月経つだけでできることがだいぶ増えてきます。自分の体とよく相談しながら行動しましょう!

産後すぐのママ

病院を無事退院したママは産後すぐは安静にしていましょう。何だか疲れたな…そう思う前にきちんと休みましょう。この時期は鮮血や赤褐色の悪露が出ます。

帝王切開をしたママは特に、無理をしないようにしてください。

出典元:

産後1ヶ月のママ

シャワー PIXTA

産後1ヶ月の頃に1ヶ月検診を受けます。そのとき、日常生活でどのようなことに気を付けたらいいのか医師に確認しましょう。普段の生活では疑問に思っていても、意外とその場では思い出せなくなるものですよね。1ヶ月検診を迎える前に自分の体の経過や、これからの不安をメモに残しておくと良いでしょう。

また、1ヶ月検診では湯船に浸かって良いかどうかの話もされるので、それまで入浴はシャワーで済ませましょう。

出典元:

1ヶ月検診の後のママ

散歩 PIXTA

産後1ヶ月経つとママの不快な症状が減ってきて、できることが増えてきます。近場でお出掛けしたり、家の中でできるような軽い体操をしたりするとママの気分転換になりますね。

ママが上手に気分転換することで、育児も楽しく行えますよ。以下のような簡単なことから、徐々に普段の生活に戻していってください。また、医師により問題ないと言われた方は夫婦の性生活を再開しても良い時期ですが、避妊するのを忘れないようにしましょう。

  • 簡単な家事
  • 近場へのお出掛け
  • 産褥体操(産後にできる、ごく簡単な体操)
  • 湯船に浸かる(産後1ヶ月検診で異常がなければ可)
  • 性交渉(産後1ヶ月検診で異常がなければ可)
出典元:

気になる!産後の骨盤矯正

妊娠中に広がってしまった骨盤を産後に気にしているママも多いのではないでしょうか?

妊娠・出産を経てゆるんだ骨盤は、基本的には産後、次第に戻っていきます。それをサポートする意味で、産後の日数に合った骨盤ベルトを利用したり、整骨院や接骨院へ骨盤矯正に通ったりしてもいいでしょう。

出典元:

産後は無理をせず、できることから始めよう

ママと赤ちゃん PIXTA

出産後はママの心も体もとってもデリケートで、大事な時期です。体力が回復していないので、全て完璧にこなせないのは当たり前です。人には個性があるように、回復時期も様々です。

辛いときは無理をせず、体の異変に気付いたらすぐ病院に相談することも大切です。パパと協力しながら、育児や家事を進めていくことが大切ですね。

産後すぐの育児と家事は、周りに頼りながら無理をしないようにしましょう!

「産後」「床上げ」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧