出生届に必要なものや書き方、注意点は?土日や休日、夜間でも受理してもらえる?

赤ちゃんが生まれたら、市区町村に出生届の提出が必要です。出生届が受理されると赤ちゃんの情報が戸籍に記録され、住民票にも記載されます。つまり、出生届が受理されてはじめて、赤ちゃんの出生が公的に認められるといえます。この記事では、出生届を提出するにあたって必要なものや、届け出るときの注意点をご紹介します。出生届には提出期限があります。期限が迫ってから慌てることがないように準備してくださいね。

PIXTA

出生届の出し方

赤ちゃんが生まれたら、生まれた日を含む14日以内に出生届の手続きをすることが義務付けられています(日本国外で生まれた場合は3ヶ月以内)。届け出をする人の住所地・赤ちゃんが産まれたところ・父母の本籍地のいずれかの市区町村役場に提出します。

出生届の用紙は、基本的に産院でもらえる

出生届は、医師または助産師が記入する「出生証明書」と一体になっており、基本的に出産した産院でもらうことができます。役所でもらうように指示された場合は、近くの区市町村に問い合わせてください。国内のどこで入手した届出用紙でも提出可能です。

出生届を提出する際に必要なもの

出生届には、以下のものが必要です。

  • 出生届(「出生証明書」に医師または助産師の記入・押印があるもの)
  • 届出人の印鑑(スタンプ印は不可)
  • 母子健康手帳

出生届は、用紙の右側に「出生証明書」の欄があります。出生証明書は、出産に立ち会った医師か助産師が作成します。そのほか、届出をする人の印鑑(スタンプ印は不可)と母子健康手帳が必要です。

なお、生まれた子供が在住する自治体で手続きをする場合、子供に関する手当や助成の手続きを同時に行うことができます。申請書類や必要なもの(健康保険証や振込先がわかる通帳など)について、あらかじめ区市町村の窓口やホームページで確認するとよいでしょう。

出生届を提出する人

届出は、赤ちゃんの父・母、同居者、出産に立ち会った医師・助産師等が行います。父・母以外の人が届出をする場合でも、父・母が出生届の届出人の欄に署名・押印してください。

出典元:
子供の認知届とは?戸籍との関係や手続きの仕方を解説

関連記事:

子供の認知届とは?戸籍との関係や手続きの仕方を解説

近年、シングルマザーや未婚の母が増加するにつれ「子の認知」と言う言葉も…

出生届の具体的な書き方と注意点

赤ちゃん PIXTA

出生届を初めて書くという人もいるかと思います。出生届の具体的な記入方法と、どのようなことに注意すればよいのかご説明します。

出生届の書き方

出生届の記入欄に書く内容は以下です。鉛筆や消せるボールペンの使用は不可であるため、記入する前に筆記用具を確認してくださいね。

  • 届出日:出生届を提出する年月日
  • 届出先・宛名:届け出を行う市区町村名
  • 子の氏名:戸籍に記載する子供の名前※名前に使用できる字は人名漢字・常用漢字・ひらがな・カタカナのみ
  • 住所:住民登録をするところ
  • 届出人:子供の父または母(父母が法律上婚姻していない場合、母が届出人となります)
  • 出生証明書:医師・助産師が記入

法務省:子の名に使える漢字

嫡出子・嫡出でない子とは

「嫡出子」とは婚姻している夫婦間に生まれた子のことで、婚姻していない男女の間に生まれた子のことを「嫡出でない子(非嫡出子)」といいます。両親が離婚していても、離婚後300日以内に生まれた子供であれば「嫡出子」となります。出生届の「父母との続き柄」欄にある「嫡出子」「嫡出でない子」は、生まれた子が該当する方にチェックをつけます。

出生届に書く内容ははっきりとわかりやすく

役所では、出生届の記載内容に基づいて、赤ちゃんの名前などをコンピューター入力で戸籍に記載します。読み間違いなどのトラブルがないように字は楷書ではっきりとわかりやすく、丁寧に書きましょう。

特にカタカナの「シ」、「ツ」、「ミ」や、「ソ」と「ン」、「ク」と「ワ」は読み違える可能性があるので十分に注意してください。

出典元:

出生届を提出する際の注意点

PIXTA

出生届を提出する際には、どのようなことに注意すべきなのでしょうか。

生年月日は西暦ではなく、すべて元号(平成や昭和)で書くことになっていますので注意してください。

出生届はいつまでに提出すべき?

戸籍法第49条によると出生の届け出は、出産日を含めて14日以内(国外で出生のときは、3ヶ月以内)に市区町村役場へ提出し、受理される必要があります。

夜間休日受付窓口では、14日目が市区町村役場の休日だった場合や早朝夜間などの時間外でも提出することのできる地域や、14日目が閉庁日の場合、その翌日となる場合もあるので確認しておきましょう。

出典元:

出生届は土日も受け付けてもらえる?

赤ちゃん PIXTA

夜間休日受付窓口を利用すれば、24時間365日受付が可能です。土日はもちろん年末年始、夜間でも届け出をすることは可能です。届け出は可能ですが、あくまで出生届を「預かってもらう」ということに注意が必要です。

担当窓口が閉まっている時間帯は、市区町村にもよりますが通用口にいる警備員・守衛等に預ける形になります。その場合、受付時間になってから担当職員が記載内容を確認し、受付処理を行います。

記載内容に不備があり受付できなかった場合は、後日受付時間帯に役所に行く必要があります。また、母子健康手帳に届出済み証明のページがありますが、受付時間外に届け出をした場合は、後日届出済み証明を受けることになります。

出典元:

出生届と児童手当などの申請は同時にできるの?

その他、児童手当の申請や国民健康保険の加入についてですが、受付時間帯であれば全て同日に届出可能です。しかし、出生届と違って時間外は受付ができないため、夜間休日受付窓口を利用する方は別途役所へ出向く必要があります。

また、児童手当の申請は、郵送で受け付けてくれるところもあるので市区町村にお問い合わせください。

出生届の期限が過ぎても名前が決まらなかったら?

出生届の提出期限内である、14日以内に名前が決まらなかった場合は、名前欄を保留もしくは空欄のまま出生届を提出できます。名前を空欄で出した場合、名前が決まり次第すぐに「追完届(ついかんとどけ)」という書類を提出して手続きが完了します。

追完届をした場合、その痕跡が戸籍に残ってしまうので、子供が将来自分の戸籍を見た際に気づかれてしまいます。よほどの理由がない限り、期限内に名前を決めるのが良いでしょう。

出典元:

提出期限を過ぎてしまったら?

たとえ出生届の提出期限である14日を過ぎた場合でも、当然ですが受理はしてもらえます。「戸籍届出期間経過通知書」に経過した理由を記載し、出生届と一緒に役所に提出しなければなりません。この戸籍届出期間経過通知書は簡易裁判所へ通知されます。

戸籍法第135条によると正当な理由がなく提出期限内に提出できなかったとき、場合によっては5万円以下の過料(罰金)を簡易裁判所へ支払わなくてはいけないこともあるので期日はしっかり守りましょう。

出典元:

出生届は期限内に提出しましょう!

赤ちゃん PIXTA

赤ちゃんが生まれて、顔を見てから名前を決めようと考えている方も多いと思います。しかし、赤ちゃんが生まれてからの14日は、昼夜問わない授乳や育児疲れであっという間に過ぎていきます。

名前が決まったら、生後14日以内の提出に間に合うように、ある程度名前の候補を出しておき、前もって準備をしておくことが大切です。

おすすめ記事

「出生届」「書き方」「土日」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧