着物を着せてお姫様気分!我が家のひな祭りの楽しみ方をご紹介します♡

もうすぐひな祭り!我が家では実家に戻って、私の兄弟家族やご近所さんたちと賑やかにひな祭りをお祝いするのが定番です。地域に伝わるおまんじゅうを作ったり、ひな祭りといえば自家製のちらし寿司を作ったり…。小さい女の子は、お着物を着させてもらってお姫様気分♡大人も子供もこの日ばかりはたくさん食べて飲んで楽しい時間を過ごすんですよ♪

PIXTA

我が家でのひな祭りの楽しみ方

ひな人形 PIXTA

我が家では、私の子供は男の子なので、私の姉妹のところの娘ちゃん(私の子供からすると従姉)と一緒にひな祭りを楽しんでいます。

そこで、毎年どんな感じで楽しんでいるかをご紹介したいと思います。

1.花まんじゅうを一緒に作ってお祝い

私の実家のある地域では、桃の節句では、花まんじゅうと呼ばれるおまんじゅうを食べます。木型で型をとって作るんですが、昔からある家だと、その家でずっと使われてきた代々の木型があり、その型を使って作るのです。

うちでつくる花まんじゅうの中身はつぶあんぎっしりで、まんじゅうの表面には、食紅で色を付けます。とっても可愛くて華やかで、すごく懐かしい味がします。

我が家では、食紅の色付けを女の子の子供にさせています。楽しそうに色づけして喜んでいますよ♪

2.お着物を着せてお姫様気分♪

着物 PIXTA

七五三のように正装とまではいきませんが、ひな祭りの日は、子供用の赤いお着物をおばあちゃんに着させてもらって、一日お姫様気分を堪能してもらっています♡この着物も、私たち親世代が小さい頃に着せてもらっていた着物のおさがりです。

小さいうちは「着させられている」感じでしたが、今では髪型などに子供なりにこだわりがあるようですが、その日はずっとニコニコしながら着物を着て楽しんでいますよ♪

3.家族やご近所を呼んでひな祭りパーティ

ちらし寿司 PIXTA

実家周りでは、ご近所付きあいが頻繁にあり、家族同然のお付き合いなので、ひな祭りなどのイベントの際には、家族だけでなくてご近所さんも呼んでお祝いをよくします。

料理もちらし寿司やハマグリのお吸い物、花まんじゅうをつくるんですが、その他に、持ち寄りでお寿司やオードブル、ケーキやお餅などがたくさん集まるので、大人も子供もワイワイ楽しみながらお祝いをします。

家族みんなでお祝いしましょ♡

ひな祭り PIXTA

年に一度の女の子の節句。おいしいお料理をたくさん作ってお祝いするだけでも、子供はとても喜びますよ!また、一緒にお雛様を作ったりしてお祝いするのも楽しいです♪

住んでいる地域によっても、お祝いの仕方があったりするので、地域のひな祭りイベントに参加して、お家で再現できそうなことをやってみても楽しいかもしれませんね♡是非、今年は家族みんなで桃の節句を楽しみましょうね♡

おすすめ記事

「ひな祭り」「楽しみ方」 についてもっと詳しく知る

話題の記事

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧