生まれて初めてのお祝い、生後7日目に行うお七夜とは?

赤ちゃんが生まれて初めてのお祝いお七夜」。生後すぐの生存率が低かった昔は、無事に7日目という節目を迎えたことを祝うものでした。現在では新しく家族の一員となった赤ちゃんの誕生を祝い、身近な人に名前をお披露目する行事になっています。地域や家庭によってお祝いの仕方はさまざまですが、今回は「命名書」の書き方や「祝い膳」などについて解説します。この記事を参考に、思い出に残る「お七夜」を迎えてくださいね!

プレミアム記事

amana images

お七夜とは?

赤ちゃんが生まれてから7日目のお祝いを「お七夜」といいます。昔は医療が未発達であったこともあり、生まれても無事に育つとは限らなかったため、生後7日目を迎えたことを祝う大切な儀式でした。

お七夜は別名を「名付け祝い」といい、赤ちゃんにつけた名前を家族やお世話になった人にお披露目し、祝い膳を囲んでお祝いします。現在では、ママと赤ちゃんの退院祝いを兼ねることもあります。

生後7日目の数え方ですが、生まれた日を1日目として数え、7日目の夜にお祝いをするのが一般的です。

現在では病院で出産するママがほとんどなので、お七夜はちょうど退院時期と重なることが多いようです。現在では、お七夜をママと赤ちゃんの退院祝いを兼ねることもあります。

ママや赤ちゃんの体調によっては退院時期が変わることもあるので、7日目にこだわって無理をしないようにしましょう。

お七夜で用意するべきものは?

毛筆 PIXTA

赤ちゃんが誕生してから初めてのお祝いとなるお七夜。お祝いでは、赤ちゃんへの願いを込めてつけられた名前を書いて飾るための命名書が必要です。命名書はベビーグッズ専門店で購入できるため、ママやパパが書いてもよいですね。

また、記念として赤ちゃんの手形、足形などを取る場合はそのためのフォトフレームやアルバムなどを用意しておきましょう。

命名書

赤ちゃんの名前をお披露目する命名式での「命名書」の正式な書き方を紹介します。両親のどちらかが書くという場合は参考にしてみてください。

  1. 奉書紙を横半分に折り、折り目を下にして三つ折りにする
  2. 三つ折りの中央に赤ちゃんの名前、右上に父親の名前と続柄、左下に生年月日を書く
  3. 三つ折りの左側には両親の名前と命名した日付を書く
  4. 最後に三つ折りの右側に「命名」と書く
プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

「お祝い」「お七夜」「命名」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧