育児モードから仕事モードへ。職場復帰後「働く自分」に戻る方法

職場復帰にあたって、保育園の入園準備をしたり、家事の分担を考えたりと大忙しのママはいるでしょう。しかし、ママ自身の準備を整えることもとても重要ですよ。長い産休を過ごしてきて、働いていた頃の感覚を忘れかけていませんか。働く上での精神面はもちろん、働く女性としての身だしなみや自分自身のケアも気にしたいものです。復帰初日から前向きに職場へ向かえるよう、事前の準備をしておきましょう。

プレミアム記事

PIXTA

子育てをする自分から、働く自分になるには

出産後、毎日子供と一緒に過ごしていた生活と、職場の雰囲気はかけ離れたもの。長い育休生活をしていた方の中には「働いていた頃の自分を思い出せない」という方もいるかと思います。

しかし、働くと決めたからには、いつまでも育休中の感覚ではいられません。いつの間にか「子育てモード」になっていた自分を「仕事モード」に変えなくてはいけませんよね。

職場復帰を間近に控えて、すぐに切り替えるということは難しいかもしれませんが、時間に余裕をもって少しずつ準備をすれば、復帰するころには仕事モードに切り替えられるはず。職場復帰の前にできる、心と体の準備方法についてご紹介していきます。できることから一つずつ実践していきましょう。

仕事用の身だしなみを整える

スーツ PIXTA

仕事に着ていく服や、自分の身なりについて確認しましょう。産前に着ていた仕事用のスーツが入らないことがあるかもしれません。職場復帰が決まったら、まずは仕事用の衣類を試着し、問題なく着られるか確認しましょう。もし入らなければ、サイズの合う仕事用の衣類を新調する必要があります。

また、美容室にあまり行けていない方は、復職前に行っておきたいですね。復帰後は仕事が休みの日しか美容院に行けなくなりますし、せっかくの休日は自宅でゆっくりしたくなるかもしれません。髪型が整い、見た目が働いていたころに近づくことで、気持ちがさらに復帰に前向きになれそうです。育休中のうちに美容院に行くにあたっては、パパに子供をお任せするか、子連れで行ける美容室を探してみましょう。

そのほか、仕事用のメイク用品がそろっているかをチェックし、不足分があれば補充しておきましょう。通勤バッグは保育園の送迎時に両手があくリュックサックがあると便利です。ショルダーバッグとリュックサックの2WAYタイプも販売されているため、仕事と送迎両方で使えるデザインを探してみましょう。

早寝早起きを早めにスタートする

目覚まし時計 amana images

生活リズムを子供に合わせていた育休中は、仕事をしていた頃よりも起床時間が遅かった方はいるかもしれませんね。職場復帰が決まったら、少しずつ生活リズムを戻し、早寝早起きを無理なくできるようにしておきましょう。

保育園の送迎をする場合は、通勤に余分に時間がかかることを計算しなくてはいけません。事前にタイムスケジュールを組んでおき、焦らずに出勤できるように準備したいですね。

また、日中に家事をする時間が減る分、職場復帰前から家事のスケジュールを見直してみましょう。その上で、朝に済ませておきたい家事がある場合には、復帰前からやってみるようにすると習慣づけできますよ。例えば洗濯物を干したり夕飯の下準備をしたりと、夜の家事を楽にするために朝に家事を済ませるのも作戦の一つです。

シミュレーションしてみると、復帰前と同じだけ家事をこなそうと思っても難しいことに気づくかもしれません。その場合は、無理をせずに家事の頻度を少なくしたり、やることを減らしたりしてみましょう。復帰するからには、それまでと同じだけの家事を、無理に行う必要はないのです。

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

「変化」「職場復帰」「心がけ」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!