赤ちゃんのいる家庭が地震に遭遇したら?命を守るための備え

小さな赤ちゃんは、ママと家族にとってかけがえのない宝物です。小さな命を地震からしっかりと守るための備え、しっかりとできていますか?地震に遭遇したとき、赤ちゃんのいる家庭で対策しておくべきことを見ていきましょう。

プレミアム記事

PIXTA

大きな揺れを感じたら、まず赤ちゃんと自分の身を守る

大きな揺れが襲ったとき、腕の中にいるかわいい我が子をどうやって守ればよいのか…。考え出すと不安がたくさん!赤ちゃんと家族の命と安全を守るために何をすべきかを考えておくことは、親としてぜひやっておきたいことの一つです。

するべきことをきちんと把握し、一つ一つ備えをしていけば不安な気持ちも、少しだけ軽減されるもの。災害時にとるべき対策と身を守るための行動を整理しておきましょう。

大きな揺れを感じたら、赤ちゃんと一緒に安全な場所へ

室内で赤ちゃんと過ごしているときに大きな揺れを感じたら、まず赤ちゃんを抱いて近くにあるテーブルや机などの下に入り、家具や照明などの落下から身を守りましょう。できれば近くにあるクッションや座布団などで自分と赤ちゃんの頭をかばいます。

地震による揺れは数分で一旦は収まります。揺れているときに慌てて動き回ると、倒壊物や落下物などでけがをしたり、転倒したりする危険もあります。慌てない、揺れている最中にはむやみに動き回らない、この2点を徹底しましょう。

ただし、地震により建物がゆがんでしまうと、ドアや窓が開かなくなってしまうことがあります。揺れを感じたら、可能であれば身近な避難経路になりうるドアを開けておきましょう。

屋外にいるときは落下物に注意して

赤ちゃんとのお散歩やお出かけ中に地震が発生した場合には、建物の窓ガラスや壁、看板などが上から落下してくる危険があります。落下物から身を守るために、速やかに建物からできるだけ離れましょう。かばんなどで赤ちゃんとママの頭を保護することも忘れずに。

近くに空き地や公園があればそこに避難できればベストですが、ない場合には、建物やブロック塀などからできるだけ離れることが肝心です。お出かけ中にベビーカーを使う方は、ベビーカーが落下物などで動かせなくなる可能性があるため、普段から抱っこひもなどを持ち歩くようにするとよいでしょう。

出典元:

赤ちゃんと一緒に避難するときに気をつけたいこと

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

今話題の記事

「地震」「防災」「赤ちゃん」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!