大人も子供もうれしい、るみさん(@ru.ru_rumi)の「混ぜおにぎり」

結婚して子供が生まれてから何かと作る機会が多いおにぎり。毎日作っていると、おにぎりの具材アイデアがマンネリ化して悩むママもるかもしれません。そんなママにぜひ紹介したいのが、SNSに日々の食事やお弁当をのせる、るみさんのメインにもなるようなボリュームおにぎり。子供にも食べやすい混ぜ込みおにぎりもたくさんアップされています。何品も作るのが面倒な朝ごはんやお弁当に活用できそうですよ!

画像:www.instagram.com

思わずおなかが鳴る?るみさんのインスタグラム

インスタグラムに毎日の食事やお弁当を投稿されている、るみさん。大学生の娘さんと高校生の息子さん2人のママで、ソーイングの講師でもあります。

るみさんのインスタグラムには、パパと息子さんのボリューム満点なお弁当や食べ応えありそうなおにぎりの数々がアップされており、見ているだけでおなかが鳴りそうになってしまいます。

今回は、食べ応えのありそうな混ぜ込みおにぎりに注目。肉や魚、卵、野菜を使ったおかずを大胆に混ぜ込んだおにぎりは見た目にもインパクトがあって、食欲をそそります。これだけで、おなかも満足しそうですよね。

朝ごはんやお弁当にも大活躍しそうなボリューム満点な混ぜ込みおにぎり、ぜひチェックしてみてください。

るみさんに学ぶ、ボリュームたっぷりの混ぜおにぎり11選

るみさんが作る、メインにもなるボリュームたっぷりな混ぜおにぎりをご紹介します。

お弁当に、朝ご飯に、パパのお夜食に…いろいろな場面で大活躍してくれそうなおにぎりの数々。るみさんのおにぎりを参考にすれば、おにぎりのマンネリ化も食い止められそうです!ぜひチェックしてみてくださいね。

1.春が待ち遠しい「シャケ枝豆&梅昆布おにぎり」

彩りもきれいな「シャケ枝豆おにぎり」と「梅昆布おにぎり」。お弁当にも映えそうな二種類のおにぎりです。

シャケ枝豆おにぎりは、焼きシャケをほぐして枝豆と一緒にご飯へ混ぜ込むだけ。シャケフレークを使うともっとお手軽に作れそうですね。

梅昆布おにぎりは、種を除いた梅干しと塩昆布を混ぜ込んで旨味もアップ。春になったら、このおにぎりをお弁当に入れてお花見に行きたいですね。

2.ボリューミー&ヘルシー「照り焼きチキンの雑穀米おにぎり」

お弁当の残り物で作ったとは思えない、とてもおいしそうな焼きチキンの雑穀米おにぎり。

ヘルシーな雑穀米に、たっぷりのチキンが混ぜこまれたボリューミーなおにぎりはパパも子供たちも大満足!大葉とごまでさらに風味をアップしています。明日の元気の源、朝ごはんにいかがでしょうか?

3.おこげがたまらない「サツマイモご飯おにぎり」

ゴロゴロ入ったサツマイモと、ところどころにみられるおこげが魅力的な「サツマイモご飯おにぎり」。

前日のサツマイモご飯を握っただけというおにぎりですが、手が込んでいるように見えますよね。ふりかけられた黒ゴマがよい仕事をしています。サツマイモ好きな方にはたまらないですね。

4.子供たち大喜び「コーンバターおにぎり」

子供たちの争奪戦が始まりそうなコーンバターおにぎり。子供ってコーンバターが好きですよね。

コーン以外にもベーコンやホウレン草が入って具だくさんの大満足なおにぎり。大人用には、荒挽きの黒コショウをたっぷり振りかけてもよいかもしれません。

彩りもきれいで、行楽弁当にもぴったりです。

5.見ているだけで香ばしい「ホタテと鮭の焼きおにぎり」

前日の、ホタテと鮭の炊き込みご飯を使ったアレンジレシピ。

炊き込みご飯そのままでももちろんおいしいですが、さらにひと工夫加えて麺つゆ・みりんを足し、ごま油で焼き上げたおにぎりに変身。焼き目から香ばしい香りが漂ってきそうです。たまりませんね。

炊き込みご飯が余ったら、ぜひお試しください。

6.お弁当の彩りにも「野沢菜とキノコのおにぎり」

みずみずしい野沢菜と、旨味の宝庫であるキノコがたっぷりな野沢菜とキノコのおにぎり。野沢菜のグリーンがとてもきれいですよね。お弁当を作っていて、何だか色味に欠けるなと感じたときに大活躍。

野沢菜とキノコという珍しい組み合わせですが、ぜひ挑戦してみてくださいね。

7.やめられない止まらない「じゃこ大葉おにぎり」

甘辛く味付けされたじゃこがたっぷり。さらに、大葉・ゴマが加わえ、じゃこ大葉おにぎりに。これは、食べ進める手が止まらないおいしさ。お弁当に入っていたらうれしいですよね。

じゃこの食感、大葉の香り、ゴマの香ばしさ…いろいろな風味が重なって、飽きることなくいくらでも食べられそうです。

ぜひ、お試しくださいね。

8.甘辛な味付けが最高「ダイコンの葉とお揚げのおにぎり」

ダイコンを買ったとき、葉はどうしていますか?そのまま捨てているという方もいるかもしれませんがごはんととても相性が良いんです。

るみさんは、細かく切った葉とお揚げを甘辛く味付けして混ぜ込みおにぎりに。シャキシャキとした食感が楽しめそうですね。

9.間違いない組み合わせ「梅ひじきおにぎり」

煮物ばかりになってしまいがちなひじきを、梅干しと一緒に合わせておにぎりにアレンジしたアイデア。食欲のないときにもパクパク食べられそうですね。

ひじきと梅干しの間違いない組み合わせ、ぜひ作ってみてください。

10.おいしい出会い「おかかとしらすのおにぎり」

しょうゆで味付けしたおかかとしらすをご飯に混ぜ込み、さらにおかかでコーティングした一品。

ふわふわのおかかとたっぷり入ったしらすが食欲をそそりますね。素敵な組み合わせに思わずほっこり。朝ごはんにぴったりなおにぎりです。

11.塩サバ×大葉×ガリの大人感「サバの塩焼きおにぎり」

サバの塩焼きを大胆にもおにぎりにのせて握った「サバの塩焼きおにぎり」。見た目はまるでサバずしのよう。

ご飯に混ぜ込まれた大葉とガリがサバの脂っぽさをさっぱりさせてくれると同時に、おにぎりのアクセントになっています。

ガリもるみさんお手製とのこと。ガリまで作ってしまうなんて尊敬します。もちろん市販品でも代用可能ですので、大人のおにぎりやパパのお弁当にいかがですか?

食べたくなる気持ちが止まらない、るみさんの混ぜ込みおにぎり

たくさんの具材を混ぜ込むことで新たなおいしさの出会いが待っている、るみさんの混ぜ込みおにぎり。具材を合わせることで飽きることなくどこを食べても美味しく、子供にも食べやすいという点も魅力的。パパが遅く帰って来たときに言われる「小腹が空いた」という悩ましいリクエストにも、このおにぎりでばっちり応えられますね。

るみさんのおにぎりを見ていると、おにぎりのトップにぱらりと胡麻など具材を乗せているものが多く見られました。このひと工夫で見栄えもグッと良くなりますよね。ぜひ取り入れていきたいアイデアです。

一つあるだけで大満足な混ぜ込みおにぎり、ぜひ作ってみてくださいね。

「レシピ」「おにぎり」「混ぜご飯」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧