わが子が友達をかんだら?1歳のかみつきが多い背景と、相手の親への対応方法

保育園の1歳クラスでたびたび話題になる、子供のかみつき。子供が集まればけんかはつきものとはいえ、わが子が友達をかんでしまったと聞くとショックを受けるかと思います。ショックのあまり「しつけが甘いから?」と考えてしまうかもしれませんが、そのようなことはありません。かみつきには1歳児なりの事情があり、しつけの問題ではないのです。子供がかみつく背景と、もしわが子が友達にかみついてしまった場合の、相手の親に対する対応方法をお伝えします。

プレミアム記事

ママにとっては衝撃的、わが子の「かみつき」

保育園では、複数の子供たちが同じ部屋で過ごしています。子供が集まれば、トラブルは起きてしまうもの。思わず友達に対して手が出て、わが子が相手にけがをさせてしまう事態も起こる可能性があります。

「子供同士にケンカはつきもの」と理解していても、いざわが子が友達をかんだと報告を受けると、ママはショックを受けるでしょう。さらにそれが複数回に及ぶと「もしかして私の育て方が悪いの?」と頭を抱えてしまうかもしれません。

1歳児でのかみつきは多くの園でみられること

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きは、アプリをダウンロードしてママリプレミアム(月額400円)に登録するとお読みいただけます。
アプリをダウンロードする
プレミアム記事が今なら7日間無料

おすすめ記事

「保育園」「1歳」「かみつき」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧