仲良し夫婦がやっている7つのこと。夫婦円満な家庭にはある共通点があった!?

今年に入り、これまで以上に家族で過ごす時間が増えたという方もいるのではないでしょうか。一方で、以前に比べて会話が減った、うまくいっていないと感じているママもいるかもしれません。もっと夫婦間の会話がほしい、夫婦円満でいたいと思ったことはありませんか?他の家庭では何か工夫していることがあるのでしょうか?今回は先輩ママに聞いた夫婦円満のコツを紹介します。

PIXTA

夫婦円満の秘訣を教えて

昨今の情勢により、仕事がテレワークとなり在宅勤務になったり、労働時間が短縮になったり、家族で家で過ごす時間が増えた家庭もあると思います。普段家にいない夫がずっと家におり、何を話したらよいのかわからない、夫婦の距離を感じることもあるかもしれません。

ママリでこのような投稿がありました。

夫婦円満の秘訣って何でしょうか?
結婚生活難しいです...😭
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

夫婦円満を維持するのは難しいと感じているママもいるのではないでしょうか。今回は他のママに聞いた夫婦円満の秘訣や、意識していることを七つ紹介します。ぜひ日々の生活に取り入れてみてください。

1. スキンシップを大切にする

夫婦 PIXTA

思いやりと好きって気持ちですかね☺️

夫婦の時間も大切だし、スキンシップも大切。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
スキンシップと夫婦の時間と思いやりですかね☺️
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

お付き合いしていたころは、ハグやキスはよくしていたのに、結婚や子どもが生まれてからスキンシップが減ってしまったというママもいるかもしれません。

仕事に行く前や、寝る前などにあいさつ代わりにスキンシップをしてみてはいかがでしょうか。お互いの体温を感じることができ、温かい気持ちになれるかもしれません。

大きなけんかをして迎えた朝も、お互いに歩み寄ってハグをしてみると心が落ち着きそう。たまには「ハグして仲直りしよう」と言ってみるのもよいかもしれません。

2. 感謝を言葉に表す

感謝 PIXTA

分かっているだろうでなく、ちゃんと感謝を伝えることが1番大切ですそして、甘えることです☺️
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

付き合っていたころは、ちょっとしたことに感謝の気持ちを伝えていたのに、慣れがでてくると伝えることがなくなって会話も減っていく…といった経験はありませんか?

相手の優しさに鈍感になることなく、感謝の気持ちを言葉で伝える意識をしてみるのもおすすめ。さりげない言葉でも、ありがとうの気持ちは伝わり、きっと自分にも跳ね返ってきますよ。

3. ためこまずに、思いを伝える

話し合い PIXTA

最近やっと軌道に乗って来ました(笑)

「思ってることを冷静にその都度伝える」ですかね🤔

優しさのつもりで我慢して、爆発して、の繰り返しだったのですが、やっぱり考えが違う人に「気持ちを察して」というのは無理ということにやっと気づきました😇
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
思ったことは
言い方を考えてちゃんとその都度伝えるようにしています!
ありがとう、ごめんなさい、
行ってきます、ただいま
いただきます、ごちそうさま、などは
当たり前だけどちゃんと言うようにしてますー!
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

一緒に暮らしていると、ちょっとしたことが気に障ったり、不満を感じたりすることがあります。ごくささいなことでも、ちり積もって爆発してしまう可能性も。そうなる前に、自分の気持ちを言葉にして伝える意識をしていきましょう。

不満だけでなく、うれしい気持ちも悲しい気持ちもすべて言葉にして伝えることが大切なのかもしれません。繰り返すことで、お互いのことが理解できるようになっていきそうですね。

4. お互いの価値観を認め合う

話し合い PIXTA

「価値観の違いを認め合う」
だと思います😌✨

私ならこうするけど夫はこうするだろうな…という事を受け入れたりしてますよ😊

どうしても意見が合わない時も、理解出来ない事もありますが、まあ、所詮他人だしと😅💦

もちろん生活面や教育面では話し合い、一致しない点はとことん話し合います!
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
価値観を押しつけない、ですかね。。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

新婚夫婦でも、熟年夫婦でも、結局は他人です。育った環境も違えば、考えていることも違います。自分に譲れない部分があるのと同じように、相手にも譲れない部分があるという認識を持っておくことも大切なのかもしれません。

長い人生を一緒に生きる相手だからこそ、譲り合いながら、納得のいかない部分には話し合い、お互いにちょうどよい折り合いどころをつけていけるとよさそうですね。

5. 一人の時間を大切にする

カフェ PIXTA

1人の時間を少しでも作るのと、適度にお互いリフレッシュする!
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

いくら夫婦とはいえ毎日顔を合わせていると、息がつまることもあそうです。そんなときは一人で過ごす時間を設けてみるのもおすすめです。

友だちと食事に行ったり、一人で映画を観に行ったり、好きな時間を過ごしてみるとリフレッシュできそう。なかなか自分の時間を作れない場合は、子どもがお昼寝をしている時間をうまく活用するのもおすすめ。夫にも相談してみましょう。

6. 他の家庭と比べない

夫婦 PIXTA

うちの場合はですが…😳
私はよその旦那さんとかと比較しない、過度な期待をしない、細かいこともありがとう言う、なんでも話す
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

「隣の芝生は青い」ということわざがあるように、周りの家庭のよい部分と自分の家庭の悪い部分を比べてしまいがちなところはありませんか?

ないものを嘆くより、あるものを大切にしたいですね。よそはよそ、うちはうち、という気持ちで他の家庭、男性と比べることなく、自分たちだけの夫婦の形を意識して接していくとうまくいきそうです。

7. お互い男性、女性として努力をする

筋トレ PIXTA

夫婦二人の時間を大切にしています、お互い男女として意識できるように体型維持など努力はしていますね☺️
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

お付き合いしているときは、体型を維持したり、着飾ったり、自分をしっかり磨いてたけれど、結婚し子どもが生まれると、どうしても自分のことは後回しになりがちではないでしょうか。

決してそれがだめというわけではありません。自分のことが二の次になってしまう毎日の中でもできることを探してみてはいかがでしょうか。

少し筋トレをしてみたり、新しいリップをつけてみたり、新しい髪型にしてみたり。女性としての自分にも手をかけているという意識が、自身の気持ちも前向きにしてくれそうです。夫への接し方にも変化があるかもしれませんね。

夫婦にとってのベストを見つけて楽しい夫婦生活を

夫婦 PIXTA

長く続く結婚生活、できるならずっと楽しく、幸せに歩んでいきたいですよね。その気持ちはきっと妻だけでなく夫にも存在しているはず。

仕事のことや老後のこと、子どもの教育や家族のこと、すべてを完璧にわかり合うことは難しいかもしれません。だからこそ、お互いの気持ちをちゃんと言葉にして伝え、パートナーを一人の人間として認め合い、寄り添っていきたいですね。

おすすめ記事

「夫婦円満」「夫婦げんか」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧