1. トップ
  2. 子育て・家族
  3. 子育て・家族の基礎知識
  4. 子育て・育児に便利な情報・アプリ
  5. 子どもの前で、夫婦げんかをしてしまった!子どもにダメージを残さないフォロー方法とは

監修:佐藤りか

子どもの前で、夫婦げんかをしてしまった!子どもにダメージを残さないフォロー方法とは

「子どもの前で夫婦げんかをするのはよくない」とわかっていても、ついしてしまうこともあるでしょう。けんかをしてしまったら、そのあと子どもにフォローすることが大切です。子どもに寄り添い対処することで、子どもが抱える不安などが解消されやすくなります。今回は、子どもの前で夫婦げんかをしてしまったとき、子どもにダメージを残さないフォロー方法をお伝えします。

PIXTA

子どもの前で夫婦げんかをしてしまったときは…

夫婦げんかは、子どもにストレスなど悪影響を与えてしまう可能性があるようです。普段はニコニコしているパパやママが大きな声で怒鳴り合う姿は、子どもにとっては単純に怖い光景に見えてしまうことも。不安にも感じやすくなりそうです。

とはいえ、育児に慣れるまでは生活リズムが不安定になる、ストレスがたまることもしばしば。家事や育児の疲れから、産前よりもけんかが増えたという夫婦もいると思います。

子どもの前で夫婦げんかをしたくないと思いつつも、つい感情的になってしまうことも。もし子どもの前で夫婦げんかをしてしまったとしたら、どのようにフォローをすればよいでしょうか?対処法をご紹介します。

出典元:

「ごめんね」と仲直りする姿を子どもに見せる

ごめん PIXTA

けんかした姿を見せたまま終わっていると、子どもの不安が解消されない状態になってしまうかもしれません。夫婦でお互いに「ごめんね」と言い合い、仲直りする姿まで子どもに見せましょう。

子どもが安心しやすくなるうえに、けんかをしたら仲直りをするという一連の流れを学ぶきっかけにもなりそうです。

怖い思いをさせたことを謝る

抱っこ PIXTA

子どもに怖い思いをさせてしまったことをダイレクトに謝りましょう。子どもは「自分のせいでけんかをした?」と思っている場合もあります。

「あなたのせいじゃないよ」ということ、そして「パパとママはもう仲良しだよ」ということを伝えて安心させましょう。このときに、「パパ(ママ)が悪いんだよ」と相手の悪口を言うことはNG。子どもはパパもママも好きなので、傷ついてしまう可能性があります。

笑顔で抱きしめる

笑顔 PIXTA

子どもはパパとママの笑顔が大好きです。子どもに対しても、夫(妻)に対しても笑顔でいることで、子どもは心の底から安心するでしょう。

またスキンシップ、特に抱きしめてあげることも効果的です。0~1歳の言葉がわからない子どもでも、けんかの雰囲気を察して不安に感じることがあります。パパとママが笑顔でしっかり抱きしめて、安心させてあげましょう。

夫婦は本当に仲直りしよう

仲良し PIXTA

「とりあえず仲直りしている姿を見せればいいや」という取り繕った仲直りはNGです。子どもは意外と敏感です。目を見ない、会話をしない、雰囲気がギスギスしている、などから「まだけんかしているのかな?」と、察する子どもは少なくありません。

子どもが寝た後などにしっかりと話し合いをし、けんかのわだかまりは解消してくださいね。

記事の監修

株式会社子育て研究所 代表取締役

佐藤りか

株式会社子育て研究所代表、教育コンサルタント。
ベネッセコーポレーションなど教育業界で長年勤務。幼児教育から高等教育まで幅広く知見を深める。その後、株式会社子育て研究所代表取締役に就任。子どもとママ向けのアットホームなサイト「アフェクション」、編集業「ものかき」などの運営を手掛け、自身の執筆・監修や講和も多数。各種ビジネスコンテストで大賞や優秀賞の受賞歴がある。その他、東京都主催「TOKYO STARTUP GATEWAY」にてメンター&講師を務める。プライベートでは2児ママとして仕事と家庭の両立を強く意識して活動中。

おすすめ記事

「夫婦げんか」「夫婦円満」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧