友達に突き飛ばされるのを目撃…子供間のトラブルが心配なときはどうする?

保育園はたくさんの子供が同じ空間で関わり合って過ごす場。「保育園に入れば友達とけんかもする」と心の中ではわかっていても、いざわが子が友達とトラブルになってけがをすると心配になり「いじわるをされているのでは」「乱暴な子と遊ぶのは不安」などと考えるかもしれません。しかし、1歳児の関わり合いでは、相手を意識的に嫌な目に合わせる「いじわる」をすることはほぼないようです。保育園で起きる子供同士のトラブルの背景と、相談方法についてお伝えします。

プレミアム記事

子供同士のトラブルでケガ、乱暴な子がいるのではないかと心配...

保育園はわが子にとって楽しい場であってほしいもの。ママとしては、できればトラブルなく穏やかな毎日を送れることが理想と考えやすいものですが、子供たちが一緒に遊ぶ中では、どうしてもトラブルが起こります。

もしお迎えや保育参観のときなど、わが子が友達に押されたり叩かれたりする場面を目撃してしまったら、ママは心配になるかもしれません。

ママが目にする光景は1日のうちほんの一部ではありますが、その状況だけを見れば「いじめられていたらどうしよう」「すぐに手が出る子がいるのかも」と、内心穏やかではないでしょう。

集団生活にはトラブルがつきもの

Ⓒママリ

子供の園生活について悩む保護者をサポートする「保育園を考える親の会」の普光院亜紀(ふこういんあき)さんは次のように語ります。

「1、2歳くらいまでは、気持ちがぶつかり合って、突然相手を押すなどの行動が出やすいと聞きます。保育士は子供同士の関わり合いを見守りながら、危険なときは介入するようにしているはずですが、ふとした瞬間に手が出てしまうのはなかなか止められません」

たくさんの子供たちが集まれば気持ちのぶつかり合いは避けられないもの。おもちゃの取り合いや、一緒に遊びたい気持ちのすれ違いなどトラブルのきっかけは無数にあり、完全に防ごうとすれば、子供同士を遊ばせることができなくなってしまいます。

角を立てないためには「質問形式」で相談を

避けられないこととはいえ、ちょうど友達に突き飛ばされた場面を見てしまうと「もしかしてあの子が乱暴なのでは」と考えたり、ケガのたびに「あの子にやられたのかも」と疑ったりしやすくなりますね。そのようなときは、連絡帳や口頭で先生に相談してみましょう。普光院さんによると、先生に話すときには「質問形式」がおすすめだといいます。

「どういう経緯があったのかを質問してみるとよいでしょう。保育士が前後の状況や、そのときの双方の子供の気持ちを説明できるようであれば、よく目が届かせている証拠だと思います。また、危ないことを子供にどう伝えているかも大切です。

そういった現場の状況を聞かずに、一方的に先生を責めたり相手の子を責めたりすると、保育士は子供が自由に遊ぼうとするのを制止せざるをえなくなることがあります。特定の子が気になるときは『子供がこんなことを言うのですが』「先日こんなところを見かけたのですが』と具体的に聞いてもよいですよ」

ママの相談を受けると先生が子供たちの様子を確認し、必要なら間に入るなどの対応をしてくれるそう。少し期間をあけて、また様子が気になったときには「その後はどうですか?」と質問してみてもよいでしょう。

子供のケンカはその場限り、親も「お互いさま」の気持ちで

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

今話題の記事

「保育園」「トラブル」「ケガ」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧