監修:清水なほみ 先生

姿勢と血流がカギ。妊娠後期の「背中や腰の痛み」を和らげる方法

少しずつママになる実感が湧いてくる妊娠後期。もうすぐ赤ちゃんに会えることが楽しみな反面、大きくなったおなかを支える背中や腰の痛みが気になってくるころでしょう。ただでさえ体が思うように動かない時期に、体の痛みが出てしまうと生活に支障を感じますよね。この記事では、背中や腰の痛みを少しでも楽にする対処法をお伝えします。

プレミアム記事

PIXTA

妊娠後期、背中や腰の痛みがつらい

少し歩いただけで疲れたり、おなかが張ったりする妊娠後期。動きにくさに加えて、背中や腰に痛みを感じることがあるようです。ママリには以下のような声が寄せられています。

31週ですが、30分座ると背中の右側が痛く座ってられません(*_*)
横になると痛みが収まるのですが…
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
今日いつものように赤ちゃんがおなかで動いていると急にぎっくり腰に近いような激痛に襲われました。たぶん赤ちゃんが蹴る場所によって腰がすごく痛くなります(´x x`)
あまりの痛さに歩けなくなっちゃいます。
元気に育っている証拠だとは分かっているのですがそれにしてもこの腰痛結構ツライです…
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

自分では対処しきれないほどの痛みを抱えている人もいるようです。座っていられない、あるいは歩けないほどの痛みに襲われると、日常生活もままなりませんよね。

背中・腰の痛みがおこる理由

腰痛 女性 PIXTA

妊娠後期に生じる背中や腰の痛みの要因は、妊婦がとりやすい姿勢にあります。

妊娠後期になると、しだいにおなかが重くなるため、無意識に体を後ろへそった姿勢になりやすくなります。大きなおなかを支えてバランスを取るための姿勢ではありますが、不自然な筋肉への負担がかかってしまうため、背骨の周りの筋肉はいつも緊張した状態に。結果として、背中や腰に重苦しい痛みが生じるようになるのです。

さらに、出産時に骨盤が開いて胎児が通りやすくなるように、妊娠中は関節や骨の結合、じん帯などがゆるむことも、もう一つの要因です。腰骨と背骨をつなぐ関節がゆるむため、寝返りをうつときや、片足に体重をかけた時に「ギクッ」という痛みがでる場合があります。

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

記事の監修

ポートサイド女性総合クリニック〜ビバリータ〜 院長

清水なほみ 先生

今話題の記事

「妊娠後期」「背中」「腰痛」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧