陣痛がない出産はラク?予定帝王切開の後ろめたさを変えた「ある言葉」

「帝王切開って痛くないんでしょう。いいなあ」――この言葉が、帝王切開に不安を抱える妊婦の心をどれだけざわつかせるのか、経験していない人にはわからないかもしれません。言葉を受け取ったのは、当時妊娠35週で、2週間後に帝王切開による出産を控えていた佐藤香織さん(仮名、以下佐藤さん)。「ちゃんとしたお産」とは、陣痛を耐え抜く自然分娩だけなのか。自分の出産に対する疑問を抱えた佐藤さんが、その答えを出すまでのお話を聞きました。

プレミアム記事

帝王切開は生みの苦しみがない…?

「35週の妊婦健診で、赤ちゃんの頭が私の骨盤のサイズを超えているといわれて、急に予定帝王切開に決まったんです。手術を受けること自体が初めてでとても怖くて、それを打ち明けたつもりだったのに…」友人からある言葉をかけられた日のことを、佐藤さんは振り返ります。

「帝王切開って痛くないんでしょう。いいなあ。私もそれで生みたいな」友人は笑ってそう言ったといいます。この言葉は、佐藤さんにとって思いがけず、心がチクリと痛むものでした。

「彼女はまだ出産を経験していなかったので、その言葉にまったく悪気はなかったと思うんです。でも、私はラクをして赤ちゃんを生むと思われるのかな。傍から見るとそうなのかなって」

安全な出産のために帝王切開が必要だということは、医師の説明で理解したつもりだったという佐藤さん。しかし、不意に投げかけられた「いいなあ」という言葉が思いのほか胸につかえて、消化しきれない日々が続いたといいます。

大きくなる不安を、誰にも打ち明けられなかった

Ⓒママリ

心に負った小さなダメージはだんだんと不安に変わり、佐藤さんの中で大きくなっていきました。

「医師から帝王切開の説明を受けたときは『おなかを切るのが怖い』くらいの不安だったのに、友人の言葉を聞いてからは、自然分娩との差が気になりはじめて、インターネットで調べるようになりました。

おなかを痛めないと愛情がわかないかもしれないとか、出産に立ち会わない夫は父性が芽生えない(佐藤さんの場合帝王切開が理由で立会出差ができなかった)とか。いろいろな懸念を自分で探し出して不安になる、負のループに陥ってしまいました」

陣痛がないと「ちゃんとしたお産」とはいえないのではないか。そう思い始めると、自然分娩と比べて何か良くないことがあるような気がしてなりませんでした。手術への恐怖心も、出産日が近づくとともにふくらんでいきます。

ただ、その気持ちを面と向かって誰かに打ち明ければ、また思いもよらない傷を負うかもしれません。周囲に帝王切開を経験した人があまりいなかったこともあり、相談はできなかったといいます。

心のもやを晴らしたのは、見知らぬママのブログ

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

おすすめ記事

「帝王切開」「出産」「体験談」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧