「なかなか寝てくれず、つらい…。」この生活がいつまで続くのか、と不安になっているママへ

生まれたばかりの赤ちゃんが夜なかなか寝てくれず、つらいと感じているママも多いでしょう。これがいつまで続くのか…と途方もない気持ちになり、追い詰められているママもいるかもしれません。家事をする時間もかなか取れない、どうしよう…と思ってはいませんか?筆者もそうでした。今回は、寝かしつけで悩んでいた当時の自分自身に対して手紙を書いてみました。今だからこそ言える気持ちやアドバイスが、参考になれば幸いです。

PIXTA

赤ちゃんがなかなか寝てくれない、本当につらいよね

初めての子育てで、出産してからの毎日は寝かしつけに何時間もかかって必死だった私。育児の本を見れば、「生活リズムを整えるために決まった時間に寝かしつけをしましょう」などと書いてある。でも、どんなに頑張って寝かしつけしようとしても、全然寝てくれなかった。生活リズムを整えることなんて不可能だとすら思えた。

電気を消して部屋を真っ暗にして、抱っこでトントンしても寝てくれない。授乳しながら1時間かけなんとか寝かしつけても、ベッドにおろすと背中スイッチが作動してすぐに起きてしまう…。やっと寝たと思ってそっとベッドを抜け出すと、数秒後には気付いて泣いてしまう。寝かしつけては起きる、の繰り返し。

ただ寝かしつけるだけなのに、どうしてこんなに時間がかかるんだろう、なんで寝てくれないんだろう。睡眠不足でふらふらになりながら、必死に寝かしつけを頑張っていたあの頃、毎日必死だったよね。どうして寝てくれないんだろうって考えながら、うとうとしてしまって泣き声ではっとなって起きたときもある。何をしても寝てくれなくて、赤ちゃんの泣き声を聞きながら自分も泣きたい気持ちを必死に我慢していたね。

でも、あと3ヶ月すれば楽になってくるよ

赤ちゃん 3か月 PIXTA

赤ちゃんも、生まれたばかりで寝るのが上手じゃないし、ママだって何もかも初めてだから、うまく寝かしつけできなくて当たり前。上手に寝かしつけできなくても自分を責めないでね。

赤ちゃんが上手に寝られるようになるにも、慣れが必要なんだ。うまく寝付くときもあれば、やっぱりすぐ起きてしまって時間がかかるときもある。大人だって寝付けない日があったりするでしょう?赤ちゃんだってきっと同じ、うまくできる日ばかりじゃない。

赤ちゃんは日々成長していくから、授乳やミルクも飲むのがうまくなっていくし、目からの刺激も増えていく。おなかがいっぱいになってまわりの刺激に少しずつ疲れるようになってくると、寝付きやすくなってくるよ。3ヶ月経つ頃には、いつの間にか寝かしつけも早くなってくる。ずりばいやハイハイができるようになれば運動量も増えるし、歩くようになれば夕方お散歩に行ったりボール遊びをしたりして体を動かすと、もっと寝付きやすくなるよ。

つらいときは、こうやって乗り切ってね

寝かしつけ PIXTA

背中スイッチはバスタオルを

おくるみ代わりにバスタオルを巻いてみてね。赤ちゃんの背中が丸くなるよう、授乳クッションのくぼみに乗せてあげると落ち着いて寝続けてくれるようになったよ。

ベッドへおろすときは、頭から先におろしてお尻側は後でおろすといいよ。その方が背中スイッチは作動しにくいみたい。

ママの存在を感じさせてあげる

赤ちゃんが寝てもしばらくはそばを離れないで、耳もとでママの呼吸音を聞かせてあげると安心して寝てくれたよ。ママの匂いがする服を枕元に置いておくのもよいね。

タイミングがつかめてくると、うまく赤ちゃんのそばを離れられるようになるよ。寝る前に絵本を読んであげると、赤ちゃんもママの声を聞いて穏やかな気持ちで寝る態勢に入れるから、生まれてすぐから絵本を読んであげてもよいんだよ。

無理に寝かしつけず、ゆっくりと付き合う

上手に寝てくれなくても、それがずっと続くわけじゃないよ。赤ちゃんもだんだん寝るのがうまくなってくるから大丈夫。好きなアーティストの曲を子守歌にしても、ママだって気分転換になるし良いね。

お部屋の中じゃなくても、お外をゆっくり散歩していたら歩く振動で寝てくれることもあるよ。抱っこひもで抱っこをしながら家事をしていたら、いつの間にか寝てくれるようになったよ。どうしても寝てくれないなら、無理に寝かせようとしなくても大丈夫。時間をあけてみた方が案外寝てくれたりするよ。

病院や保健師さん、アプリで相談する

ママ友がまだいなくて、悩んでも誰にも相談できずに1人で抱え込んでいない?お世話になった産院へ行ったときに悩みを相談してみても良いんだよ。小児科へ行ったときに相談してみると、子育て経験のある看護師さんが話を聞いてくれたりもしたよ。

産院の助産師さんや看護師さんも、みんなが親身になって話を聞いてくれて、気持ちがとても楽になったし子供の成長を喜んでくれたよ。なんとなく敷居が高い気がしていた地域の保健師さんも、子供が大きくなった今では電話でも相談に乗ってくれている。もっと早くに電話してみればよかったって思えるよ。

地域のすこやか相談の日には赤ちゃんを連れたママがたくさん来るからママ同士でも相談できるし、保健師さんも相談に乗ってくれるよ。相談できる人は絶対いるから、あまり構えずに気軽な気持ちで相談してみてね。ママリでも、たくさんの優しいママたちが相談に乗ってくれるよ。

子供が大きくなった今、あの頃の時間はとても大切な時間だったと思えるよ

子供 笑顔 PIXTA

仕事で忙しくなってしまった今では、あの頃みたいに付きっきりで子供の顔を眺め続ける時間なんて取れなくなってしまった。ひとつひとつの仕草に感動して、まばたきしただけでかわいい!なんて言っていたのにね。

3歳になった今では、「おやすみ」って言って隣で寝ているだけで、何もしなくてもすぐに寝てくれるようになったよ。なかなか寝てくれなくて頭をなでては眺めていた日々、あの頃をときどき思い出して成長をうれしくも感じるけど、もう赤ちゃんじゃなくなっちゃったんだなって、少し寂しい気持ちになったりもする。

赤ちゃんの期間は本当にあっという間だった。あの頃は本当に毎日が長く感じて、早く大きくなってほしい、なんて思っていたのに。今では赤ちゃんに戻ってくれたらいいのに、なんて思うこともあるのにね。

最後に

赤ちゃん 寝る PIXTA

生まれてすぐは上手に寝付けない子もいるけど、大きくなって全然寝ないなんてことはない。早く寝かせなきゃって焦らなくても大丈夫。成長して身体を動かす時間が増えれば、寝付きもよくなってくるからね。

すぐに寝付く子もいれば、なかなか寝付けない子だっている。成長には個人差があるのだから、よその子と比べなくても良い。もしかしたら、赤ちゃんは寝るよりもママのことをもっとそばに感じて安心したいのかもしれないしね。今はなかなか寝なくて悩んでいても、それも懐かしく思える日がきっと来るよ。

赤ちゃんの顔つきも日々変わっていくから、毎日たくさん写真を撮っておいて、寝てくれなくて気が滅入ってしまったときに見返してみても良いね。ママがつらすぎて限界が来る前に、頼れる人がいたら頼って、話を聞いてくれる人がいたら話して気持ちを吐き出すことも大事だよ。

寝かしつけで悩んだ経験のあるママはたくさんいるから、先輩ママにアドバイスをもらおう。気が付けば上手に寝てくれるようになるから、あまり悩みすぎないでね。

おすすめ記事

「寝かしつけ」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧