1. トップ
  2. 子育て・家族
  3. 子育て・家族の基礎知識
  4. バランスボールでの寝かしつけ!ポイントと注意点を徹底解説

バランスボールでの寝かしつけ!ポイントと注意点を徹底解説

パパママが離れるとすぐに起きて泣く…。日々の寝かしつけに困っているパパママにおすすめなのが、バランスボールを利用する方法です。産後のダイエットだけでなく、寝かしつけにも活躍してくれるバランスボール。この記事では、バランスボールの寝かしつけはいつからいつまで効果的なのか、1歳になっても使える方法なのか、危ない使い方をしないための注意点も含めてお話していきますね。

PIXTA

バランスボールでの寝かしつけはいつから?

バランスボールを使う寝かしつけ方法は、0歳から1歳までの子どもに効果的だと言われています。1歳ごろになるとバランスボールで寝かしつけなくても、添い寝をするだけで眠ってくれる子どももいますよね。

もちろん、いつからいつまでと決まっているわけではありませんので、1歳以降もバランスボールの寝かしつけを実践しても良いのですが、子どもがスムーズに眠ってくれるようになれば、自然と必要なくなることでしょう。

バランスボールで寝かしつける際のポイント

寝かしつけ PIXTA

それでは、実際にバランスボールで寝かしつけるときのポイントを見ていきましょう。

せっかく買っても寝かしつけ効果が発揮されなければ残念ですよね。ポイントを把握しておけば、バランスボールでの寝かしつけ効果を最大限に実感できるはずです。

パパママの体に子どもをピッタリとくっつける

まずは、パパママの体に子どもをピッタリとくっつけるように抱っこをすることが一つ目のポイントです。

特に首がすわっていない新生児を抱っこするときは、手で首をしっかりと支えて、パパママの体で支えてあげるようにしましょう。

寝かしつけにバランスボールを使用する際の注意点

抱っこ PIXTA

バランスボールは寝かしつけに高い効果を発揮しますが、揺れ方や抱っこの仕方を間違えると、危ない事故につながる可能性も…。赤ちゃんを安全に寝かしつけるためには、次のような注意点に気をつけてください。

子どもの首が安定するように抱き方を調整する

一つ前の項目でもお話したように、子どもの首はやわらかいので、バランスボールで寝かしつけるときは頭をしっかりと支えられるよう抱き方を調整しないと危ないです。

特に、まだ首が座っていない子どもの場合は、縦に抱っこするよりも横向きに抱っこすることをおすすめします。子どもを横向きに抱っこして、子どもの頭をパパママの体にくっつけましょう。

縦に抱っこをするときは、バランスボールに座った状態で脚を腰幅に開き、赤ちゃんを脚の隙間に座らせるようにすると安定しやすくなります。

赤ちゃん以外の子が使い方を誤らないように

お家に赤ちゃんだけでなく、お兄ちゃんやお姉ちゃんになる子どもがいる場合、バランスボールはとても楽しそうな遊戯に見えてしまいます。使い方を誤らなければ、幼児にとっても楽しい道具になりますが、一歩使い方を誤れば大事故になりかねません。

お家に赤ちゃん以外の子がいる場合は、そうした子が安易にバランスボールで遊べないようにする工夫も大切です。

出典元:

転倒に注意

バランスボールの寝かしつけで危ないのは子どもだけではありません。転倒によってパパママが事故に遭うこともあることを常に意識するようにしてください。子どもの抱っこで両手がふさがっている状態で転倒すれば、パパママがケガをする可能性も十分に考えられます。

もちろん、パパママが転倒するということは、子どもの身も危険にさらされるということ。バランスボールでの寝かしつけには危ない側面もあるので、少しでも眠気があるときには避けるなど、十分な注意を払って利用することが大切です。

バランスボールの選び方とおすすめの紹介

バランスボール PIXTA

それでは、バランスボールでの寝かしつけを始めたいと思われているパパママに向けて、バランスボールの選び方とおすすめの商品を紹介していきますね。

バランスボールの選び方

まずはバランスボールを選ぶ際のポイントについて三つお話します。

体型にあったバランスボールを選ぶ

バランスボール選びの基本は、体型にあった製品を選ぶことです。バランスボールはほとんどの場合、55cm・65cm・75cmと3種類の直径に分かれてていて、身長と腕の長さによりサイズを決めます。

体型にあったバランスボールを選ぶのは、寝かしつけに使うときも、ダイエットのために使うときも同じです。バランスボール選びの基本として覚えておいてくださいね。

アンチバーストのバランスボールを選ぶ

バランスボールには、破れたときに徐々に空気が抜ける「アンチバーストタイプ」と、風船のように破裂する「バーストタイプ」があります。

破裂するとパパママはもちろん子どもにとっても危ないので、寝かしつけに使うのであればバーストタイプのバランスボールを選びましょう。

固定リングと空気入れが付属すること

バランスボールには転倒のリスクがありますが、固定リングつきのバランスボールであれば、左右への傾きが軽減されるので安定感があります。

台座と一体化して動かないタイプの寝かしつけ専用バランスボールもありますが、産後のダイエットにも使うことを考えると、固定リングを外して通常のバランスボールとして使えるタイプのほうがおすすめ。

また、空気入れはバランスボールを使うための必需品なので、付属していることを確認してから購入してください。

寝かしつけにおすすめのバランスボール

それでは、寝かしつけにおすすめのバランスボールを厳選して紹介いたします。

【OASIS】バランスボール

バランスボール 65cm 耐荷重300kg

フィットネスクラブであるOASISが作ったバランスボールなので、品質や機能性が保証されているところがうれしい商品です。サイズは45cmから10cm刻みで、最大75cmまでの4種類で、パパママの体型にピッタリあったものが選べます。

空気入れはもちろん固定リングもついていて、カラーバリエーションも豊富。1年間の製品保証と30日間の返品保証がついているので、バランスボールでの寝かしつけを試してみたいという方でも安心して購入できるでしょう。

【スパイス】ジェリーフィッシュチェアー

ジェリーフィッシュチェア

クラゲのような形をした、台座で固定されたタイプのバランスボールです。産後ダイエットのための活用方法は限られますが、見た目がおしゃれでインテリアにマッチしますし、転倒のリスクがなくなるところが最大のメリット。

実際に寝かしつけ用のバランスボールとして出産ギフトとされることも多いようで、骨盤エクササイズをしながら寝かしつけもできるという一挙両得の商品です。

先輩ママもバランスボールで寝かしつけ

寝かしつけ PIXTA

それでは最後に、バランスボールを活用した寝かしつけの体験談を紹介していきます。先輩ママたちも使っていた寝かしつけ用のバランスボール。一体どんな風に使い、どのような効果を実感されていたのでしょうか。

揺れ方の基本は力を入れず「ボヨンボヨン」

バランスボールを使って寝かしつけようとしたとき、やはり「どれくらいで揺れればいいの?」とわからなくなる方もいると思います。歩く程度の揺れが目安ですが、歩いているときの揺れを再現するにはどのくらいの強さが良いのでしょうか?

リズムは自分が何も考えなくてもはずめるテンポでしたよ。力を入れたりも全くなく永遠にボヨンボヨンできる強さの揺れでした。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
強さとしてはポヨンポヨン程度です!(中略)とにかく揺さぶられっこが怖くてビビってたのです笑。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

寝かしつけに成功されていた先輩ママたちは、弱めに「ボヨンボヨン」と少し弾むくらいだったそうです。あまり力まず軽く体を揺らすくらいでも、バランスボールの上なら適度な揺れになるようですよ。

バランスボールの効果は?

バランスボールでの寝かしつけを迷っている方の中には、「本当に効果があるのかな?」と不安を感じている方もいると思います。

バランスボール、大活躍でしたよ
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

このように先輩ママたちの体験談では、驚くほどよく寝てくれたという意見が出ていました。しかし、全然効果がなかったという意見も…。

残念ながら、うちの子には効かないのか、全然泣き止まないし、眠らない。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

揺れ方の問題なのか、子どもの寝方にあわなかったのかはわかりませんが、バランスボールでの寝かしつけが絶対に成功するというわけではないようです。

ただ、産後のダイエットや骨盤引き締めには活躍しますので、ダイエットのついでに寝かしつけに使ってみるというスタンスでも良いと思いますよ。

結局こうなるよね…3児ママの寝かしつけあるある

関連記事:

結局こうなるよね…3児ママの寝かしつけあるある

6歳、5歳、2歳の3人の男の子を育てているまりげ(marige)(@marige333)さん…

バランスボールでの寝かしつけは安全第一で!

寝かしつけ PIXTA

バランスボールでの寝かしつけはいつからいつまででも成功しやすく、ダイエットにも役立つ方法ですが、転倒の危険もある方法です。

1歳以上になれば首もしっかりとしてきますが、1歳未満の子どもは首がとてもやわらかいので、寝かしつけに使うときも安全を第一に考えてくださいね。

頑張るママ必見!子どもの寝かしつけに効果的な方法をご紹介

関連記事:

頑張るママ必見!子どもの寝かしつけに効果的な方法をご紹介

寝ているわが子の顔は天使のようで、とってもかわいいですよね。しかし、寝…

おすすめ記事

「寝かしつけ」「バランスボール」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧