赤ちゃんの髪がボンバーヘア! このまま放置でも大丈夫? いつおさまるの? 対処法は?

髪の毛がフサフサの赤ちゃん。お風呂上がりにブラシをしたりドライヤーをかけたりしても、朝起きたら逆立ってしまっているということはありませんか?いつまで赤ちゃんの髪の毛は逆立っているのか、このままだったら切った方がよいのでは…などと悩んでいるママもいるかもしれませんね。同じようなお子さんがいるママたちに、心配しなくてもよいのか、どのくらいの時期に生えてきたのかなどを聞いてみました。

PIXTA

どうにもならない髪の毛の広がり…対処法はある?

髪の毛がフサフサで常に逆立っている赤ちゃん。今後落ち着くのか、それとも髪の毛を切った方がよいのか、悩んでいるママはいませんか?

また、特別なイベントがある日や記念撮影をするときなどは少しでもボリュームを抑えたいと思う方もいるかもしれません。ママリでも、このような投稿がありました。

娘の髪の毛がボンバー(´⊙ω⊙`)
まもなく3ヶ月になる娘がおります。
生まれたときから髪はフサフサだったのですが、ここ最近髪が上に立つようになりました…。
ボンバーヘアです…。
お風呂上がりはくしできちんととくのですが、乾くとボンバーに…!!
髪が多いからこうなるのでしょうか…?
何か対処法はありますか??
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

髪の毛がなかなか生えてこない子のママからすると羨ましい話なのかもしれませんが、抑えてもブラッシングしても全く変わることのない立ったままの髪型も、悩みの種になってしまうのではないでしょうか。

これから髪の毛はどんな風になっていくのか、どんな風にケアしていくのか。先輩ママたちの経験やアドバイスを参考にしながら、解決方法を見つけてみましょう。

方法はいくつもある!合ったものを試してみよう

髪の毛が軽くて真っすぐだから広がっているのか、毛先が絡んで広がっているのか。何が原因なのかはさまざまなようです。

ママたちからのアドバイスを参考にしつつ、お子さんに合った対処方法を試してみましょう。女の子向け、男の子向けのものそれぞれのアドバイスがありますよ。

毛の重みでそのうち普通になりそう

赤ちゃん 髪 PIXTA

ライオンどころではなく、爆発てます(笑)
そして後頭部はおハゲです😂

私もどうしたら良いのかと思って、この間自分が美容院に行った時に美容師さんに相談しました!
髪が上に生えているのは、髪が細くて軽いから。そのうち髪の毛の重みで寝て、普通になるらしいですよ〜!
なのでそのままにしておいても良いそうです❁
切るなら、上に立っていても不自然じゃない程度に切るらしいです。まだ生え揃っていないので部分的になるそうですよ!
切らないなら、ドライヤーとかしてみてって言われました😂

うちの子は、写真を見せたら予想以上!!って言われたのと、
来月結婚式に参列するのと、
もみあげの部分が耳にかかって痒そうなので結婚式前に切ろうかなと思います☆
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

髪のことは、専門家である美容師さんに聞くのが1番なのかもしれません。細くて軽い髪の毛だから、上に伸びてしまうのだといわれたそうよ。もし切る場合は、この美容師さんにおまかせすると安心かもしれませんね。

自然と直るものであれば「今だけのもの」と割り切って、あえて立った状態のかわいい姿をキープさせておくのも一つの方法ではないでしょうか。

少しだけ切ってみては?

赤ちゃん 髪 PIXTA

うちの娘もそんな感じです
後ろから見ると扇子みたいでおもろいですけどね🤪
後ろテンパぽいのはうちの娘もありましたが、毛先が細いし、枕とかの摩擦によるもんだと思います。
うちの娘も髪が長くて耳にかかってたので、毛先のところを全部一通り切ったら後頭部のテンパぽいのはもうないです。
一回少しだけ切ってみてはどうでしょうか?
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

個人差もあるのかもしれませんが、摩擦(まさつ)により毛先が絡んでいる場合もあるようですね。一度切ってみるとそういった毛先の部分がなくなり、おさまるのかもしれません。

あまりたくさん切りたくない場合は、おうちで少しだけカットしてようすを見てみてもよさそう。自信がない場合は、美容室などで相談してみてはいかがでしょうか?

タオルで髪をふいてから帽子をかぶせています

赤ちゃん 帽子 PIXTA

うちもボンバーです!
タオルで髪を拭いてから帽子をかぶせ、完全に乾ききるまでそのままにしておくと髪が寝ます。
むれるかな?とか思ってあまりやりませんが、大事な写真撮る時とか帰省の時とかはやってます😊
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

写真撮影などの大事な場面で使える、実用的な手段ですね。乾ききるまでかぶせておくというのは、この方の一つのポイントなのかもしれません。

髪の毛をどうしても寝かせたいという日があったら、一度試してみてはいかがでしょうか?帽子を嫌がる場合もあるので、あらかじめ練習も必要かもしれません。

そのまま伸ばして結べば大丈夫でした

女の子 髪 PIXTA

そのまま伸びるとボンバーが倒れてきますよ!笑!そしたらくくったりもできるのでまだ切らなくて大丈夫だと思います!
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

髪の毛が立ってしまう場合、比較的髪の毛の量が多い可能性もあるそう。結べるようであれば、上の部分だけ結ぶとスッキリしますね。小さな飾りをつけたりしてもアレンジを楽しめるのではないでしょうか。

そのうち髪の毛が重くなってくると、結ばなくても落ち着く時期に入りそうですね。「切る」ではなく「伸ばす」ことで対処する方法は、女の子によさそうですね。

男の子ならいいかも…短くカット

坊主 PIXTA

うちの子もそうでした(^-^;)多いからではないでしょうか。
ふあっさーってなってもうどうしようもなかったです…

3ヶ月すぎて首が安定してからバリカンで坊主にしたら、今伸びてきた髪が比較的落ち着いております🤣笑
でも女の子は坊主にするわけにはいかないですよね…😰
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

男の子向けの対処方法ですね。その後髪は落ち着いているということなので効果はあるようですし、スッキリとしてよいのかもしれません。

「首が安定してから」というのは大切です。バリカンを使う場合は赤ちゃんが音に怖がったり、急に動いたりする場合もあるので、安全面に気をつけて使いたいですね。

ベビーオイルをトリートメントがわりにしています

髪 ケア PIXTA

うちもいつもの事です!笑
仕方ないみたいですよ😅
ただ、うちはちょっと切ってからましになりました。
生まれた時からの細い毛が絡み合ってるので💦
生まれた時くらいの短さにカットしたら、だいぶましになりました!
そして、お風呂前と、上がりはきちんと目の細かいコームでとかしてますよ。
引っかかるのは、根元からぐいぐい溶かさずに、コームで、先端から少しずつほぐすと良いですよ😊
そして、寝る前は、軽く、ベビーオイルをトリートメント代わりに塗ってます。
そんだけやっても朝には乾燥してますけどね!笑
1歳くらいまでは周りの子も結構後頭部おハゲさんです(チリチリすぎてシーツとかにも引っかかって毛が抜けるし、カットするから)。
気にしなくても1歳過ぎれば収まって髪も伸びてきますよ😙
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

赤ちゃんの髪の毛が広がる原因はいろいろあるようですが、細い髪の毛が絡み合って広がっているこの方の場合はきちんとケアをしているようですね。また、少し切ると落ち着いたようです。

ベビーオイルは、髪の毛にも使えて便利そう。コームは目の細かいものでほぐすようにとかすのがポイントのようですね。

2歳間近になったら…サラサラロングヘアーに

女の子 髪 PIXTA

私の娘も髪が多くて5ヶ月くらいまで上に髪が立っていました笑笑
どこまでいくのだろう...と思っていたら、6ヶ月頃には、ふにゃんと髪が倒れて2歳間近の今ではサラサラロングヘアーになりましたよ👍笑
きっと今は何しても髪は立ちますね❗️
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

今はサラサラロングヘアーになっているというコメントは、悩んでいるママたちにとって希望の持てるうれしいものですね。5ヶ月から6ヶ月くらいでおさまるというコメントが多くみられました。

今のうちにたくさん写真を残しておいて、数年後「赤ちゃんのときはこうだったのよ」と、見せてあげるのも良さそう。

かわいいボンバーヘアを楽しもう

赤ちゃん 髪 PIXTA

何をやっても元に戻ってしまう…と悩んでいたママは、いろいろな対処方法があると分かっただけでも少しほっとできたのではないでしょうか。半年くらいで落ち着いてくるお子さんも多いようです。

上に広がる髪の毛については、役立つアドバイスの他に「とってもかわいい」「大人だとびっくりだけど、赤ちゃんだとこんなにかわいいんですね」というコメントもたくさんありました。

ずっとこの髪型なのではなく、今しか見れないものだと思うともっとかわいくなりますね。たくさん写真も撮って「ボンバーヘア」を楽しんでください。

おすすめ記事

「赤ちゃん」「髪の毛」「逆立つ」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧