幼稚園の預かり保育など利用者は注意!「幼児教育の無償化」を受けるには申請が必要です

2019年10月より、いよいよ幼児教育・保育の無償化が始まります。無償化の対象となるのは、幼稚園・保育所・認定こども園等を利用する3~5歳までの子供のほか、住民税非課税世帯の0~2歳の子供です(子供の年齢は2019年4月1日時点で判断)。ただし、10月になると自動的に無償化となる場合もあれば、事前に手続きをしておかないと無償化にならない場合があります。10月になる前にしっかり確認しておきましょう。

※この記事では幼児教育・保育の無償化の概要を説明しています。詳しくは利用中の施設やお住まいの市区町村に確認をお願いします。

いよいよ消費税10%へ。粉ミルクや紙おむつは軽減税率の対象?事前に知っておくべきこと

関連記事:

いよいよ消費税10%へ。粉ミルクや紙おむつは軽減税率の対象?事前に知ってお…

2019年10月から予定されている消費増税。同時に軽減税率も導入されます。軽…

出典元:

おすすめ記事

「無償化」「幼児教育」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧