1歳6か月ごろから始める幼児食、目安量や食べさせ方の工夫を紹介

1歳6ヶ月ごろになると離乳食完了期から幼児食へ進められる時期になります。幼児食と聞いても具体的にどのくらいの量を食べさせればよいのか、栄養バランスなどで注意すべき点があるのかなど、正しい進め方を知りたいと考えているママもいるのではないでしょうか。そこで、幼児食の目安量と与えるときのポイントをまとめました。また、幼児食を食べさせるときの工夫についても紹介します。

PIXTA

幼児食で1日にとりたい食品と目安量

幼児食は、朝昼晩の3回の食事からとり、取り切れない分は1日1~2回のおやつ(補食)で補います。これはあくまでも目安のため、神経質にならず子供のペースに合わせましょう。

子供の機嫌によっては食べてくれないときもあるかもしれません。栄養は1回ごとの食事で無理にとらせる必要はなく、1日を通してトータルで摂取できれば大丈夫。日によって食べない場合も3~4日くらいの単位で様子を見ましょう。

子供にとっても大人にとっても食事が楽しい時間になるように、無理のない範囲で進めてください。幼児食を始めた子供が1日に取りたい食事量について、主食・主菜・副菜・その他に分けてお伝えします。

主食

ごはん PIXTA

主食とは、ごはん、パン、うどんなどの穀類のことで、目安量は1日270g~300g。食材の組み合わせ例は以下です。

  • ごはん:子供用の茶碗1杯分(80〜100g)
  • パン:8枚切り1枚
  • ゆでうどん:1/3玉

ごはん、パン、うどんの組み合わせは自由。ご飯が好きな子供なら、3食ごはんでも構いません。子供に合わせた組み合わせで1日の合計が目安量になれば大丈夫です。

また、子供の食欲や機嫌に合わせて1食ごとの量は調整してOK。朝やお昼に食欲がないようなら、おやつに補食としておにぎりを食べさせるなど、工夫してみてくださいね。

主菜

肉 PIXTA

主菜とは、肉や魚などメインとなる食材を使った料理のこと。1日の目安量は、肉類15~20g、魚類30g、大豆・豆製品35g、卵類25gです。食材の組み合わせ例は以下を参考にしてください。

  • 肉類:赤身ひき肉大さじ1、または薄切り肉2/3枚
  • 魚類:切り身大2/3切れ
  • 大豆・豆製品:納豆20g、または豆腐1/5丁
  • 卵類:鶏卵1/2個

肉や魚をあまり食べない子供には、たんぱく質が多いチーズや大豆・豆製品を多めに食べさせて栄養のバランスをとりましょう。

副菜

野菜 PIXTA

副菜とは野菜や海藻、イモ、果物を使った料理のこと。1日の目安量は、緑黄色野菜80g、淡色野菜80〜100g、イモ類30〜50g、海藻・キノコ類10g、果物100g。食材の組み合わせ例は以下です。

  • 緑黄色野菜:ニンジン3cm、ホウレンソウ1/10束、ブロッコリー2房
  • 淡色野菜:ハクサイ1/5枚、ダイコン2㎝、キュウリ1/5本
  • イモ類:ジャガイモ1/2個、またはサツマイモ1/4本
  • 海藻・キノコ類:シイタケ1枚、またはワカメ10g
  • 果物:リンゴ1/2個、またはバナナ1と1/2本

3回の食事の中にこれだけの種類を含めたメニューを作るのはなかなか難しいと感じるママもいるかもしれませんね。おやつに蒸したサツマイモを食べさせるといった食事以外の時間を活用するのもおすすめです。

ワカメは乾燥タイプを使えばみそ汁にさっと入れられます。ブロッコリーやホウレンソウ、キノコ類は多めにゆでて冷凍保存しておくと使い勝手がよさそうです。

その他

牛乳 PIXTA

その他の食材とは、牛乳やヨーグルト、チーズといった乳製品、植物油などを指します。1日の目安量は、牛乳・乳製品200g~300g、油脂類8g。食材の組み合わせ例は以下です。

  • 牛乳・乳製品:牛乳200ml、ヨーグルト1/2個
  • 油脂類:バター小さじ1、またはサラダ油小さじ1

牛乳やヨーグルトは食事に添えても、おやつとして食べさせてもOK。油脂類は1日で小さじ1杯にとどめたいため、調理で使いすぎないように注意しましょう。

出典元:

幼児食を与えるときのポイント

食事 PIXTA

幼児食を与えるときには、意識したいポイントがあります。調理法や取り分け時の注意点について知っておきましょう。

子供の成長に合った調理法を

調理 PIXTA

この時期は子供が手づかみしやすい大きさに食材をカットしましょう。約1㎝角で約4㎝の長さのスティック状がおすすめ。

固さは、子供の前歯でかみ切れる、もしくは奥歯でつぶせる煮物や肉団子程度に。子供の咀嚼力に合わせて食材を選び、切り方や加熱時間を工夫するとよいですね。

薄味を心がけて

調味料 PIXTA

保育所の運営などをしているNPO昭和が作成した資料では、幼児食の味付けについて下記のように明記しています。

濃い味のものは味覚が育ちにくくなり、塩分の摂り過ぎは将来、生活習
慣病にむすびつきます。味付けは大人の1/3~1/2を心がけましょう。 ※1

幼児期は味を覚えていく時期。調味料はなるべく控えて、素材本来の「旨味」を味えるようにしましょう。

大人の食事と同じものを子供に食べさせたい場合は、薄味にしたものを子供用に取り分けた後で、大人向けの味付けにするとスムーズです。料理を作る手間を省くため、取り分けも積極的にやってみてくださいね。

楽しく食べられる食卓づくりを

食卓 PIXTA

家族みんなで食卓を囲み、同じものを食べる楽しみを知ると、子供は食事の時間がぐっと楽しく感じられるようになります。

幼児期は食べる量が安定しなかったり、好き嫌いが出てきたりと悩みの種がたくさんあると思いますが、焦る必要はありません。無理強いせず見守りましょう。

出典元:

基本を押さえて幼児食を進めていきましょう

食事 PIXTA

幼児食の食事量の目安と与え方のポイントを紹介しましたが、食事量はあくまでも例です。大人にも日やタイミングによって食欲が湧かないときがあるように、子供にも食べたくないときはあります。基本は押さえつつも一生懸命になりすぎずに、肩の力を抜いて進めていきましょう。

子供が少しでも食べられたときは大げさにほめてみるのもおすすめ。食事の時間が親子で楽しめるものになるように、コミュニケーションを大切にしていきましょう。

おすすめ記事

「1歳半」「幼児食」「目安量」 についてもっと詳しく知る

引用元一覧

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧