「育児で悩むのは私だけ?」産後、夫婦ともに当事者意識を持つには

さまざまな夫婦の産前と産後の変化を描く漫画連載。第4回は「夫婦で一緒に悩みと向き合うには」です。産後1か月、まだ育児に慣れない中「健診の持ち物は?」「お宮参りですることは?」などの調べ物に追われる妻。決めきれず夫に相談するものの、返ってきた言葉は「好きなようにしたら?」。妻は思わず心のコントロールを失って…。そんな状況で、夫の心境を変えた意外なものとは。

ⓒママリ

ⓒママリ

ⓒママリ

ⓒママリ

悩みを共有するために、寄り添うコミュニケーションを

心地よいと感じる夫婦の関わり方は、産前と産後で変化することがあります。例えばこの漫画のように、妻の意見に合わせる夫を好意的に思っていたのに、産後は他人事だと感じてイライラするなど。

産前と産後では家族が増え、生活は激変します。慣れない子どものお世話で余裕がない上に、育児に関する悩みが次々とわいてくる状況では、心のコントロールは難しくなるでしょう。

そんな時期だからこそ、夫婦は産前よりも、寄り添うコミュニケーションを取ることが大切と考えられます。例えば「相手は余裕がない」と考えて、話をじっくり聞くこと。あるいは「自分の気持ちは言葉にしないと伝わらない」という前提で、どうしてほしいのかをていねいに伝えることなどです。

お互いに初めての状況に戸惑う時期だからこそ、じっくり向き合って、小さな悩みも一緒に解決していけるとよいですね。

イラスト:たけ

おすすめ記事

「夫婦」「漫画」「産後」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧