1. トップ
  2. 子育て・家族
  3. 子育て・家族の基礎知識
  4. 子育て・育児に便利な情報・アプリ
  5. 年末年始の帰省が憂うつ…義実家・実家への帰省に気が重いときに検討すべきこと

監修:佐藤りか

年末年始の帰省が憂うつ…義実家・実家への帰省に気が重いときに検討すべきこと

「長い休みには帰省を期待される…」「義実家(実家)に帰るのがおっくう」と思う人もいるでしょう。今年は新型コロナウイルス感染症の影響もあり、外出は自粛傾向。しかしそれでも「年末年始は帰ってくるでしょう?」という連絡がくることも。「コロナの影響で今回はやめておきます」では断り切れない事情がある場合、ストレスが軽減できる対処方法をご紹介します。

amana images

義実家・実家への帰省ストレスを減らす方法6つ

せっかくの休みですから、ストレスなく楽しく過ごしたいですよね。帰省ストレスを減らすためにはどうしたらよいのか?その方法を六つご紹介します。

「よい嫁(婿)」を目指さない

嫁 PIXTA

誰しも、少なからず自分のことを良く思われたいと振る舞うものです。「よい嫁(婿)だと思われたい」という意識から、手伝いに動き回ったり、会話を盛り上げるために気遣ったりすることでしょう。その結果、疲れることになってしまいます。

失礼がない態度は大切ですが「よく思われたい」という気持ちは抑えてみてはいかがでしょうか。よい嫁(婿)でなくても大丈夫。頑張り過ぎない、そのままの自分の方がよく見えるかもしれませんよ。

夫(妻)には義父母との間に立ってもらう

義母 PIXTA

育児をしてきた時代の違いから、義父母とは育児方針に違いが出ることがあります。例えば、子どもにすぐおやつを与えたり、危ない遊びをしたり。

しかし、義父母が相手では「やめてください」と言いづらいですよね。そこで、夫(妻)経由で伝えてもらいましょう。事前に「こんなことをされそうになったら、こう言ってね」と、シミュレーションしておくとより安心です。

聞き流すことを意識する

義母 PIXTA

「子どもはいつ?」「2人目は?」など、聞かれたくないことを言われそうな場合は帰省がおっくうですよね。こんなときは聞き流すことを意識しましょう。愛想笑いでスルーしてもOKです。

あらかじめ夫(妻)と打ち合わせしておき、「こう言われたらあなたが対処してね」と決めておくこともよいでしょう。

義父母や親戚との付き合いは、この先もあります。聞き流す術はとても有効ですので、今のうちから鍛えるつもりで訓練してみてくださいね。

ホテルに宿泊する

宿泊 PIXTA

実家(義実家)に泊まることがストレスだと感じる場合は、近くのホテルに宿泊することもありです。「子どもが夜泣きをするので」や「寝具などのご負担をかけるので」「ホテルのほうがより旅行気分で」などと伝えるとスムーズです。

それでも「うちに泊まって!」と言われた場合は、正直に「気を遣うので」と言ってしまってもよいでしょう。

思い切って「行かない」という選択

帰省 PIXTA

精神的な負担が大きければ「行かない」という選択もよいでしょう。または夫(妻)と子どもだけで帰省してもらうのもありです。その際は、事前に電話やメールでお世話になる旨を伝えておくとよいでしょう。

季節柄、「感染症がはやっているので…」「体調がいまひとつで…」ということを理由にしてもよいと思います。

反対に自宅へ来てもらう

祖父母 PIXTA

長期休みだからと言って必ず帰省しなければいけないわけではありません。反対に「来てもらう」こともよいでしょう。

子連れで移動が大変という問題も解消されます。自宅の掃除や料理をおっくうに感じるのであれば、外食や日帰りでのお出かけを提案する、というのも一つの方法です。

まずは憂うつの原因を考えてみよう

考える PIXTA

「実家(義実家)への帰省が嫌だ」という人は少なくありませんが、その理由はそれぞれです。まずは憂うつに感じる原因を考えてみましょう。

「手土産を選ぶのが嫌」なら夫(妻)に任せてしまいましょう。「出される料理が口に合わない」のであれば、事前に食事をしてから行くのもよいでしょう。

「嫌なことを言われる」「気をつかう」など、どの点に負担を感じるのか原因を探り、解消できる方法を見つけてみてくださいね。

記事の監修

株式会社子育て研究所 代表取締役

佐藤りか

株式会社子育て研究所代表、教育コンサルタント。
ベネッセコーポレーションなど教育業界で長年勤務。幼児教育から高等教育まで幅広く知見を深める。その後、株式会社子育て研究所代表取締役に就任。子どもとママ向けのアットホームなサイト「アフェクション」、編集業「ものかき」などの運営を手掛け、自身の執筆・監修や講和も多数。各種ビジネスコンテストで大賞や優秀賞の受賞歴がある。その他、東京都主催「TOKYO STARTUP GATEWAY」にてメンター&講師を務める。プライベートでは2児ママとして仕事と家庭の両立を強く意識して活動中。

おすすめ記事

「義実家」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧