1. トップ
  2. 出産
  3. 赤ちゃんの命名・名付け
  4. 2020年に生まれた赤ちゃんの名付けエピソード〜きょうだいと関連した名前〜

2020年に生まれた赤ちゃんの名付けエピソード〜きょうだいと関連した名前〜

子どもの名付けは悩みますよね。2人目、3人目などすでにきょうだいがいる場合は上の子の名前と関係のあるものにしたい、同じ漢字を使いたい、似た響きにしたいなどさまざまな希望があるかもしれません。そこで、きょうだいと関連した名付けエピソードをママリで調査しました。名付けで悩んでいるママにとってはヒントになるものもあるかもしれません。

amana images

ママリで募集した、きょうだいと関連した名前のエピソード

ママリでは、2020年に生まれた赤ちゃんの名付けエピソードを募集しています。2020年10月から募集を開始し、1か月の間に2,000件以上のエピソードが集まりました。

この記事では、集まった投稿の中から「きょうだいと関連した」名付けエピソードをカテゴリ別にご紹介します。

  • 上の子とつなげました
  • 上の子が選びました
  • テーマに沿って決めました
  • 上の子と同じ漢字を使いました
  • 上の子が決めました
  • 上の子はパパから一文字、下の子はママから一文字とりました
【名付けに込めた思いを大募集】名付けエピソードを投稿して豪華プレゼントがもらえるチャンス!

関連記事:

【名付けに込めた思いを大募集】名付けエピソードを投稿して豪華プレゼントが…

2020年にご出産された方、おめでとうございます。また毎日の育児、本当にお…

上の子とつなげました

きょうだい amana images

大空(ひろあ)

夫婦でいろいろな案を出した結果私の案で決定しました。上の子に空がついているので姉弟でつなげ、キラキラネームではないけど響きのよい名前を探していたら見つけた名前です。

伍(あつむ)

上の子が漢字一文字で読みが三文字で意味が人の上に立つ人という意味で、伍は協調性のあるという意味だったので決めました。

陽翔(はると)

上の子が陽菜(ひな)なので、漢字をあわせて陽翔にしました。

上の子が選びました

おねえちゃん PIXTA

岳晴(たけはる)

なかなか夫婦で意見が合わず時間がかかりましたが、明るく前向きな漢字を取り入れたい私と自然が好きな夫の好みが合わさった名前が見つかりました。最終的に候補の名前(晴一、桜太郎、忠道など)を紙に書き出し、2歳の上の子に誰がいいか聞いたところ夫婦の中でも第一候補だった名前を指差してくれて決定しました。

楓磨(ふうま)

11月生まれなのと、もともと「ふうま」が候補にあり楓がピッタリだと思った。楓のように自分らしい自分だけの色をつけて成長していってほしいと思います。

また、上の子の名前は頭文字が「と」で、2歳5か月の上の子に「ふうま」と「と○」どっちがよいかな?と聞いたら「ふーま!」と答えて家族皆が気に入っています。

関斗(かんと)

上の子と赤ちゃんの名前何がいいかなって話をしていて、ある日布団に入って寝ようとしていたら突然「思い付いた!」っていったのだ「何?」って聞いたら「かんとくん」と赤ちゃんの名前をいいました。理由を聞いたら「缶を捨ててくれるから」といってました。漢字はお父さんが中国の三国志の「関羽」から私が付けたかった「斗」の字を選びました。

テーマに沿って決めました

海 PIXTA

海李(かいり)

1番上の子は空にちんだ名前。2番目の子が大地にちんだ名前。そして今回3番目の子には海にちんだ名前がいいねと話していました。

男の子だと分かったときに1番上の子に、どんな名前がいいかなーと聞いてみたら「いり君がいい!」と。でもそのままでは呼びづらいよね、でも上の子の思いも尊重したい。じゃあ海をつけて「海り」がいいね!となりました。

光哉(こうや)

男の子だったので、旦那さんに晴の漢字が入って、上の子も陽の漢字を入れたので空に関する字がいいと思い付けました。明るく育ってほしいです!

大輝(だいき)

温かい人になってほしくて輝くという字を入れました。周りを温かく優しい気持ちにしてくれる子に育って欲しい。そして何事にも大きくチャレンジしてキラキラ輝く人生を送って欲しいと心から思います。

上の子も温かいイメージで春翔と名付けました。漢字は全く違いますが温かい人。というのを大事にして名前をつけました。将来思いやりのある人になってほしいです。

上の子と同じ漢字を使いたかった

きょうだい PIXTA

太陽(たいよう)

上の子と同じ漢字を使いたかったから「陽」「葵」のつく名前を考えていた。出産したは朝の6時で分べん室から病室に戻ったとき、窓の外をみたら梅雨時期(6月)に関わらず快晴だったから「太陽」となりました。

花音(かのん)

上の子の名前で使った漢字と少しリンクさせつつ、周りの子とは被らない名前をつけたいと思っていた。性別が分かる前に、男女ともに候補を考えていたときにカノンがピンと来たので胎児ネームにし、その後性別が女の子と判明したのでそのままカノンから字画と読みやすさなども考えて花音にしました。

杏奈(あんな)

2人目だったので、上の子と一文字そろえたい気持ちが強すぎて、そうなるといろいろ限られてくるので1人目よりも難しかったです。だけど旦那が、漢字も意味も画数も含めていい名前を考えてくれたので、その名前にしました。

詩(うた)

上の子と漢字をそろえたいた思い、候補の名前は数個あったものの、画数を気にしてしまいなかなか名前が決まらず出産を迎えました。上の子と漢字をそろえることにこだわらずに再度名前を一から考えたとき、夫が「詩は?」と。

響きもかわいらしく、「自分の思いに素直に、自分らしく生きていってほしい」という親の願いにぴったりの名前だったので決定しました。

和佳奈(わかな)

第二子の出産です。検診で女の子だとわかってから、上の子(女)の名前で使った漢字を1文字使いたいな〜と考えていました。

姉妹になるので、関連性があるようにしたらかわいいんだろうな、と思ったからです。漢字の読み方は違いますが、気に入って付けた名前です!

月杏(るあ)

上の子の名前に「杏」を使っていたので、「〜杏」になるように名付けしたくて、候補として「兎杏とあ」「月杏るあ」があがりました。9月に産まれるということなので、どちらもお月見を連想させる名付けです。

七菜(なな)

上の子の名前にも入っている菜を下の子にも入れたくて、いくつか候補を考えていました。最終的には生まれてきてから顔つきを見て候補の中から七菜に決めました。

上の子が決めました

きょうだい PIXTA

祢音(ねね)

6歳のお姉ちゃんが、名前を決めてくれました。漢字は私ですが。上の子にも音の漢字が入っているので合わせたくて、名付けのサイトを見て画数が1番いい組み合わせにしました!

詩都(しづ)

旦那さんが上の子(女の子/3歳)の漢字を使いたいといっていたけれどなかなか気にいる名前がなく、なんとなく上の子に「なんて名前がいい?」と聞いたら「しづ」と答えそれ以降何度聞いてもその名前をいい続けるし夫婦共に気に入ったので画数などを見て漢字を組み合わせその名前に決まりました。

百花(もか)

上の子が4歳(女の子)なのですが赤ちゃんがおなかの中にいると伝えてから 赤ちゃんに「みるくちゃん」と名前をつけて毎日おなかに話しかけてくれてたました。生まれて面会もできなくて 退院してそのときに上の子に「お名前何がいいかなぁ?」っていったら「もかちゃん」ってすごい笑顔でいってくれたので 決めました。

麻珠(あず)

上の子(4歳)に、両親がいろいろな名前を提案したけど全て却下され、最終的にはお姉ちゃんが決めました。

上の子はパパから一文字、下の子はママから一文字とりました

きょうだい amana images

大和(やまと)

1人目の名前をパパから一字取りさらに男の子なので画数をみて決めました。2人目も同様に今度はママから一字取り画数をみて決めました。

上の子が太陽(たいよう)という名前なので、太陽に関連する名前にしようとも思いましたが、大きくなって名前の由来を聞かれたときにお兄ちゃんにはしっかりとした由来があるのに弟にはノリで付けたみたいになったらかわいそうかなと思い兄弟同じように名付けしました。

穂乃花(ほのか)

上の子はパパの名前を1文字とって最終決定もパパだったので、今回はママの名前を1文字とって最終決定もママがする事になりました。切迫早産で予定日よりも早まるかもしれなかったので季節も意識して夏生まれ、秋生まれのどちらでもいいように候補を考えました。

候補が3個ほどあったのですが顔を見てから決めることにしました。産まれてすぐに候補のなかからこの子にはこの名前がぴったりだなと思えるものに決まりました。

2020年にご出産された方は、ぜひ投稿してくださいね!

【名付けに込めた思いを大募集】名付けエピソードを投稿して豪華プレゼントがもらえるチャンス!

関連記事:

【名付けに込めた思いを大募集】名付けエピソードを投稿して豪華プレゼントが…

2020年にご出産された方、おめでとうございます。また毎日の育児、本当にお…

おすすめ記事

「名付け」「きょうだい」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧