1. トップ
  2. 子育て・家族
  3. 子育て・家族の基礎知識
  4. 子育て・育児に便利な情報・アプリ
  5. もうすぐ母の日。義母&実母には何を贈る?予算はどのくらい?

もうすぐ母の日。義母&実母には何を贈る?予算はどのくらい?

結婚していると実母だけではなく義母の存在もあり、母の日には何をあげるか迷っているという方もいるのではないでしょうか。せっかくなら喜んでもらえるものをあげたいところでもあります。そこで、ママリに寄せられた質問と、母の日にはいくらくらいでどんなものをあげているのか回答を紹介。贈り物選びに悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

amana images

母の日の予算は?何を贈る?

ママリに寄せられたのは、母の日にどんなものを渡すのか知りたいという投稿です。

母の日に、お幾らのものを渡しますか?もし良ければ、渡す物も教えてください😍
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

誕生日と同様、毎年のことですから前の年と重複しないように、好みに合うように、といろいろと考えると迷ってしまいますよね。先輩ママはどのようなものを贈っているのでしょうか。

予算は3,560円で子どもの写真入り紅茶缶

母の日 PIXTA

ベビフルというサイトを使って子どもの写真入りの紅茶缶をプレゼントしました☺️
送料込みで3560円でした!
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

ありきたりなものになってしまうという方には、写真入りでこの世にひとつしかないようなものがおすすめ。

ネット上で簡単に作ることができますし、子どもの写真入りなら、毎年贈っても成長が見られるので喜ばれそうですね。

予算は5,000円でそれぞれの好みに合わせたグルメやお酒

5000円くらい。
実家の母は、ビール。
義理の母は、チョコと日傘にしました😊
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

お酒好きな方には、シンプルにビールが一番喜ばれるかもしれません。甘いものが好きなら高級なチョコレートに雑貨を添えるとおしゃれですね。

予算は5000円で両家に花

母の日 PIXTA

毎年送料込みで5000円の花を送っています。
実家も義実家も同じものです。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

母の日の贈り物といえばお花。実家と義実家の両方に同じものを贈るのもよさそうですね。

花なら毎年種類を変えることもでき、枯れてしまうので、毎年贈っても喜ばれそうです。

好きなキャラクターのグッズ

ムーミンのミィにハマってるらしいので、ミィの日傘、ランチバッグ、マグカップにしました!
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

好きなキャラクターがあるなら、そのグッズを贈ればどんなものでも喜んでもらえそう。予算は5,000円くらいでしょうか?毎年少しずつ贈って、身の回りの物をそろえてあげたいですね。

良い家電や高級総菜

惣菜  PIXTA

少しいいドライヤー
ジブリの陶器に入ったドライフラワー
自宅で食べるいいお値段のお取り寄せ惣菜
が良かったかなーと思います!美顔器的な物は全然使われず終わりました😂
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

ふだん自分では買うことがなさそうな美容家電や高級なお取り寄せの惣菜など、特別感のあるものも素敵ですね。

家電については、贈っても結局使われなかったということもありえるため、必要かどうか事前に確認したほうが安心かもしれません。

服をコーディネートしてプレゼント

チョコが好きなのでチョコと
孫の写真入り卓上カレンダーにしました!
カレンダーは600円くらいでした♪
いつもは服をコーディネートして
渡していましたが今は外出できないので
お菓子とかいいかと思います♪
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

今は外出する機会がなく、別のものにしているとのことですが、毎年服をコーディネートして贈るのも素敵ですね。

お出かけ好きかどうかなど、行動範囲や趣味に合うものを選ぶのがよいでしょう。

ふだん買わないようなものや好みに合うもの

母の日 amana images

選択肢が多い分、何がよいのか悩んでしまいがちです。どうしても決まらないときは、何がほしいのか聞いてしまうのも一つ。一緒に洋服を選ぶというのも、素敵なプレゼントになりそうです。

花や酒など消耗品であれば、毎年同じものを贈っても喜んでもらえそうですね。

おすすめ記事

「母の日」「実母」「義母」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧