1. トップ
  2. 子育て・家族
  3. 子育て・家族の基礎知識
  4. 子育て・育児に便利な情報・アプリ
  5. 毎日着るアウター。洗濯機で洗わずに「袖口の汚れ」のみ時短で簡単に落とすワザ

監修:佐藤りか

毎日着るアウター。洗濯機で洗わずに「袖口の汚れ」のみ時短で簡単に落とすワザ

アウターを着たまま遊ぶと、すぐに袖口ばかりが汚れてしまいがち。しかし、汚れたからといってその都度クリーニングや洗濯をするのは大変。実際に、アウターは何着も持っていないから洗濯のタイミングが難しい、汚れがなかなか取れないといった悩みを抱えている方もいるのでではないでしょうか。今回は、アウターの袖汚れを簡単に落とす方法をお伝えします。

PIXTA

アウターの袖汚れを簡単に落とす方法

アウターは寒い日には毎日着ることになります。着たまま公園で遊んでいたりすると、すぐに汚れてしまいますよね。また、子どものアウターは明るい色を選んでいる場合もあるため、余計に汚れが目立ってしまうことも。

できれば、毎日きれいな状態で着せてあげたいもの。そこで、クリーニングや丸洗いをしなくても汚れ部分だけ簡単に落とすことができる方法を紹介します。

泥汚れはウタマロ石けんでつけ置き洗い

手洗い PIXTA

ウタマロ石けんは、ガンコな汚れを落としてくれるからと、すでに愛用している方もいるのではないでしょうか。汚れ部分にウタマロ石けんをつけてもみ洗いをし、ぬるま湯が入った桶などにつけておきます。しばらくして、すすぎ洗いをすればOKです。

ただし、ウタマロ石けんには蛍光増白剤が入っているため、色柄物は色落ちや変色する可能性あります。初めて洗うものについては、目立たないところで試してから洗うとよいでしょう。

出典元:

皮脂汚れは食器用洗剤とスポンジで洗う

洗剤 PIXTA

皮脂汚れについては、汚れたところに食器用洗剤をかけ、その後スポンジなどで優しくたたきましょう。それでも落ちない場合はメイク落とし用のクレンジングオイルを使うこともおすすめです。

汚れが落ちたあとは、人肌に温めたお湯で濡らしたタオルで拭き取ればOK。部分洗いは、ぬらす範囲が狭いためドライヤーなどで乾かせば、翌日にまた着ることができる点もうれしいポイントです。

出典元:

袖汚れを阻止するアームカバーもおすすめ

粘土 PIXTA

「そもそもアウターを汚したくない!」「できるだけ洗いたくない」のであれば、袖汚れを防止するアームカバーを使うことも一つの手です。市販でかわいい絵柄のものが多数販売されていますし、手作りするのもよいでしょう。

アームカバーは、アウターの袖汚れ防止以外にも、ごはんを食べるときや絵の具、粘土遊び、砂遊びのときなどにも、洋服の袖汚れ防止として活用できますよ。

「汚しても大丈夫!」で楽しい遊びを

砂場 PIXTA

子どもを思い切り遊ばせたい、と思う反面、「汚さないでほしい」という気持ちはありますよね。今回ご紹介した、袖汚れを簡単に落とすスキルを身につけておけば、そのような葛藤が軽減できるのではないでしょうか。

また、子どものアウターだけでなくママやパパのアウターにも活用できます。ぜひお試しください。アウターの素材によっては変色などの可能性があるため、あくまでも部分洗いにとどめ、長時間濡れたまま、洗剤などがついたままにしないようにしてくださいね。

100均グッズを使って、マスクをきれい収納!玄関に置くだけでOKなおしゃれワザを公開

関連記事:

100均グッズを使って、マスクをきれい収納!玄関に置くだけでOKなおしゃれワザ…

毎日の生活に欠かせないものとなりつつあるマスク。使い捨てのものから、繰…

記事の監修

株式会社子育て研究所 代表取締役

佐藤りか

株式会社子育て研究所代表、教育コンサルタント。
ベネッセコーポレーションなど教育業界で長年勤務。幼児教育から高等教育まで幅広く知見を深める。その後、株式会社子育て研究所代表取締役に就任。子どもとママ向けのアットホームなサイト「アフェクション」、編集業「ものかき」などの運営を手掛け、自身の執筆・監修や講和も多数。各種ビジネスコンテストで大賞や優秀賞の受賞歴がある。その他、東京都主催「TOKYO STARTUP GATEWAY」にてメンター&講師を務める。プライベートでは2児ママとして仕事と家庭の両立を強く意識して活動中。

おすすめ記事

「汚れ」「洗濯」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧