新生児の服は洗濯後に外に干しても問題ないの?

新生児の赤ちゃんの洋や肌着などの洗濯物って外干し?室内干し?デリケートな赤ちゃんのお肌に直接触れるものだけに悩みますよね。花粉に黄砂…いろいろ心配で室内で干しているママさんが多いようです。今回はデメリットが多いと思われる外干しについてまとめてみました。新生児洗濯に悩んでいるママ、ぜひ読んでみてくださいね。

PIXTA

新生児の服は外に干しても問題はないのか?

新生児の赤ちゃんの洗濯物はやっぱり室内干し?それとも外干しでも大丈夫かな?デリケートな赤ちゃんのお肌に直接触れるものだけに悩むものです。

こちらでは洗濯物を外干しにすることのメリットとデメリットやその対策についてお話したいと思います。

洗濯物を外に干すメリット

洗濯物 PIXTA

天気のいい日ってそれだけで気持ちいい!洗濯物を外に干すメリットをご紹介します。

いやな臭いを防いでくれる

太陽の光に含まれる紫外線によって細菌数が減少し、いやなニオイを防いでくれます。また、細菌の繁殖には水分が必要なので、早く乾燥することも細菌が繁殖しにくいポイントです。

早く乾く

ベビー服やスタイ、ましてや布おむつで育児をしていたら、とにかく洗濯物が多くて早く乾いてほしいですよね。よく晴れた日は洗濯物がよく乾き、スピーディーに洗濯が完了します。

外干しの1番のメリットですよね。

でも季節によっては困ることも!

ショック PIXTA

強い風の日には特にご注意を。季節により外干しにはこんなデメリットがあります。

赤ちゃんの体に心配な黄砂やPM2.5

春からGW頃まで何かと悩ませてくれる花粉と黄砂やPM2.5。大気汚染物質のPM2.5や花粉が赤ちゃんに影響しないか心配ですね。

そのような時は日本気象協会が公開しているPM2.5の飛散状況や花粉の情報をチェックしましょう。飛散の多い日は外干しをせずに、室内に洗濯ものを干した方がママも安心ですね。

tenki.jp

室内干しにする時は?

室内干しにするときは室内に湿気がたまりやすくなります。洗濯したてのときは臭わなかったのに、だんだん洗濯物から嫌な臭いがしてくることがあります。

これは衣類に付着していたたんぱく質汚れや、生乾きの状態で繁殖した細菌のにおい。細菌や汚れ、乾かしている時の温度条件などが複合して、いやなにおいを生むと言われます。

大切なのは部屋を除湿すること。除湿器を使いながら、衣類と衣類の隙間を空けて風の通り道を確保し、空気清浄機や扇風機で風を通しましょう。

出典元:

ベビー服のお洗濯!皆さんの体験談

洗濯もの 干す 家族 PIXTA

それでは実際に赤ちゃんの洗濯物を外干しされている方の体験談をご紹介しますね!

1.爽快感を味わえる!

よく晴れた日に、洗濯物を外に干すって、爽快だと思いませんか?それが、赤ちゃんのものだったら、洗濯物さえ、愛しく可愛く見えたものです。

太陽の匂いがする赤ちゃんの洗濯物をたたむ時、幸せを感じませんか?洗濯物を外に干す爽快感、私は大好きでした。いえ、今も大好きです。 出典: okwave.jp

よく晴れた日に洗濯物を干す爽快感!わかります。私はウキウキします。新生児の赤ちゃんの服って特別小さくて可愛いので干しながらときめいていました。

2.黄ばみがきれいになくなる!

我が家は熱めのお湯で手洗い→液体アリエールで洗濯機→天日干しで全部きれいになります。洗濯機から出した後は黄ばみが残っているのですが、天日干しをするときれいになくなるので、おそらくお日様のおかげではないかと思っています。一度日当たりのよい場所にじっくり干してみてください~(^-^) 出典: detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

こちらは洗濯をしても肌着についたウンチのシミが消えないお悩みについての回答です。うちの子供の新生児期に、洗濯物を見て気になっていたシミが薄くなったなぁと何気なく思っていたのですが、お日様のおかげだったのかもしれませんね。

よかったら試してみてくださいね!

赤ちゃん 笑顔 母親 PIXTA

私は洗濯物は外に干す派の一人です。天気のいい日に干した洗濯物をたたみながら、ふかふかのタオルに思わず顔をうずめ味わう幸福感!

デメリットが多いと思われがちな洗濯物の外干しですが、外に干すことのメリットもたくさんありました。気象の条件も考慮しながら、気持ちの良いお洗濯ライフを過ごしたいですね。

「新生児」「服」「洗濯」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧