1. トップ
  2. 住まい
  3. 家電製品・キッチン用品・生活用品
  4. 衣替えしない収納がおすすめ!子ども服もクローゼット収納で衣替え不要に

衣替えしない収納がおすすめ!子ども服もクローゼット収納で衣替え不要に

季節の変わり目に「衣替えがゆううつ」と思われるパパママもいるのではないでしょうか。季節ごとの洋服をすべて入れ替える衣替えは大変な作業ですが、その悩みを解消する「衣替えしない収納」をご存知でしょうか?この記事では、ウォークインクローゼットや収納ケース、タンスなどすべての収納場所で活用できる衣替え不要の収納についてお話していきます。パパママの洋服はもちろん、子ども服も衣替えしない収納にすると衣替えの手間が省けますよ。

PIXTA

衣替えは大変!悩むママの体験談

季節ごとの衣替えは毎回大変。ママリに寄せられた投稿を見ると、多くのママたちが衣替えで悩んでいるようです。

どのように収納するか、いつ衣替えをするべきか…と、皆さんの悩みは尽きないようで、多くの衣替えに関する悩みが寄せられていました。

衣類圧縮袋に出し入れする手間にイライラ

収納スペースが狭かったりクローゼット収納ができなかったりするお家で、収納スペースの削減に役立つ衣類圧縮袋。しかし、衣類圧縮袋への出し入れでイライラしてしまい、衣替えがゆううつだという方もいらっしゃいました。

我が家は古い為、クローゼットではなく
押し入れしかありません。
(中略)
なので、衣類は毎シーズン、いちいち圧縮袋から出してはしまい…をしています。
(中略)
手間ばかりでイライラです…
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

確かにきれいに洋服をたたみ、衣類圧縮袋に入れ、空気を抜いた後に整理して収納するという工程は手間がかかりますよね。おまけに、少しでも傷がつくと空気が入り込み、気づいたら袋が膨れていることもしばしば。

新しい衣類圧縮袋を購入してまたやり直して…と繰り返していると、衣替えのときだけでなく、収納自体が面倒になってしまうかもしれません。

いつ衣替えするべきか悩む

季節の変わり目は気温が不安定ですから、いつ衣替えをするべきかと悩むママも多いようですよ。

みなさんもう衣替え
されましたか?
朝晩寒く日中暑いので
どうしようかと…
裏起毛はもういらんかな…と
思いながら悩んでます!
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

日夜の気温差は衣替えで一番の悩みとなりがち。一度片付けたとしても、気候が安定しなければまた出さなければならなくなる可能性もあるので、タイミングを見計らうのが難しいですよね。

特に最近は以前と気候が変わってきていますし、パパママたちは子どもには気候にあった洋服を着させたいと思うでしょうから、いつ衣替えをするべきかと悩む方は少なくないと思います。

衣替えをしないのも一つの手段

収納 PIXTA

収納スペースやタイミングの問題で悩みがちな衣替え。いっそのこと、「衣替えをしない」というのも一つの方法です。子ども服も収納方法次第で衣替えしないこともできます。すべての季節の洋服を、1か所にまとめてしまえば衣替えは不要。

しかし、今までワンシーズンごとに衣替えをしてきた人にとっては、衣替えをしない収納がイメージできないかもしれません。衣替えをしないことにはどのようなメリットとデメリットがあるのか見ていきましょう。

衣替えをしない収納のメリット

それでは、衣替えをしない収納のメリットからお話していきます。

  • どんな服があるのか把握できる
  • 洋服が増えにくい
  • 洋服の手入れがしやすい

衣替えをしない収納では、衣替えをしなくても良いので手間が省けることが最大の理由ですが、収納場所を1か所にすることで洋服が増えにくくなる、オフシーズンの洋服も手入れしやすいなどのメリットもあります。

洋服を1か所に集中させることで、持っている洋服の数や状態がわかりやすくなることがメリットだと言えるでしょう。

衣替えをしない収納のデメリット

衣替えをしない収納にはメリットもありますが、次のようなデメリットもあります。

  • 収納スペースが足りなくなることがある
  • 収納方法によってはオフシーズンの洋服が汚れることも

1か所にすべての洋服を収納するのですから、収納スペースが足りなくなることがあります。洋服を増やしてしまうと、ぎゅうぎゅう詰めの収納になる恐れも…。

また、収納方法によっては、オフシーズンの洋服にほこりがついてしまうなど、汚れの原因になることもあるでしょう。

衣替えをしない収納はどのような人に向いている?

メリット・デメリットの両方がある衣替えをしない収納。毎シーズンの衣替えがストレスになっている方にはもちろん、なるべく物を増やしたくないという方にも向いています。

メリットとしてもお話しましたが、収納スペースを1か所にすることで洋服の全体像を見渡せるようになり、似たような洋服を購入することが少なくなります。また、「収納しきれないから」という理由で、洋服の購入を控えられるようになるかもしれませんね。

上手な整理&収納方法を教えて!どんどん増えていく子供服。みんなの工夫BEST6

関連記事:

上手な整理&収納方法を教えて!どんどん増えていく子供服。みんなの工夫BEST6

皆さんは、子供服をどのように整理していますか? 保育園へ通いはじめると…

衣替えを必要としない収納方法を紹介

収納 PIXTA

それでは、これから衣替えをしない子ども服の収納を実践していきたいという方に向けて、収納のコツについてお話していきます。

収納ケースやタンス、ウォークインクローゼットなど、さまざまな収納スペースで衣替え不要な収納方法を見ていきましょう。

ウォークインクローゼットの衣替え不要な収納術

ウォークインクローゼット PIXTA

衣替え不要な収納で最もおすすめなのがウォークインクローゼットへの収納。ただ洋服をかけていくだけで衣替え不要な収納が完成します。洋服の種類ごと・季節ごとに分けてかければ、目当ての洋服がどこにあるかわかりやすくなるはず。

小さな子ども服はクローゼット収納の下部が大きく開くので、次に紹介するケースでの収納と組み合わせる方法や、突っ張り棒を使って上下2段にかけられるようにするのもおすすめです。

収納ケースで衣替え不要な収納をする方法

衣装ケース PIXTA

収納ケースを使う方法では、洋服の種類ごと・季節ごとに洋服を分けたら別々のケースに片付け、後方や下のほうにオフシーズンのケースを、前方や上のほうに今着る洋服のボックスを置くようにケースの位置を調整しましょう。

ただし、子ども服はシーズンごとにくっきり分けるよりも、さらに小分けにして収納します。小分けにして初秋物をすぐに取り出せるようにしておくと、季節の変わり目の気温変化にも対応できて便利ですよ。

タンスで衣替えしない収納をするには?

タンス PIXTA

タンスで衣替えしない収納を実現させるには、季節ごとに引き出しを分けて収納すれば使いやすくなります。

引き出しを入れ替えられるタンスなら、上のほうの引き出しに季節のものを、下のほうにオフシーズンの洋服を収納するよう入れ替えればさらに取り出しやすくなりますね。

子ども服は100均の収納ケースや仕切り板などを使って、洋服の種類ごとに整理して片付けましょう。

自宅から出ずにクローゼットを断捨離!宅配・出張古着買取サービス

関連記事:

自宅から出ずにクローゼットを断捨離!宅配・出張古着買取サービス

気が付くとクローゼットに溜まっていく古着。もう着ないのに捨てる勇気が出…

衣替えしない収納で季節の変わり目も楽ちん!

クローゼット PIXTA

衣替えは大変な作業ですが、衣替えしない収納に切り替えれば余分な手間が省けて、季節の変わり目の生活にもゆとりを持てそうですね。

収納ケース・ウォークインクローゼット・タンスなど、衣替え不要な収納はどのような収納場所でも実現できます。子ども服もすべてクローゼット収納にして、衣替えしない収納を目指していきましょう。

衣替えのコツと収納するときにおすすめの商品をご紹介

関連記事:

衣替えのコツと収納するときにおすすめの商品をご紹介

年に2回、洋服の整理も兼ねて実施する衣替え。体力と時間が必要な家事の一つ…

おすすめ記事

「しない」「衣替え」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧